1965年全仏選手権 (テニス)

1965年 全仏選手権(Internationaux de France de Roland-Garros 1965)に関する記事。フランスパリにある「スタッド・ローラン・ギャロス」にて開催。

大会の流れ編集

  • 男子シングルスは「120名」の選手による7回戦制、女子シングルスは「91名」の選手による7回戦制で行われた。シード選手は男子・女子ともに16名。男子は第1・第2シードを含む8名の選手、女子は37名の選手に「1回戦不戦勝」(抽選表では“Bye”と表示)があった。
  • 女子のシード選手は、1回戦から出場した人と、2回戦から登場した人のばらつきがあった。2回戦から登場した選手が初戦敗退の場合は「2回戦=初戦」と表記する。

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   マニュエル・サンタナ (2回戦=初戦)
  2.   ロイ・エマーソン (ベスト4)
  3.   ニコラ・ピエトランジェリ (4回戦)
  4.   フレッド・ストール (初優勝)
  5.   ピエール・ダーモン (4回戦)
  6.   マーティン・マリガン (3回戦)
  7.   ニール・フレーザー (2回戦)
  8.   クリフ・ドリスデール (ベスト4)
  9.   ラマナサン・クリシュナン (4回戦)
  10.   キース・ディープラム (2回戦)
  11.   フランク・フローリング (2回戦)
  12.   ジョン・ニューカム (ベスト8)
  13.   イシュトヴァン・グヤーシュ (2回戦)
  14.   トニー・ローチ (準優勝)
  15.   ヤイディプ・ムカジー (4回戦)
  16.   マイケル・サングスター (2回戦)

女子シングルス編集

  1.   マーガレット・スミス (準優勝)
  2.   マリア・ブエノ (ベスト4)
  3.   レスリー・ターナー (優勝、2年ぶり2度目)
  4.   ナンシー・リッチー (ベスト4)
  5.   フランソワーズ・デュール (ベスト8)
  6.   アン・ヘイドン=ジョーンズ (ベスト8、不戦敗)
  7.   アネッテ・バン・ジル (ベスト8)
  8.   ヘルガ・シュルツェ (4回戦)
  9.   ノルマ・ベイロン (ベスト8)
  10.   フェイ・トイン (4回戦)
  11.  (試合開始前に棄権?)
  12.   マドンナ・シャクト (2回戦)
  13.   エリザベス・スターキー (4回戦)
  14.   ジャクリーヌ・リーズ=ルイス (3回戦)
  15.   ゲイル・シェリフ (4回戦)
  16.   トーリー・フレッツ (2回戦=初戦)

大会経過編集

男子シングルス編集

準々決勝

準決勝

女子シングルス編集

準々決勝

準決勝

決勝戦の結果編集

外部リンク編集

  • 全仏オープン公式サイト提供、PDF形式の抽選表(男子女子
先代:
1965年オーストラリア選手権 (テニス)
テニス4大大会
1965年
次代:
1965年ウィンブルドン選手権
先代:
1964年全仏選手権 (テニス)
全仏オープン
1965年
次代:
1966年全仏選手権 (テニス)