メインメニューを開く

ドイツグランプリ(ドイツGP, : German Grand Prix, : Grosser Preis von Deutschland)は、ドイツ1926年以降断続的に行われている自動車レース1951年以降[注釈 2]F1世界選手権の1戦となっている。

Flag of Germany.svg German Grand Prix
ホッケンハイムリンク
Hockenheim2012.svg
レース情報
周回 67
コース長 4.574[1] km (2.842 mi)
レース長 306.442 km (190.414 mi)
開催回数 78
初回 1926年
最終開催 2019年
最多勝利
(ドライバー)
ドイツの旗[注釈 1] ルドルフ・カラツィオラ (6)
最多勝利
(コンストラクター)
イタリアの旗 フェラーリ (22)
最新開催(2019年):
ポールポジション イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
メルセデス
1:11.767
決勝順位 1. オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ
1:44:31.275
2. ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル
フェラーリ
+7.333s
3. ロシアの旗 ダニール・クビアト
トロ・ロッソ-ホンダ
+8.305s
ファステストラップ オランダの旗 マックス・フェルスタッペン
レッドブル-ホンダ
1:16.645

東西ドイツ統合以前に開催されたレースについては西ドイツグランプリと呼ばれることもある。また、ドイツ国内で行われたドイツグランプリ以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。

概要編集

1926年にアヴスで初開催。1920年にオープンしたサーキットで、左ヘアピンカーブと、緩い右カーブの直後に設置された43度左バンクカーブを、それぞれ4km近いストレートで結んだだけという超高速レイアウトである。全長も8.300kmと非常に長く、ヨーロッパには珍しい左回りのサーキットである。

1927年からは新設されたニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)に舞台を移し、アヴスで開催された1959年と、ホッケンハイムで開催された1970年以外は全てニュルブルクリンクで開催されていた。「グリーン・ヘル」と呼ばれる山間部の難コースでは幾多の名レースが生まれたが、1976年ニキ・ラウダが瀕死の怪我を負う大クラッシュを起こしたため、翌1977年よりホッケンハイムにて開催されるようになった。1985年には前年ヨーロッパグランプリで使用されたニュルブリクリンクGPコースにて開催されたが、これ以降2006年まで毎年ホッケンハイムで開催された。

このホッケンハイムは超高速サーキットとしてF1を開催するようになったが、抜きどころがなくあまりにも退屈なレイアウトでありスピードが出すぎるため、1982年に3個のシケインが設置された。それでも依然として高速サーキットとしての特色は失われず、1990年頃にはドイツグランプリの直前に開催されるフランスポール・リカール)、イギリスシルバーストーン)と高速サーキットのレースが続く夏場のラウンドを形成した。フジテレビでF1中継の実況担当であった古舘伊知郎はこれらを「夏の高速サーキット3連戦」と呼んでいた。

しかしこのホッケンハイムも1990年代後半に入ると、速度抑制と安全性確保の観点からシケインが増設・改修され始め、高速サーキットとしての特色は徐々に失われ始めた。そして2002年からは、セパン上海などを設計したヘルマン・ティルケの設計により、スタジアム・セクション側を中心とした中低速サーキットに改修されている。

F1では長らくドイツ人のトップドライバーがいなかったこともあり、ドイツ人の勝者がいなかったが、1995年ベネトンルノーミハエル・シューマッハがドイツ人として初勝利をあげている[注釈 3]。シューマッハ兄弟やその他の地元ドライバー達の活躍により国内での関心度が高まり、観客動員数も増加した。

2007年からはニュルブルクリンクとホッケンハイムの隔年開催となり、当初、2007年のドイツでの開催は「ドイツGP」の名が冠される予定であったが、その後「ヨーロッパGP」へと名称が変更された。これはホッケンハイム側が「ドイツGP」の開催権を保有していたためである。よって記録上、1960年以来47年振りにF1の「ドイツGP」が開催されない年となった。なお、この問題は後に解決し、2009年のニュルブルクリンクではドイツGPの名で開催された。

