1992年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

メジャーリーグベースボールの第24回アメリカンリーグ優勝決定シリーズ

1992年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)ポストシーズンは10月6日に開幕した。アメリカンリーグの第24回リーグチャンピオンシップシリーズ(24th American League Championship Series、以下「リーグ優勝決定戦」と表記)は、翌7日から14日にかけて計6試合が開催された。その結果、トロント・ブルージェイズ東地区)がオークランド・アスレチックス西地区)を4勝2敗で下し、球団創設16年目で初のリーグ優勝およびワールドシリーズ進出を果たした。

1992年アメリカンリーグ
チャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
トロント・ブルージェイズ 4
オークランド・アスレチックス 2
シリーズ情報
試合日程 10月7日–14日
観客動員 6試合合計:29万3086人
1試合平均:04万8848人
MVP ロベルト・アロマー(TOR)
殿堂表彰者 パット・ギリック(TOR GM)
ロベルト・アロマー(TOR内野手)
ジャック・モリス(TOR投手)
デーブ・ウィンフィールド(TOR指名打者)
トニー・ラルーサ(OAK監督)
ハロルド・ベインズ(OAK指名打者)
デニス・エカーズリー(OAK投手)
リッキー・ヘンダーソン(OAK外野手)
チーム情報
トロント・ブルージェイズ(TOR)
シリーズ出場 2年連続04回目
GM パット・ギリック
監督 シト・ガストン
シーズン成績 96勝66敗・勝率.593
東地区優勝

オークランド・アスレチックス(OAK)
シリーズ出場 2年ぶり10回目
GM サンディ・アルダーソン
監督 トニー・ラルーサ
シーズン成績 96勝66敗・勝率.593
西地区優勝

 < 1991
ALCS
1992

1993 > 

 < 1991
NLCS
1992

1993 > 
ワールドシリーズ

両球団がリーグ優勝決定戦で対戦するのは、1989年以来3年ぶり2度目。この年のレギュラーシーズンでは両球団は12試合対戦し、6勝6敗の五分だった[1]。当時の全26球団中カナダに本拠地を置く球団はふたつあったが、1969年創設のモントリオール・エクスポズナショナルリーグ)も1977年創設のブルージェイズも、ともにリーグ優勝を経験したことがなかった。今シリーズをブルージェイズが制したことで、カナダ球団によるリーグ優勝が創設から24年目で初めて達成された[2]シリーズMVPには、第4戦で9回表の同点2点本塁打を含む4安打を放つなど、6試合で打率.423・2本塁打・4打点OPS 1.157という成績を残したブルージェイズのロベルト・アロマーが選出された。このあとブルージェイズは、ワールドシリーズでもナショナルリーグ王者アトランタ・ブレーブスを4勝2敗で下して初優勝を成し遂げた。

試合結果編集

1992年のアメリカンリーグ優勝決定戦は10月7日に開幕し、途中に移動日を挟んで8日間で6試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月07日(水) 第1戦 オークランド・アスレチックス 4-3 トロント・ブルージェイズ スカイドーム
10月08日(木) 第2戦 オークランド・アスレチックス 1-3 トロント・ブルージェイズ
10月09日(金) 移動日
10月10日(土) 第3戦 トロント・ブルージェイズ 7-5 オークランド・アスレチックス オークランド・アラメダ・
カウンティ・コロシアム
10月11日(日) 第4戦 トロント・ブルージェイズ 7-6 オークランド・アスレチックス
10月12日(月) 第5戦 トロント・ブルージェイズ 2-6 オークランド・アスレチックス
10月13日(火) 移動日
10月14日(水) 第6戦 オークランド・アスレチックス 2-9 トロント・ブルージェイズ スカイドーム
優勝:トロント・ブルージェイズ(4勝2敗 / 球団創設16年目で初)

