メインメニューを開く
2013年のFIAフォーミュラ1
世界選手権
前年: 2012 翌年: 2014
一覧: 開催国 | 開催レース

2013年のF1世界選手権は、FIAフォーミュラ1世界選手権の第64回大会として開催された。

目次

シーズン概要編集

ベッテルとレッドブルの4連覇編集

 
第2戦マレーシアGPにおけるレッドブルのチームメイト対決

ドライバーズチャンピオンは19戦中13勝を挙げたセバスチャン・ベッテルが4連覇を達成した。ミハエル・シューマッハが持つ年間最多勝記録(2004年の18戦中13勝)に並んだ上に、第11戦から最終戦にかけての9連勝で、アルベルト・アスカリが持つ最多連勝記録(1952年 - 1953年)にも並んだ。また、コンストラクターズチャンピオンもベッテルが所属するレッドブルが4連覇を果たした。そんな栄光の中で、マレーシアGPではチームオーダーを巡ってベッテルとマーク・ウェバーの不和が表面化。勝ち続けるベッテルに対して、観客からブーイングが浴びせられるという現象も生じた[1]。なおベッテルのシーズン中の累計獲得ポイント記録は当時最高記録だった397ポイント(2018年にルイス・ハミルトンが記録更新)、2位のフェルナンド・アロンソに対しなんと155ポイント差でチャンピオン獲得の大差を叩き出し、シーズン中の平均獲得ポイントも20.8ポイントを叩き出した。ベッテルのシーズン中の平均獲得ポイントと大差でのドライバーズタイトル獲得記録については2019年現在もこの記録は破られていない。

前半戦はロータスフェラーリメルセデスのドライバー達も優勝を挙げて混戦模様であった。メルセデスはニコ・ロズベルグが3戦連続、ルイス・ハミルトンが4戦連続のポールポジションを獲得して速さをアピールした。フェラーリのフェルナンド・アロンソは通算最多得点1,571ポイント、ロータスのキミ・ライコネンは27戦連続入賞という記録を作った(いずれもミハエル・シューマッハの記録を更新)。

その他のドライバーの中では、フェラーリ育成組織出身の新人ジュール・ビアンキマルシャ)、次期に向けた移籍市場のキーマンとなったニコ・ヒュルケンベルグザウバー)、クラッシュキングの汚名を返上したロマン・グロージャン(ロータス)らが高評価を受けた[2][3][4]

マクラーレン2015年より復帰するホンダエンジンとのジョイントを発表したが、最多連続入賞記録が64戦で途絶え、シーズン中表彰台0回という1980年以来の不振に終わった。

ピレリタイヤを巡る論争編集

 
ピレリのF1用タイヤ(イギリスGPにて)

開幕から話題となったのは、ピレリの2013年用タイヤを巡る一連の騒動である。ピレリはピットイン回数を増やしてレース展開を面白くするため、走行中の性能低下率(デグラデーション)が大きいタイヤを投入したが[5]、使用者側はレース中にタイヤを持続させるための苦労を強いられた。タイヤの仕様変更を求める声が挙がる一方[6]、タイヤに優しいマシンを有するチーム(ロータス、フェラーリ、フォース・インディア)は変更に反対した。そのような状況で、ピレリの依頼を受けたメルセデスがスペインGP後に現行マシンでタイヤテストを行なったことが物議を醸し、FIA国際法廷で戒告処分を受けた(通称テストゲート[7]

また、タイヤトレッドの剥離(デラミネーション)という問題に続いて、イギリスGPでは突然タイヤが破裂する重大トラブルが続発し、ピレリは安全面でも批判の矢面に立たされた[8](ピレリは想定外の使用法や縁石によるダメージが要因であると説明した[9])。この一件を機に、タイヤの仕様変更が容認され、ピレリはタイヤ内部のベルト素材をスチールから前年仕様のケブラーへ戻した。この変更で不利益を被ったと嘆くチームがいる一方[10]、レッドブル技術責任者のエイドリアン・ニューウェイは自分たちにとって有利に働いたことを認めている[11]