2015年は本来ならばニュルブルクリンクで開催される年であったが、同サーキットの財政難のため交渉不成立、ホッケンハイムも開催を断念[2]したため、中止となった[3]。これにより、1961年以来継続されていたドイツでのF1開催が消滅した。2016年2018年はホッケンハイムで開催されたが、2017年はホッケンハイムとバーニー・エクレストンとの交渉が決裂したため、開催カレンダーから外された[4]。2019年以降の開催契約は結ばれておらず、ホッケンハイムの他、ニュルブルクリンクでの開催復活[5]ベルリン市街地での開催[6]も模索されたものの、2019年の開催を一度は断念した[7]。しかし、メルセデス・ベンツのサポートを受けることにより、2019年もホッケンハイムでの開催が決定した[8]。2020年以降についてもリバティメディアと交渉を行ったが[9]、、2020年のカレンダーから脱落した[10]

ドイツグランプリ以外のF1レース編集

ドイツ国内で実施されながら、別の名称が付与されたレースがある。1国で年内に2回の開催を行ったが、1国1開催の原則等の理由で別の名称を用いた。

ヨーロッパGP(ニュルブルクリンク)
レースイベントとしての初開催は1984年。最初は主に当初予定のレースが何らかの理由によって開催されなくなった場合の代替として設けられた。1993年からヨーロッパグランプリは1998年を除き継続的に行われているが、1999年から2007年は連続してニュルブリクリンクで開催された。
ルクセンブルクGP(ニュルブルクリンク)
1997年に開催、この年はヨーロッパGPがスペインのヘレスで実施される事となった為に、隣国であるルクセンブルクの名義で実施。1998年も引き続き開催。

主な出来事編集

過去の結果と開催サーキット編集

 
ニュルブルクリンク北コース (1951-1954, 1956-1958, 1961-1966)
 
アヴス (1959)
 
ニュルブルクリンク北コース (シケイン追加、1967-1969, 1971-1976)
 
ホッケンハイム (旧コース、1970, 1977-1984, 1986-2001)
 
ニュルブルクリンクGPコース (1985)
 
ニュルブルクリンクGPコース (2009, 2011, 2013)

