1940年の名古屋金鯱軍(1940ねんのなごやきんこぐん)では、1940年シーズンの名古屋金鯱軍の動向をまとめる。

1940年の名古屋金鯱軍
成績
日本野球連盟7位
34勝63敗7分 勝率.351[1]
本拠地
都市 愛知県愛知郡鳴海町
球場 鳴海球場
球団組織
経営母体 名古屋新聞社
監督 石本秀一
« 1939

この年の名古屋金鯱軍は、石本秀一が1年だけ監督を務めたシーズンである。相次ぐ招集により選手不足に陥っていた名古屋金鯱軍は、この年のシーズンオフに翼軍と対等合併し、翌年から大洋軍になったため、名古屋金鯱軍として最後のシーズンである。

チーム成績編集

レギュラーシーズン編集

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 76 28 0 .731 -
2位 阪神軍 64 37 3 .634 10.5
3位 阪急軍 61 38 5 .616 12.5
4位 翼軍 56 39 10 .589 15.5
5位 名古屋軍 58 41 5 .586 15.5
6位 黒鷲軍 46 54 4 .460 28.0
7位 名古屋金鯱軍 34 63 7 .351 38.5
8位 南海軍 28 71 6 .283 45.5
9位 ライオン軍 24 76 4 .240 50.0

できごと編集

選手・スタッフ編集

[2][3]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1940年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2018年9月11日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 151 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7