1963年全仏選手権 (テニス)

1963年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1963)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「102名」の選手による7回戦制で行われた。シード選手は16名で、8名のシード選手を含む26名に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。2回戦から登場したシード選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。
  • 女子シングルスは「79名」の選手による7回戦制で行われた。15名の選手を絞り落とすため、1回戦として15試合を実施し、他の49名は2回戦から登場した。シード選手は16名であったが、第6シード・第11シード・第12シードの3名は1回戦から出場した。他のシード選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   ロイ・エマーソン (初優勝)
  2.   マニュエル・サンタナ (ベスト4)
  3.   ピエール・ダーモン (準優勝)
  4.   ケン・フレッチャー (ベスト8)
  5.   ヤン=エリック・ルンドクイスト (2回戦=初戦)
  6.   ボブ・ヒューイット (4回戦)
  7.   ラマナサン・クリシュナン (2回戦=初戦)
  8.   ビリー・ナイト (4回戦)
  9.   ニコラ・ピエトランジェリ (ベスト8)
  10.   マーティン・マリガン (3回戦)
  11.   トニー・ローチ (1回戦)
  12.   フレッド・ストール (2回戦)
  13.   ウィルヘルム・ブンゲルト (2回戦)
  14.   ニコラ・ピリッチ (3回戦)
  15.   イシュトヴァン・グヤーシュ (3回戦)
  16.   クリスティアン・クーンケ (4回戦)

女子シングルス編集

  1.   マーガレット・スミス (ベスト8)
  2.   レスリー・ターナー (初優勝)
  3.   ダーリーン・ハード (2回戦=初戦)
  4.   ジャン・レヘイン (ベスト8)
  5.   アン・ヘイドン=ジョーンズ (準優勝)
  6.   ヘザー・セガル (4回戦)
  7.   レネ・シュールマン (3回戦)
  8.   ベラ・スコバ (ベスト4)
  9.   フランソワーズ・デュール (4回戦)
  10.   ジル・ブラックマン (ベスト8)
  11.   クリスティン・トルーマン (ベスト4)
  12.   メアリー・ハビクト (4回戦)
  13.   エリザベス・スターキー (3回戦)
  14.   ロビン・エバーン (ベスト8)
  15.   リタ・ベントリー (3回戦)
  16.   シルバナ・ラザリーノ (2回戦=初戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1963年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1963年
次代:
1963年ウィンブルドン選手権
先代:
1962年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1963年
次代:
1964年全仏選手権 (テニス)