第1戦 10月7日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  6回裏、デーブ・ウィンフィールドのソロ本塁打でブルージェイズが1点差に迫る(54秒)
  アスレチックスのハロルド・ベインズが、ブルージェイズ先発投手ジャック・モリスから3安打。9回表には勝ち越しのソロ本塁打を放つ(1分27秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 3 0 0 0 0 0 0 1 4 6 1
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 0 1 1 0 1 0 3 9 0
  1. ジェフ・ラッセル(1勝)  ジャック・モリス(1敗)  Sデニス・エカーズリー(1S)  
  2. 本塁打
    OAK:マーク・マグワイア1号2ラン、テリー・スタインバック1号ソロ、ハロルド・ベインズ1号ソロ
    TOR:パット・ボーダーズ1号ソロ、デーブ・ウィンフィールド1号ソロ
  3. 審判
    [球審]ドン・デンキンガー
    [塁審]一塁: ラリー・ヤング、二塁: アル・クラーク、三塁: ダーウッド・メリル
    [外審]左翼: ジョー・ブリンクマン、右翼: ドリュー・コーブル
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時26分 試合時間: 2時間47分 観客: 5万1039人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 D・ホワイト
2 C・ランスフォード 2 R・アロマー
3 R・シエラ 3 J・カーター
4 DH H・ベインズ 4 DH D・ウィンフィールド
5 M・マグワイア 5 J・オルルド
6 T・スタインバック 6 C・マルドナード
7 W・ウィルソン 7 K・グルーバー
8 M・ボーディック 8 P・ボーダーズ
9 L・ブランケンシップ 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・スチュワート J・モリス

第2戦 10月8日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 0 2 0 1 0 X 3 4 0
  1. デビッド・コーン(1勝)  マイク・ムーア(1敗)  Sトム・ヘンキー(1S)  
  2. 本塁打
    TOR:ケリー・グルーバー1号2ラン
  3. 審判
    [球審]ラリー・ヤング
    [塁審]一塁: アル・クラーク、二塁: ダーウッド・メリル、三塁: ジョー・ブリンクマン
    [外審]左翼: ドリュー・コーブル、右翼: ドン・デンキンガー
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後8時39分 試合時間: 2時間58分 観客: 5万1114人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 D・ホワイト
2 C・ランスフォード 2 R・アロマー
3 R・シエラ 3 J・カーター
4 DH H・ベインズ 4 DH D・ウィンフィールド
5 M・マグワイア 5 J・オルルド
6 T・スタインバック 6 C・マルドナード
7 W・ウィルソン 7 K・グルーバー
8 M・ボーディック 8 P・ボーダーズ
9 W・ワイス 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ムーア D・コーン

第3戦 10月10日編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 1 0 1 1 0 2 1 1 7 9 1
オークランド・アスレチックス 0 0 0 2 0 0 2 1 0 5 13 3
  1. フアン・グーズマン(1勝)  ロン・ダーリング(1敗)  Sトム・ヘンキー(2S)  
  2. 本塁打
    TOR:ロベルト・アロマー1号ソロ、キャンディ・マルドナード1号ソロ
  3. 審判
    [球審]アル・クラーク
    [塁審]一塁: ダーウッド・メリル、二塁: ジョー・ブリンクマン、三塁: ドリュー・コーブル
    [外審]左翼: ドン・デンキンガー、右翼: ラリー・ヤング
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後0時00分 試合時間: 3時間40分 観客: 4万6911人 気温: 90°F(32.2°C)
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 R・ヘンダーソン
2 R・アロマー 2 C・ランスフォード
3 J・カーター 3 R・シエラ
4 DH D・ウィンフィールド 4 DH H・ベインズ
5 J・オルルド 5 M・マグワイア
6 C・マルドナード 6 T・スタインバック
7 K・グルーバー 7 W・ウィルソン
8 P・ボーダーズ 8 M・ボーディック
9 M・リー 9 W・ワイス
先発投手 投球 先発投手 投球
J・グーズマン R・ダーリング