チームを襲う財政不安編集

世界経済の低迷下でF1チームの財政難も続いており、今期もHRTが消滅して1チーム減り、残る11チーム中7チームが緊縮経営モードにあるという(マクラーレン代表マーティン・ウィットマーシュ[12]小林可夢偉ヘイキ・コバライネンティモ・グロックといった実績のあるドライバーがレギュラーシートを喪失し、代わって経験は浅いが多額のスポンサーマネーを持ち込むいわゆる「ペイドライバー」が増加した[13]

ザウバーは資金面の危機的状況が表面化したが[14]、ロシアの政府系投資グループとの契約をまとめて窮地をしのいだ。ロータスも投資会社との交渉が難航する中でキミ・ライコネンが「サラリーを1ユーロももらっていない」と暴露し、終盤2戦を残して離脱した[15](公式理由は「背中の古傷の手術のため」、次期はフェラーリへ移籍)。

2014年はエンジン規定の刷新が予定されているため、さらに負担は増えるものと予想される。

レギュレーションの変更編集

2014年に大幅なレギュレーション改定が予定され、2013年は準備期間に当たるため、規定変更は必要最低限に留められた。2006年から導入され、2007年以降開発が凍結されてきた2.4リッターV8エンジンの使用は今季が最後となった。

技術規定編集

 
バニティパネル(赤色の箇所)で段差をカバーしたノーズのイラスト
  • 前年、ノーズの高さ制限により多くのチームのマシンのノーズ上面に段差ができたことに対し、見た目が悪くなるという意見があった。そこで、空力面のアドバンテージがなく安全性にも問題のない範囲内であれば、非構造式の化粧板(バニティパネル)をつけて段差を隠すことが認められた。[16]
  • ドラッグリダクションシステム (DRS) の機能を他目的に利用することを禁止する。前年メルセデスW03にて使用したDRS連動式のウィング失速装置[17](通称「FダクトDRS」「ダブルDRS」)は使用禁止となる。[18]
    • ただし、DRSに連動しない受動的ダブルDRSは対象外とされた。
  • 車両最低重量は642kg[19]。ピレリタイヤの設計変更にともない+2kgの増量となる。
    • 車両の重量配分をフロント292㎏対リア343㎏に変更[19]。残り7kgは自由配分。
  • フロントウィングの柔軟構造の取り締まりを強化。荷重検査では縦軸および横軸のそれぞれ2ヶ所に1,000N (100㎏) の負荷をかけ、たわみの許容値を20mmから10mmへ引き下げる[19]
  • 使用する全モノコックに対して最高度の側面負荷検査を義務付ける(従来はサンプルのみ20%強化)。

競技規定編集

  • DRSは、フリー走行や予選時も決勝レースと同様、指定区間以外での使用は不可となる。[20]
  • HRTの撤退により参戦チームが11に減ったため、予選Q1とQ2で脱落するドライバーがそれぞれ7名から6名に減らされる。
  • 予選中、コース上にストップしたマシンに対する不可抗力条項を廃止。マシンには最低でもピットに戻るまでに必要な1周分の燃料と、サンプル提出用の1Lの燃料を搭載しなければならない[21]。2012年のスペインGPルイス・ハミルトン)とアブダビGPセバスチャン・ベッテル)の予選失格事例を受けての措置。
  • 木曜夜間の作業禁止時間を6時間から8時間に延長。作業時間超過の許可をシーズン中4回から2回に削減[21]
  • 選手権へのエントリー料金を値上げ。獲得ポイント方式を採用し、「基本料50万ドル+2012年のコンストラクターズポイント1点につき5000ドル(コンストラクターズチャンピオンチームは1点につき6000ドル)」をFIAへ納付する[22]
  • シーズン中の合同テストを廃止。
  • ハンガリーGPより、ピットレーンの速度制限を全セッション80km/hに統一(従来はフリー走行60km/h、予選・決勝は100km/h)。メルボルン、モナコ、シンガポールは従来通り全セッション60km/h。2014年より改正予定だったが、ドイツGPのピットレーン事故を受けて前倒しされた[23]

