1886年の相撲(1886ねんのすもう)は、1886年の相撲関係のできごとについて述べる。

興行編集

  • 1月場所(東京相撲)[1]
    • 興行場所:本所回向院
    • 1月12日より晴天10日間興行
  • 5月場所(東京相撲)[2]
    • 興行場所:本所回向院
    • 5月9日より晴天10日間興行
  • 11月場所(大阪相撲)[3]
    • 興行場所:難波新地新金毘羅神宮

誕生編集

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ 酒井, pp. 79–81.
  2. ^ 酒井, pp. 83–85.
  3. ^ 酒井, p. 85.
  4. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 16頁
  5. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 31頁
  6. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 47頁
  7. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 26頁
  8. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 14頁
  9. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 36頁
  10. ^ 京須利敏・水野尚文『令和三年版 大相撲力士名鑑』(共同通信社) 360頁

参考文献編集

  • 酒井忠正 『日本相撲史 中巻』ベースボール・マガジン社、1964年6月1日。