1956年のインディ500

1956年のインディ500
前年: 1955 翌年: 1957

1956年のインディ500は、1956年5月30日に開催された。1956年のF1世界選手権に第3戦として組み込まれて開催された。

アメリカ合衆国の旗 1956年のインディ500
レース詳細
Indianapolis Motor Speedway - Speedway.svg
日程 1956年のF1世界選手権
決勝開催日 5月30日
開催地 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
インディアナ州スピードウェイ
ポールポジション
ファステストラップ
ドライバー アメリカ合衆国の旗 パット・フラハティ
決勝順位
優勝 アメリカ合衆国の旗 パット・フラハティ
2位 アメリカ合衆国の旗 サム・ハンクス
3位 アメリカ合衆国の旗 ドン・フリーランド

アメリカ自動車協会が1955年8月にレース統括から撤退したため、1956年のインディ500は初のアメリカ合衆国自動車クラブ統括レースとなった。また、コースはメインストレッチの約600ヤードがレンガ舗装のまま残された以外はアスファルト舗装に改められた。

1956年のレースは、インディ500の歴史上「ケーグルの奇跡 (Cagle's Miracle)」として伝説になっている。降り続いた豪雨によりコースは水浸しになり、アクセストンネルも水没した他、フィールドは泥沼と化していたため、レースは延期あるいは中止になる恐れがあった。これに対し、コース管理者であったクラレンス・ケーグルは職員総出で48時間ぶっ続けの復旧作業にあたり、何十万ガロンもの水をトンネルおよびフィールドから汲み出した。一部の職員は徹夜で作業して復旧作業をレース当日朝の朝に間に合わせた[1]

レースを制したのはパット・フラハティで、彼はTシャツ姿でインディ500に勝った最後のドライバーとなった。以降の優勝ドライバーは、難燃性のドライバースーツを着用している[2]

決勝編集

順位 グリッド No ドライバー コンストラクター 予選速度 予選順位 周回 ラップリード タイム/リタイア理由 ポイント
1 1 8   パット・フラハティ ワトソン-オッフェンハウザー 145.59 1 200 127 3:53:28.84 8
2 13 4   サム・ハンクス カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.05 21 200 0 +0:20.45 6
3 26 16   ドン・フリーランド フィリップス-オッフェンハウザー 141.69 22 200 4 +1:30.23 4
4 6 98   ジョニー・パーソンズ (W) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 144.14 7 200 16 +3:25.69 3
5 4 73   ディック・ラスマン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 144.47 6 200 0 +4:21.81 2
6 10 1   ボブ・シュワイカート(W) クズマ-オッフェンハウザー 143.03 12 200 0 +5:35.05
7 23 14   ボブ・ヴェイス (R) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.53 16 200 0 +6:25.63
8 15 19   ロジャー・ワード カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 141.17 27 200 0 +6:32.31
9 21 26   ジミー・リース レソヴスキー-オッフェンハウザー 142.88 14 200 0 +6:38.31
10 30 27   クリフ・グリフィス スティーヴンス-オッフェンハウザー 141.47 24 199 0 +1 Lap
11 22 82   ジーン・ハートレイ クズマ-オッフェンハウザー 142.84 15 196 0 +4 Laps
12 7 42   フレッド・アガバシアン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 144.06 8 196 0 +4 Laps
13 25 57   ボブ・クリスティ(R) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.23 20 196 0 +4 Laps
14 28 55   アル・ケラー カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 141.19 26 195 0 +5 Laps
15 32 81   エディー・ジョンソン クズマ-オッフェンハウザー 139.09 32 195 0 +5 Laps
16 29 41   ビリー・ギャレット(R) クズマ-オッフェンハウザー 140.55 30 194 0 +6 laps
17 33 64   デューク・ディンスモア カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 138.53 33 191 0 +9 laps
18 3 7   パット・オコナー カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 144.98 4 187 39 +13 Laps
19 19 2   ジミー・ブライアン クズマ-オッフェンハウザー 143.74 9 185 0 +15 Laps
20 2 24   ジム・ラスマン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 145.12 3 175 0 エンジン
21 31 34   ジョニー・トラン(R) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 140.06 31 173 0 エンジン
22 5 99   トニー・ベッテンハウゼン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 144.6 5 160 0 事故
23 14 10   エド・エリシアン
(37周でエディ・ルッソと交代)
カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 141.38 25 160 0 ブレーキ
24 16 48   ジミー・デイウォルト カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 140.97 28 134 0 事故
25 24 54   ジャック・ターナー (R) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.39 18 131 0 エンジン
26 20 89   キース・アンドリュース カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.97 13 94 0 トランスミッション
27 9 5   アンディ・リンデン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 143.05 11 90 0 オイル漏れ
28 27 12   アル・ハーマン カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 141.61 23 74 0 事故
29 17 49   レイ・クロフォード カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 140.88 29 49 0 事故
30 12 15   ジョニー・ボイド カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.33 19 35 0 オイル漏れ
31 11 53   トロイ・ラットマン (W) カーティス・クラフト-オッフェンハウザー 142.48 17 22 3 スピン
32 18 88   ジョニー・トムソン クズマ-オッフェンハウザー 145.54 2 22 0 スピン
33 8 29   ポール・ルッソ' カーティスクラフト-ノヴィ 143.54 10 21 11 事故 11

第3戦終了時点でのランキング編集