メインメニューを開く

1989年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1989)は、イギリスロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、1989年6月26日から7月9日にかけて開催された。

目次

シード選手編集

男子シングルス編集

  1.   イワン・レンドル (ベスト4)
  2.   ステファン・エドベリ (準優勝)
  3.   ボリス・ベッカー (優勝、3年ぶり3度目)
  4.   マッツ・ビランデル (ベスト8)
  5.   ジョン・マッケンロー (ベスト4)
  6.   ヤコブ・ラセク (1回戦)
  7.   ミロスラフ・メチージュ (3回戦)
  8.   ティム・メイヨット (ベスト8)
  9.   マイケル・チャン (4回戦)
  10.   ジミー・コナーズ (2回戦)
  11.   ブラッド・ギルバート (1回戦)
  12.   ケビン・カレン (3回戦)
  13.   アーロン・クリックステイン (4回戦)
  14.   アンドレイ・チェスノコフ (1回戦)
  15.   ミカエル・ペルンフォルス (2回戦)
  16.   アモス・マンスドルフ (4回戦)

女子シングルス編集

  1.   シュテフィ・グラフ (優勝、大会2連覇)
  2.   マルチナ・ナブラチロワ (準優勝)
  3.   ガブリエラ・サバティーニ (2回戦)
  4.   クリス・エバート (ベスト4)
  5.   ジーナ・ガリソン (2回戦)
  6.   ヘレナ・スコバ (4回戦)
  7.   アランチャ・サンチェス (ベスト8)
  8.   パム・シュライバー (3回戦)
  9.   ナタリア・ズベレワ (3回戦)
  10.   ヤナ・ノボトナ (4回戦)
  11.   モニカ・セレシュ (4回戦)
  12.   メアリー・ジョー・フェルナンデス (4回戦)
  13.   ヘレン・ケレシ (1回戦)
  14.   ハナ・マンドリコワ (4回戦)
  15.   ロリ・マクニール (4回戦)
  16.   スーザン・スローン (2回戦)

大会経過編集

決勝戦の結果編集

みどころ編集

  • ウィンブルドンで過去3度優勝経験のあるクリス・エバートが、この大会を最後のウィンブルドン出場にすると発表。エバートは1972年から18年連続でウィンブルドンに出場し、3回戦敗退に終わった1983年以外はすべてベスト4以上に勝ち上がってきた。優勝は1974年1976年1981年の3度ある。最後の試合では、準決勝で第1シードのシュテフィ・グラフに 2-6, 1-6 で敗れた。
  • 男子シングルス優勝者のボリス・ベッカーが、ウィンブルドンで3年ぶり3度目の優勝を達成。女子シングルスに2連覇したシュテフィ・グラフと合わせて“西ドイツ・アベック優勝”と呼ばれた。

外部リンク編集