F1世界選手権として開催された1951年以降の結果について記載する。

決勝日 ラウンド サーキット 勝者 所属チーム 結果
1951 7月29日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   アルベルト・アスカリ フェラーリ 詳細
1952 8月03日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   アルベルト・アスカリ フェラーリ 詳細
1953 8月02日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   ジュゼッペ・ファリーナ フェラーリ 詳細
1954 8月01日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   ファン・マヌエル・ファンジオ メルセデス 詳細
1955 開催されず
1956 8月05日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ 詳細
1957 8月04日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 詳細
1958 8月03日 8 ニュルブルクリンク(北コース)   トニー・ブルックス ヴァンウォール 詳細
1959 8月02日 6 アヴス   トニー・ブルックス フェラーリ 詳細
1960 7月31日 (F2) ニュルブルクリンク(南コース)   ヨアキム・ボニエ ポルシェ 詳細
1961 8月06日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   スターリング・モス ロブ・ウォーカー
ロータス
詳細
1962 8月05日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   グラハム・ヒル BRM 詳細
1963 8月04日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   ジョン・サーティース フェラーリ 詳細
1964 8月02日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   ジョン・サーティース フェラーリ 詳細
1965 8月01日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   ジム・クラーク ロータス 詳細
1966 8月07日 6 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャック・ブラバム ブラバム 詳細
1967 8月06日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   デニス・ハルム ブラバム 詳細
1968 8月04日 8 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャッキー・スチュワート マトラ 詳細
1969 8月03日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャッキー・イクス ブラバム 詳細
1970 8月02日 8 ホッケンハイム   ヨッヘン・リント ロータス 詳細
1971 8月01日 7 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャッキー・スチュワート ティレル 詳細
1972 7月30日 8 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャッキー・イクス フェラーリ 詳細
1973 8月05日 11 ニュルブルクリンク(北コース)   ジャッキー・スチュワート ティレル 詳細
1974 8月04日 11 ニュルブルクリンク(北コース)   クレイ・レガツォーニ フェラーリ 詳細
1975 8月03日 11 ニュルブルクリンク(北コース)   カルロス・ロイテマン ブラバム 詳細
1976 8月01日 10 ニュルブルクリンク(北コース)   ジェームス・ハント マクラーレン 詳細
1977 7月31日 11 ホッケンハイム   ニキ・ラウダ フェラーリ 詳細
1978 7月30日 11 ホッケンハイム   マリオ・アンドレッティ ロータス 詳細
1979 7月29日 10 ホッケンハイム   アラン・ジョーンズ ウィリアムズ 詳細
1980 8月10日 9 ホッケンハイム   ジャック・ラフィット リジェ 詳細
1981 8月02日 10 ホッケンハイム   ネルソン・ピケ ブラバム 詳細
1982 8月08日 11 ホッケンハイム   パトリック・タンベイ フェラーリ 詳細
1983 8月07日 10 ホッケンハイム   ルネ・アルヌー フェラーリ 詳細
1984 8月05日 11 ホッケンハイム   アラン・プロスト マクラーレン 詳細
1985 8月04日 9 ニュルブルクリンク(GPコース)   ミケーレ・アルボレート フェラーリ 詳細
1986 7月27日 10 ホッケンハイム   ネルソン・ピケ ウィリアムズ 詳細
1987 7月26日 8 ホッケンハイム   ネルソン・ピケ ウィリアムズ 詳細
1988 7月24日 9 ホッケンハイム   アイルトン・セナ マクラーレン 詳細
1989 7月30日 9 ホッケンハイム   アイルトン・セナ マクラーレン 詳細
1990 7月29日 9 ホッケンハイム   アイルトン・セナ マクラーレン 詳細
1991 7月28日 9 ホッケンハイム   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ 詳細
1992 7月26日 10 ホッケンハイム   ナイジェル・マンセル ウィリアムズ 詳細
1993 7月25日 10 ホッケンハイム   アラン・プロスト ウィリアムズ 詳細
1994 7月31日 9 ホッケンハイム   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 詳細
1995 7月30日 9 ホッケンハイム   ミハエル・シューマッハ ベネトン 詳細
1996 7月28日 11 ホッケンハイム   デイモン・ヒル ウィリアムズ 詳細
1997 7月27日 10 ホッケンハイム   ゲルハルト・ベルガー ベネトン 詳細
1998 8月02日 11 ホッケンハイム   ミカ・ハッキネン マクラーレン 詳細
1999 8月01日 10 ホッケンハイム   エディ・アーバイン フェラーリ 詳細
2000 7月30日 11 ホッケンハイム   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 詳細
2001 7月29日 12 ホッケンハイム   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ 詳細
2002 7月28日 12 ホッケンハイム   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2003 8月03日 12 ホッケンハイム   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ 詳細
2004 7月25日 12 ホッケンハイム   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2005 7月24日 12 ホッケンハイム   フェルナンド・アロンソ ルノー 詳細
2006 7月30日 12 ホッケンハイム   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 詳細
2007 中止(ヨーロッパグランプリとしてニュルブルクリンクで開催)
2008 7月20日 10 ホッケンハイム   ルイス・ハミルトン マクラーレン 詳細
2009 7月12日 9 ニュルブルクリンク(GPコース)   マーク・ウェバー レッドブル 詳細
2010 7月25日 11 ホッケンハイム   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 詳細
2011 7月24日 10 ニュルブルクリンク(GPコース)   ルイス・ハミルトン マクラーレン 詳細
2012 7月22日 10 ホッケンハイム   フェルナンド・アロンソ フェラーリ 詳細
2013 7月07日 9 ニュルブルクリンク(GPコース)   セバスチャン・ベッテル レッドブル 詳細
2014 7月20日 10 ホッケンハイム   ニコ・ロズベルグ メルセデス 詳細
2015 開催されず
2016 7月31日 12 ホッケンハイム   ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2017 開催されず
2018 7月22日 11 ホッケンハイム   ルイス・ハミルトン メルセデス 詳細
2019 7月28日 11 ホッケンハイム   マックス・フェルスタッペン レッドブル 詳細
  • ピンク地はF1世界選手権以外で開催された年。

複数回優勝したドライバー編集

回数 ドライバー 優勝年
6  [注釈 1] ルドルフ・カラツィオラ 1926, 1928, 1931, 1932, 1937, 1939
4   ミハエル・シューマッハ 1995, 2002, 2004, 2006
  ルイス・ハミルトン 2008, 2011, 2016, 2018
3   アルベルト・アスカリ 1950, 1951, 1952
  ファン・マヌエル・ファンジオ 1954, 1956, 1957
  ジャッキー・スチュワート 1968, 1971, 1973
  ネルソン・ピケ 1981, 1986, 1987
  アイルトン・セナ 1988, 1989, 1990
  フェルナンド・アロンソ 2005, 2010, 2012
2   トニー・ブルックス 1958, 1959
  ジョン・サーティース 1963, 1964
  ジャッキー・イクス 1969, 1972
  ナイジェル・マンセル 1991, 1992
  アラン・プロスト 1984, 1993
  ゲルハルト・ベルガー 1994, 1997

