2013年ドイツグランプリ

2013年ドイツグランプリは、2013年のF1世界選手権第9戦として、2013年7月7日ニュルブルクリンクで開催された。

ドイツの旗 2013年ドイツグランプリグランプリ
レース詳細
Circuit Nürburgring.png
日程 2013年シーズン第9戦
決勝開催日 7月7日
開催地 ニュルブルクリンク
ドイツ ニュルブルク
コース長 5.148km
レース距離 60周(308.863km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:29.398
ファステストラップ
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
タイム 1:33.468(Lap 51)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

決勝編集

レース序盤の8周目、7周を終えて1回目のピットストップに入ったマーク・ウェバーレッドブル)が、ピットストップで右リヤタイヤが完全にはまりきっていない状態にもかかわらず、作業ミスでマシンを発進させてしまった。この時、レッドブルの右リヤタイヤを担当するクルーは、タイヤの装着に手間取っていたが、フロントジャッキマンがジャッキを降ろすと同時にウェバーがピットを離れるかたちとなった[1][2]

ウェバーのマシンは、発進後すぐに右リヤタイヤが脱落して3輪状態になると、さらに外れたタイヤが発進時の勢いを保ったままピットレーンを転がっていき、メルセデスのピット前にいたFOMのカメラクルー、ポール・アレンに左手側から直撃した[1][2]

アレンは意識があったものの、すぐにサーキットの医療センターに運ばれ、その後ヘリコプターで近くの病院に搬送された。この事故で肋骨2本と鎖骨骨折し、打撲に加えて脳震盪も起こしていた[2]が、命に別状は無かった。

レッドブルはこの件に関して、危険なリリースを犯したとして3万ユーロの罰金ペナルティを受けている[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ピットで事故。脱輪のタイヤがカメラクルーに直撃 オートスポーツweb・2013年7月7日・2020年1月8日閲覧
  2. ^ a b c d タイヤ直撃のクルー、命に別条なしも複数の骨折 オートスポーツweb・2013年7月8日・2020年1月8日閲覧

外部リンク編集

前戦
2013年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
2013年シーズン
次戦
2013年ハンガリーグランプリ
前回開催
2012年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
2014年ドイツグランプリ