1933年全仏選手権 (テニス)

1933年 全仏選手権(1933ねんぜんふつせんしゅけん、Internationaux de France de Roland-Garros 1933)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

概要編集

佐藤次郎が全仏2年ぶりのベスト4に進出。次に日本人男子が全仏シングルスで準々決勝に進出するのは82年後の2015年のことである(錦織圭)。

ジャック・クロフォードが全仏初・4大大会5度目の優勝。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「90名」の選手による7回戦制で、女子シングルスは「49名」の選手による6回戦制で行われた。男子は38名、女子は15名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • シード選手は男子16名、女子8名。シード選手でも、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人がいる。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   アンリ・コシェ (準優勝)
  2.   ジャック・クロフォード (優勝)
  3.   フレッド・ペリー (ベスト8)
  4.   ダニエル・プレン (4回戦)
  5.   ジョルジオ・デ・ステファーニ (4回戦)
  6.   佐藤次郎 (ベスト4)
  7.   フランク・シールズ (4回戦)
  8.   ロデリク・メンツェル (ベスト8)
  9.   ビビアン・マグラス (2回戦=初戦)
  10.   クリスチャン・ボッサス (ベスト8)
  11.   コリン・ロビンス (4回戦)
  12.   布井良助 (3回戦)
  13.   ハロルド・リー (ベスト4)
  14.   ヘンドリク・ティマー (2回戦=初戦)
  15.   ジョージ・ヒューズ (3回戦)
  16.   バーノン・カービー (2回戦=初戦)

女子シングルス編集

  1.   ロレット・パヨー (3回戦)
  2.   ヘレン・ジェイコブス (ベスト4)
  3.   シモーヌ・マチュー (準優勝)
  4.   ヒルデ・クラーヴィンケル (2回戦)
  5.   メアリー・ヒーリー (ベスト8)
  6.   アイリーン・ベネット・ホイッティングストール (ベスト8)
  7.   ヨサンヌ・シガール (2回戦=初戦)
  8.   イダ・アダモフ (2回戦=初戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代
1933年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1933年
次代
1933年ウィンブルドン選手権
先代
1932年全仏選手権 (テニス)
全仏オープンテニス
1933年
次代
1934年全仏選手権 (テニス)