複数回優勝したコンストラクター編集

回数 コンストラクター 優勝年
22   フェラーリ 1950, 1951, 1952, 1953, 1956, 1959, 1963, 1964, 1972, 1974,
1977, 1982, 1983, 1985, 1994, 1999, 2000, 2002, 2004, 2006,
2010, 2012
11   メルセデス 1926, 1927, 1928, 1931, 1937, 1938, 1939, 1954, 2014, 2016,
2018
9   ウィリアムズ 1979, 1986, 1987, 1991, 1992, 1993, 1996, 2001, 2003
8   マクラーレン 1976, 1984, 1988, 1989, 1990, 1998, 2008, 2011
5   ブラバム 1966, 1967, 1969, 1975, 1981
4   ロータス 1961, 1965, 1970, 1978
3   レッドブル 2009, 2013, 2019
2   アルファロメオ[注釈 7] 1932, 1935
  アウトウニオン 1934, 1936
  ティレル 1971, 1973
 / [注釈 8] ベネトン 1995, 1997

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 引退時の国旗。
  2. ^ 1960年のみF2で開催。
  3. ^ 2018年現在、「ドイツGP」としてはミハエル・シューマッハが4勝、ラルフ・シューマッハが1勝を挙げ、ドイツ人で2人目のワールドチャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルが2013年に、また翌2014年にはニコ・ロズベルグがそれぞれ念願の地元勝利を達成した。
  4. ^ 1959年は最大2.5L、1967年は最大3.0L。
  5. ^ スポーツニッポンの報道では130戦目と記載されている。
  6. ^ a b 1931年-1932年および1935年-1939年に行われた四輪モータースポーツにおける最高峰の選手権。現在のF1世界選手権の前身にあたる。ドイツグランプリが選手権の一戦として開催されたのは1932年および1935年-1939年。
  7. ^ 2019年にザウバーから名称を変更したアルファロメオ・レーシングとは別扱い。
  8. ^ 1986年から1995年はイギリス国籍、1996年から2001年はイタリア国籍。

出典編集

  1. ^ Formula 1™ - The Official F1™ Website”. Formula1.com. 2012年11月7日閲覧。
  2. ^ ホッケンハイム、2015年のF1ドイツGP開催を断念”. F1-Gate.com (2015年3月18日). 2015年4月8日閲覧。
  3. ^ F1ドイツGP、2015年の中止が決定”. F1-Gate.com (2015年3月21日). 2015年4月8日閲覧。
  4. ^ 来季はドイツGP消滅、とホッケンハイム代表”. ESPN F1 (2016年11月25日). 2016年11月26日閲覧。
  5. ^ ニュルブルクリンク、2019年のF1カレンダー復帰を目指す”. F1-Gate.com (2018年1月5日). 2018年7月15日閲覧。
  6. ^ ベルリン市街地でのF1ドイツGP開催を示唆したF1ボス”. TOPNEWS (2018年5月21日). 2018年7月15日閲覧。
  7. ^ 収益確保に苦戦していたホッケンハイム、2019年のドイツGP開催を断念”. AUTOSPORtweb (2018年7月2日). 2018年7月15日閲覧。
  8. ^ 全21戦の2019年暫定カレンダーが発表される”. ESPN F1 (2018年8月31日). 2018年9月1日閲覧。
  9. ^ F1ドイツGP、消滅を避けられず?「カレンダー脱落の可能性が極めて高い」と主催者が発言”. autosport web (2019年7月25日). 2019年7月27日閲覧。
  10. ^ 2020年F1暫定カレンダーが発表。史上最多22戦の過密スケジュール、日本GPは10月11日の第18戦に”. autosport web (2019年8月29日). 2019年8月30日閲覧。
  11. ^ "トップ10:ウエットレース". ESPN F1.(2010年12月8日)2013年6月27日閲覧。
  12. ^ 記録更新!ウェバー130戦目の初優勝”. スポーツニッポン (2009年7月13日). 2017年7月15日閲覧。
  13. ^ 独GPで1、2位占めたフェラーリに罰金”. 日刊スポーツ (2010年7月26日). 2017年3月1日閲覧。
  14. ^ 後輪がカメラマン直撃、大けが/F1”. 日刊スポーツ (2013年7月9日). 2017年7月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集