メインメニューを開く
『勝利のアレゴリー』ル・ナン兄弟

勝利(しょうり)は、争いごとなどに勝つこと。対義語は敗北。なお、多くのスポーツなどにおいて勝利でも敗北でもない引き分けが存在するが、このことを敗北と引き分けを合わせたものとして未勝利と呼ばれる。戦争においての勝敗は、戦争・作戦目的を達成したか否かによって判定される。

スポーツ編集

野球編集

野球において、勝利投手に記録される投手記録のこと。アメリカ大リーグの通算最多記録はサイ・ヤングの511勝、日本プロ野球の通算最多記録は金田正一の400勝。なお、ニグロリーグサチェル・ペイジの記録は少なくとも511以上とされるが、記録が不備で正確な数字はわかっていない。いずれも、投手の起用方法などの変化により現代野球では更新はきわめて困難とみられている。

アイスホッケー編集

アイスホッケーにおいて、勝利ゴールテンダーに記録されるGK記録のことで、決勝点が決まった時点での自軍ゴールテンダーに記録される。NHLの通算最多記録はマーティン ・ブロデューア英語版の691勝。

アメリカンフットボール編集

アメリカンフットボールにおいて、勝利クォーターバックに記録されるQB記録のこと。NFLの通算最多記録はトム・ブレイディの207勝(2017シーズン終了時点)。

大相撲編集

  • 大相撲における通算勝利数とは、番付についてからの本場所での勝利数を数えたもので、番付外にあったときの勝敗は算入しない。ただし、幕下付出などの場合には、番付にのっていないときでも勝利数に算入する。
  • 大相撲における幕内勝利数とは、幕内前頭小結関脇大関横綱のいずれか)の番付に在位している間における勝利数のことである。
  • 大相撲における横綱勝利数とは、横綱の番付における勝利数のことである。ちなみに、横綱は現在まで72人しか誕生していない。
  • 大相撲における大関勝利数とは、大関の番付における勝利数のことである。
  • 大相撲における関脇勝利数とは、関脇の番付における勝利数のことである。
  • 大相撲における小結勝利数とは、小結の番付における勝利数のことである。
  • 太字は2019年9月場所終了現在において現役力士である。

通算勝利数編集

2019年9月場所終了現在

幕内勝利数編集

2019年9月場所終了現在

横綱勝利数編集

2019年9月場所終了現在

大関勝利数編集

2019年9月場所終了現在

関脇勝利数編集

2019年9月場所終了現在

小結勝利数編集

2019年9月場所終了現在

囲碁編集

囲碁界における勝利数の記録には、非公式棋戦やイベント席上での対局、アマチュア相手の置き碁などは算入しない。2017年、趙治勲が史上初の1,500勝を達成した(現役)。

将棋編集

2019年6月現在(太字は現役棋士)

関連項目編集