1991年バレーボール・ワールドリーグ

1991年バレーボール・ワールドリーグ英語: FIVB World League 1991)は、1991年5月17日から7月27日にかけて開催された、国際バレーボール連盟主催の第2回バレーボール・ワールドリーグ。出場国は10カ国。決勝ラウンドはイタリアミラノで行われた。イタリアが2大会連続2回目の優勝を飾った。

出場国編集

インターコンチネンタル・ラウンド編集

Pool A編集

順位 チーム 勝点 試合数 得セット 失セット セット率
1   キューバ 31 16 15 1 46 13 3.538
2   オランダ 28 16 12 4 39 20 1.950
3   ブラジル 24 16 8 8 32 32 1.000
4   フランス 19 16 3 13 18 42 0.429
5   カナダ 18 16 2 14 17 45 0.378

Pool B編集

順位 チーム 勝点 試合数 得セット 失セット セット率
1   イタリア 30 16 14 2 46 14 3.286
2   ソビエト連邦 27 16 11 5 41 24 1.708
3   アメリカ合衆国 22 16 6 10 24 38 0.632
4   日本 21 16 5 11 22 38 0.579
5   韓国 20 16 4 12 19 38 0.500

決勝ラウンド編集

準決勝・決勝編集

準決勝 決勝
           
7月26日ミラノ    
   イタリア 3
   オランダ 2  
  7月27日ミラノ
   イタリア 3
     キューバ 0
 
3位決定戦
7月26日ミラノ 7月27日ミラノ
   キューバ 3    オランダ 1
   ソビエト連邦 2      ソビエト連邦 3
準決勝
試合日 チーム セット 1 2 3 4 5 総得点
7月26日   イタリア×  オランダ 3 - 2 12-15 10-15 16-14 15-5 15-7 68-56
7月26日   キューバ×  ソビエト連邦 3 - 2 15-8 10-15 15-11 12-15 15-12 67-61
3位決定戦
試合日 チーム セット 1 2 3 4 5 総得点
7月27日   オランダ×  ソビエト連邦 1 - 3 12-15 15-10 13-15 8-15   48-55
決勝
試合日 チーム セット 1 2 3 4 5 総得点
7月27日   イタリア×  キューバ 3 - 0 16-14 15-12 15-13     46-39

最終結果編集

 1991年ワールドリーグ優勝国 
 
イタリア
2大会連続2回目
順位
1   イタリア
2   キューバ
3   ソビエト連邦
4   オランダ
5   ブラジル
6   アメリカ合衆国
7   日本
8   フランス
9   韓国
10   カナダ

個人賞編集

選手 所属国
最優秀選手賞 アンドレア・ゾルジ   イタリア
ベストスパイカー賞 ロン・ズベルフェル   オランダ
ベストブロッカー賞 Martin van der Horst   オランダ
ベストセッター賞 Shin Jung-Chul   韓国
ベストサーバー賞 ロン・ズベルフェル   オランダ
ベストレシーバー賞 スコット・フォーチュン   アメリカ合衆国
ベストディガー賞 スコット・フォーチュン   アメリカ合衆国

外部リンク編集