参戦チーム・ドライバー編集

新車発表編集

エントリーリスト編集

各チームおよびFIAから発表された内容[24]および、F1関係紙やニュースなど公に発表された内容に基づく。

エントラント コンストラクター シャーシ エンジン タイヤ ドライバー テストドライバー
リザーブドライバー
 インフィニティ[25]・レッドブル・レーシング レッドブル RB9 ルノー P 1  セバスチャン・ベッテル  セバスチャン・ブエミ[26]
 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ[27]
2  マーク・ウェバー[28]
 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ F138 フェラーリ P 3  フェルナンド・アロンソ[29]  マルク・ジェネ[30]
 ペドロ・デ・ラ・ロサ[31]
4  フェリペ・マッサ[32]
 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-28 メルセデス P 5  ジェンソン・バトン[33]  ゲイリー・パフェット
 オリバー・ターベイ
 ケビン・マグヌッセン[34]
6  セルジオ・ペレス[35]
 ロータスF1チーム ロータス E21 ルノー P 7  キミ・ライコネン[36][37]  ジェローム・ダンブロシオ[38]
 ダヴィデ・ヴァルセッキ[39]
 ニコラ・プロスト
 ヘイキ・コバライネン[40]
8  ロマン・グロージャン[41]
 メルセデスAMGペトロナス・F1チーム メルセデス F1 W04 メルセデス P 9  ニコ・ロズベルグ TBA
10  ルイス・ハミルトン[42]
 ザウバーF1チーム ザウバー C32 フェラーリ P 11  ニコ・ヒュルケンベルグ[43]  ロビン・フラインス[44][45]
 佐藤公哉[46]
12  エステバン・グティエレス[47]
 サハラ・フォース・インディア・F1チーム フォース・インディア VJM06 メルセデス P 14  ポール・ディ・レスタ  ジェームス・カラド[48]
15  エイドリアン・スーティル[49]
 ウィリアムズF1チーム ウィリアムズ FW35 ルノー P 16  パストール・マルドナド[50]  スージー・ヴォルフ
17  バルテリ・ボッタス[50]
 スクーデリア・トロ・ロッソ トロ・ロッソ STR8 フェラーリ P 18  ジャン=エリック・ベルニュ[51]  ダニール・クビアト[52]
19  ダニエル・リチャルド[51]
 ケータハムF1チーム ケータハム CT03 ルノー P 20  シャルル・ピック[53]  アレクサンダー・ロッシ[54]
 馬青驊[54]
 ヘイキ・コバライネン[55]
21  ギド・ヴァン・デル・ガルデ[56]
 マルシャF1チーム マルシャ MR02 コスワース P 22  ジュール・ビアンキ[57]  ロドルフォ・ゴンザレス[58]
23  マックス・チルトン[59]

