メインメニューを開く

1954年アルゼンチングランプリ (1954 Argentine Grand Prix) は、1954年のF1世界選手権の開幕戦として、1954年1月17日アウトドローモ・17・デ・オクタブレで開催された。

アルゼンチン 1954年アルゼンチングランプリ
レース詳細
1954年F1世界選手権全9戦の第1戦
アウトドローモ・17・デ・オクタブレ (レイアウトNo.2、1953-1960)
アウトドローモ・17・デ・オクタブレ
(レイアウトNo.2、1953-1960)
日程 1954年1月17日
正式名称 II Gran Premio de la Republica Argentina
開催地 アウトドローモ・17・デ・オクタブレ
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
コース 恒久的レース施設
コース長 3.912 km (2.431 mi)
レース距離 87周 340.344 km (211.480 mi)
決勝日天候 曇のち雨(ドライ→ウエット)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:44.8
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ
タイム 1:48.2
決勝順位
優勝 マセラティ
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

目次

レース概要編集

フェラーリ625マセラティ250Fと、それぞれ前年までの発展型の新車を投入した。

この年からメルセデスへ移籍することが決まっていたファン・マヌエル・ファンジオだったが、新車の開発が遅れたため、前年に引き続きマセラティから参戦した[1]。前年度チャンピオンのアルベルト・アスカリは、フェラーリでチームメイトだったルイジ・ヴィッロレージとともにランチアへ移籍したが、メルセデスと同様に新車の開発が遅れたことで欠場を余儀なくされた[2]

ファンジオはスタートで出遅れ、フェラーリ3台(ジュゼッペ・ファリーナホセ・フロイラン・ゴンザレスマイク・ホーソーン)の先行を許す。しかし、雨が降るとともにファンジオがトップに浮上する。雨が止むと再びフェラーリ勢がファンジオを抜き返すが、ここで大雨となりファンジオがトップに返り咲いた。61周目にファンジオがタイヤ交換を行う際、規定以上のクルーが作業に加わった。これに抗議したフェラーリはファンジオが失格になると確信し、各車にスローダウンの指示を出した。これによりファンジオは悠々とトップを独走しフィニッシュ。フェラーリの抗議は却下され、ファンジオは母国グランプリ初勝利を飾ることになった[2]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
2   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
4   オノフレ・マリモン
6   ルイジ・ムッソ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6
8   プリンス・ビラ
10   ジュゼッペ・ファリーナ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 P
12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス
14   マイク・ホーソーン
16   ウンベルト・マグリオーリ
18   ジャン・ベーラ   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 23 2.5L L6 E
20   エリー・バイヨル
22   ロジェ・ロワイエ
24   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ フェラーリ 500/625 フェラーリ Tipo625 2.5L L4 D
26   モーリス・トランティニアン 625 P
28   ハリー・シェル   ハリー・シェル マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
30   エマヌエル・ド・グラッフェンリード   バロン・デ・グラッフェンリート マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
32   ロベルト・ミエレス   ロベルト・ミエレス マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
34   ホルヘ・ダポンテ   ホルヘ・ダポンテ マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
36   カルロス・メンディテギー   カルロス・メンディテギー マセラティ A6GCM マセラティ A6 2.0L L6 P
ソース:[3]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 10   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 1:44.8
2 12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 1:44.9 + 0.1
3 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 1:45.6 + 0.8
4 14   マイク・ホーソーン フェラーリ 1:47.0 + 2.2
5 26   モーリス・トランティニアン フェラーリ 1:47.4 + 2.6
6 4   オノフレ・マリモン マセラティ 1:47.4 + 2.6
7 6   ルイジ・ムッソ マセラティ 1:48.2 + 3.4
8 32   ロベルト・ミエレス マセラティ 1:49.0 + 4.2
9 36   カルロス・メンディテギー マセラティ 1:49.2 + 4.4
10 8   プリンス・ビラ マセラティ 1:49.3 + 4.5
11 28   ハリー・シェル マセラティ 1:50.0 + 5.2
12 16   ウンベルト・マグリオーリ フェラーリ 1:50.2 + 5.4
13 30   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 1:50.7 + 5.9
14 24   ルイ・ロジェ フェラーリ 1:51.1 + 6.3
15 20   エリー・バイヨル ゴルディーニ 1:51.6 + 6.8
16 22   ロジェ・ロワイエ ゴルディーニ 1:52.6 + 7.8
17 18   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 1:53.0 + 8.2
18 34   ホルヘ・ダポンテ マセラティ 1:56.7 + 11.9
ソース:[4]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 2   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 87 3:00:55.8 3 8
2 10   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 87 +1:19.0 1 6
3 12   ホセ・フロイラン・ゴンザレス フェラーリ 87 +2:01.0 2 5
4 26   モーリス・トランティニアン フェラーリ 86 +1 lap 5 3
5 20   エリー・バイヨル ゴルディーニ 85 +2 laps 15 2
6 28   ハリー・シェル マセラティ 84 +3 laps 11
7 8   プリンス・ビラ マセラティ 83 +4 laps 10
8 30   エマヌエル・ド・グラッフェンリード マセラティ 83 +4 laps 13
9 16   ウンベルト・マグリオーリ フェラーリ 82 +5 laps 12
失格 18   ジャン・ベーラ ゴルディーニ 61 押しがけ 17
失格 14   マイク・ホーソーン フェラーリ 52 押しがけ 4
Ret 4   オノフレ・マリモン マセラティ 48 エンジン 6
Ret 32   ロベルト・ミエレス マセラティ 37 オイル漏れ 8
Ret 22   ロジェ・ロワイエ ゴルディーニ 19 油圧 16
Ret 34   ホルヘ・ダポンテ マセラティ 19 ギアボックス 18
Ret 24   ルイ・ロジェ フェラーリ 1 アクシデント 14
DNS 6   ルイジ・ムッソ マセラティ - エンジン 7
DNS 36   カルロス・メンディテギー マセラティ - エンジン 9
ソース:[5]

注記編集

第1戦終了時点でのランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
1   ファン・マヌエル・ファンジオ 8
2   ジュゼッペ・ファリーナ 6
3   ホセ・フロイラン・ゴンザレス 5
4   モーリス・トランティニアン 3
5   エリー・バイヨル 2
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 2000, p. 95-97)
  2. ^ a b (林信次 2000, p. 97)
  3. ^ Argentina 1954 - Race entrants”. statsf1.com. 2017年8月14日閲覧。
  4. ^ Argentina 1954 - Qualifications”. statsf1.com. 2016年5月5日閲覧。
  5. ^ 1954 Argentine Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1950-1955』ニューズ出版、2000年。ISBN 4-89107-019-6

外部リンク編集