第4戦 10月11日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  9回表、ロベルト・アロマーがデニス・エカーズリーから2点本塁打を放ち、ブルージェイズが同点に(45秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 1 0 0 0 0 0 3 2 0 1 7 17 4
オークランド・アスレチックス 0 0 5 0 0 1 0 0 0 0 0 6 12 2
  1. デュアン・ウォード(1勝)  ケリー・ダウンズ(1敗)  Sトム・ヘンキー(3S)  
  2. 本塁打
    TOR:ジョン・オルルド1号ソロ、ロベルト・アロマー2号2ラン
  3. 審判
    [球審]ダーウッド・メリル
    [塁審]一塁: ジョー・ブリンクマン、二塁: ドリュー・コーブル、三塁: ドン・デンキンガー
    [外審]左翼: ラリー・ヤング、右翼: アル・クラーク
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後1時13分 試合時間: 4時間25分 観客: 4万7732人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 R・ヘンダーソン
2 R・アロマー 2 J・ブラウン
3 J・カーター 3 R・シエラ
4 DH D・ウィンフィールド 4 DH H・ベインズ
5 J・オルルド 5 M・マグワイア
6 C・マルドナード 6 T・スタインバック
7 K・グルーバー 7 C・ランスフォード
8 P・ボーダーズ 8 M・ボーディック
9 M・リー 9 L・ブランケンシップ
先発投手 投球 先発投手 投球
J・モリス B・ウェルチ

第5戦 10月12日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  初回裏、ルーベン・シエラの2点本塁打でアスレチックスが先制(58秒)
  4回表、先頭打者デーブ・ウィンフィールドのソロ本塁打でブルージェイズが2点差に迫る(43秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
トロント・ブルージェイズ 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 7 3
オークランド・アスレチックス 2 0 1 0 3 0 0 0 X 6 8 0
  1. デーブ・スチュワート(1勝)  デビッド・コーン(1勝1敗)  
  2. 本塁打
    TOR:デーブ・ウィンフィールド2号ソロ
    OAK:ルーベン・シエラ1号2ラン
  3. 審判
    [球審]ジョー・ブリンクマン
    [塁審]一塁: ドリュー・コーブル、二塁: ドン・デンキンガー、三塁: ラリー・ヤング
    [外審]左翼: アル・クラーク、右翼: ダーウッド・メリル
  4. 試合開始時刻: 太平洋夏時間UTC-7)午後0時8分 試合時間: 2時間51分 観客: 4万4955人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
トロント・ブルージェイズ オークランド・アスレチックス
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 D・ホワイト 1 R・ヘンダーソン
2 R・アロマー 2 J・ブラウン
3 J・カーター 3 R・シエラ
4 DH D・ウィンフィールド 4 DH H・ベインズ
5 J・オルルド 5 M・マグワイア
6 C・マルドナード 6 T・スタインバック
7 K・グルーバー 7 W・ウィルソン
8 P・ボーダーズ 8 M・ボーディック
9 M・リー 9 L・ブランケンシップ
先発投手 投球 先発投手 投球
D・コーン D・スチュワート

第6戦 10月14日編集

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
  9回表、トム・ヘンキーがルーベン・シエラを左飛に打ち取り試合終了、ブルージェイズのリーグ優勝が決定(2分2秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オークランド・アスレチックス 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 7 1
トロント・ブルージェイズ 2 0 4 0 1 0 0 2 X 9 13 0
  1. フアン・グーズマン(2勝)  マイク・ムーア(2敗)  
  2. 本塁打
    TOR:ジョー・カーター1号2ラン、キャンディ・マルドナード2号3ラン
  3. 審判
    [球審]ドリュー・コーブル
    [塁審]一塁: ドン・デンキンガー、二塁: ラリー・ヤング、三塁: アル・クラーク
    [外審]左翼: ダーウッド・メリル、右翼: ジョー・ブリンクマン
  4. 試合開始時刻: 東部夏時間UTC-4)午後3時8分 試合時間: 3時間15分 観客: 5万1335人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
オークランド・アスレチックス トロント・ブルージェイズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 R・ヘンダーソン 1 D・ホワイト
2 J・ブラウン 2 R・アロマー
3 R・シエラ 3 J・カーター
4 DH H・ベインズ 4 DH D・ウィンフィールド
5 M・マグワイア 5 J・オルルド
6 T・スタインバック 6 C・マルドナード
7 W・ウィルソン 7 K・グルーバー
8 M・ボーディック 8 P・ボーダーズ
9 L・ブランケンシップ 9 M・リー
先発投手 投球 先発投手 投球
M・ムーア J・グーズマン

脚注編集

  1. ^ "1992 Toronto Blue Jays Schedule," Baseball-Reference.com. 2021年4月17日閲覧。
  2. ^ Claire Smith, "THE PLAYOFFS; Oh, Canada! First Pennant For Toronto," The New York Times, October 15, 1992. 2021年4月17日閲覧。

外部リンク編集