ドライバー変更編集

開催地編集

Round レース名称 GP名 開催サーキット 都市 決勝開催日 決勝スタート時刻 周回数
現地時間 協定世界時
1   Rolex Australian Grand Prix オーストラリアGP アルバート・パーク・サーキット メルボルン 3月17日 17:00 06:00 58
2   Petronas Malaysia Grand Prix マレーシアGP セパン・インターナショナル・サーキット セパン 3月24日 16:00 08:00 56
3   UBS Chinese Grand Prix 中国GP 上海インターナショナルサーキット 上海 4月14日 15:00 07:00 56
4   Gulf Air Bahrain Grand Prix バーレーンGP バーレーン・インターナショナル・サーキット サクヒール 4月21日 15:00 12:00 57
5   Gran Premio de España スペインGP カタロニア・サーキット バルセロナ 5月12日 14:00 12:00 66
6   Grand Prix de Monaco モナコGP モンテカルロ市街地コース モンテカルロ 5月26日 14:00 12:00 78
7   Grand Prix du Canada カナダGP ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット モントリオール 6月9日 14:00 18:00 70
8   British Grand Prix イギリスGP シルバーストーン・サーキット ノーサンプトンシャー 6月30日 13:00 12:00 52
9   Großer Preis von Deutschland ドイツGP ニュルブルクリンク ニュルブルク 7月7日 14:00 12:00 60
10   Magyar Nagydíj ハンガリーGP ハンガロリンク ブダペスト 7月28日 14:00 12:00 70
11   Shell Belgian Grand Prix ベルギーGP スパ・フランコルシャン スパ 8月25日 14:00 12:00 44
12   Gran Premio d'Italia イタリアGP モンツァ・サーキット モンツァ 9月8日 14:00 12:00 53
13   Singapore Grand Prix シンガポールGP シンガポール市街地コース シンガポール 9月22日 20:00 12:00 61
14   Korean Grand Prix 韓国GP 韓国インターナショナルサーキット 霊岩郡 10月6日 15:00 06:00 55
15   Japanese Grand Prix 日本GP 鈴鹿サーキット 鈴鹿 10月13日 15:00 06:00 53
16   Airtel Indian Grand Prix インドGP ブッダ・インターナショナル・サーキット ニューデリー 10月27日 15:00 09:30 60
17   Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix アブダビGP ヤス・マリーナ・サーキット アブダビ 11月3日 17:00 13:00 55
18   United States Grand Prix アメリカGP サーキット・オブ・ジ・アメリカズ テキサス州オースティン 11月17日 13:00 19:00 56
19   Grande Prêmio do Brasil ブラジルGP インテルラゴス・サーキット サンパウロ 11月24日 14:00 16:00 71
  • 予定周回数と決勝スタート時刻は2012年のものを記載している。

結果編集

レース編集

Rd. GP名 ポールポジション ファステストラップ 勝者 コンストラクター 詳細
1   オーストラリアグランプリ   セバスチャン・ベッテル   キミ・ライコネン   キミ・ライコネン   ロータス-ルノー 詳細
2   マレーシアグランプリ   セバスチャン・ベッテル   セルジオ・ペレス   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
3   中国グランプリ   ルイス・ハミルトン   セバスチャン・ベッテル   フェルナンド・アロンソ   フェラーリ 詳細
4   バーレーングランプリ   ニコ・ロズベルグ   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
5   スペイングランプリ   ニコ・ロズベルグ   エステバン・グティエレス   フェルナンド・アロンソ   フェラーリ 詳細
6   モナコグランプリ   ニコ・ロズベルグ   セバスチャン・ベッテル   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
7   カナダグランプリ   セバスチャン・ベッテル   マーク・ウェバー   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
8   イギリスグランプリ   ルイス・ハミルトン   マーク・ウェバー   ニコ・ロズベルグ   メルセデス 詳細
9   ドイツグランプリ   ルイス・ハミルトン   フェルナンド・アロンソ   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
10   ハンガリーグランプリ   ルイス・ハミルトン   マーク・ウェバー   ルイス・ハミルトン   メルセデス 詳細
11   ベルギーグランプリ   ルイス・ハミルトン   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
12   イタリアグランプリ   セバスチャン・ベッテル   ルイス・ハミルトン   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
13   シンガポールグランプリ   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
14   韓国グランプリ   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
15   日本グランプリ   マーク・ウェバー   マーク・ウェバー   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
16   インドグランプリ   セバスチャン・ベッテル   キミ・ライコネン   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
17   アブダビグランプリ   マーク・ウェバー   フェルナンド・アロンソ   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
18   アメリカグランプリ   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細
19   ブラジルグランプリ   セバスチャン・ベッテル   マーク・ウェバー   セバスチャン・ベッテル   レッドブル 詳細

ドライバーズ・ワールド・チャンピオンシップ(選手部門)編集

上位10台には以下のポイントが加算される。

順位  1位   2位   3位   4位   5位   6位   7位   8位   9位   10位 
ポイント 25 18 15 12 10 8 6 4 2 1

(略号と色の意味はこちらを参照

順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
KOR
 
JPN
 
IND
 
ABU
 
USA
 
BRA
 
Pts
1  セバスチャン・ベッテル 3 1 4 1 4 2 1 Ret 1 3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 397
2  フェルナンド・アロンソ 2 Ret 1 8 1 7 2 3 4 5 2 2 2 6 4 11 5 5 3 242
3  マーク・ウェバー 6 2 Ret 7 5 3 4 2 7 4 5 3 15† Ret 2 Ret 2 3 2 199
4  ルイス・ハミルトン 5 3 3 5 12 4 3 4 5 1 3 9 5 5 Ret 6 7 4 9 189
5  キミ・ライコネン 1 7 2 2 2 10 9 5 2 2 Ret 11 3 2 5 7 Ret 183
6  ニコ・ロズベルグ Ret 4 Ret 9 6 1 5 1 9 19† 4 6 4 7 8 2 3 9 5 171
7  ロマン・グロージャン 10 6 9 3 Ret Ret 13 19† 3 6 8 8 Ret 3 3 3 4 2 Ret 132
8  フェリペ・マッサ 4 5 6 15 3 Ret 8 6 Ret 8 7 4 6 9 10 4 8 12 7 112
9  ジェンソン・バトン 9 17† 5 10 8 6 12 13 6 7 6 10 7 8 9 14 12 10 4 73
10  ニコ・ヒュルケンベルグ Ret 8 10 12 15 11 Ret 10 10 11 13 5 9 4 6 19† 14 6 8 51
11  セルジオ・ペレス 11 9 11 6 9 16† 11 20† 8 9 11 12 8 10 15 5 9 7 6 49
12  ポール・ディ・レスタ 8 Ret 8 4 7 9 7 9 11 18† Ret Ret 20† Ret 11 8 6 15 11 48
13  エイドリアン・スーティル 7 Ret Ret 13 13 5 10 7 13 Ret 9 16† 10 20† 14 9 10 Ret 13 29
14  ダニエル・リチャルド Ret 18† 7 16 10 Ret 15 8 12 13 10 7 Ret 19† 13 10 16 11 10 20
15  ジャン=エリック・ベルニュ 12 10 12 Ret Ret 8 6 Ret Ret 12 12 Ret 14 18† 12 13 17 16 15 13
16  エステバン・グティエレス 13 12 Ret 18 11 13 20† 14 14 Ret 14 13 12 11 7 15 13 13 12 6
17  バルテリ・ボッタス 14 11 13 14 16 12 14 12 16 Ret 15 15 13 12 17 16 15 8 Ret 4
18  パストール・マルドナド Ret Ret 14 11 14 Ret 16 11 15 10 17 14 11 13 16 12 11 17 16 1
19  ジュール・ビアンキ 15 13 15 19 18 Ret 17 16 Ret 16 18 19 18 16 Ret 18 20 18 17 0
20  シャルル・ピック 16 14 16 17 17 Ret 18 15 17 15 Ret 17 19 14 18 Ret 19 20 Ret 0
21  ヘイキ・コバライネン 14 14 0
22  ギド・ヴァン・デル・ガルデ 18 15 18 21 Ret 15 Ret 18 18 14 16 18 16 15 Ret Ret 18 19 18 0
23  マックス・チルトン 17 16 17 20 19 14 19 17 19 17 19 20 17 17 19 17 21 21 19 0
順位 ドライバー AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
KOR
 
JPN
 
IND
 
ABU
 
USA
 
BRA
 
Pts

太字 - ポールポジション斜体 - ファステストラップ
† 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

コンストラクターズ・ワールド・チャンピオンシップ(製造者部門)編集

ポイントシステムおよび以下の書式はドライバー部門と同一である。

順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
KOR
 
JPN
 
IND
 
ABU
 
USA
 
BRA
 
Pts
1   レッドブル-ルノー 1 3 1 4 1 4 2 1 Ret 1 3 1 1 1 1 1 1 1 1 1 596
2 6 2 Ret 7 5 3 4 2 7 4 5 3 15† Ret 2 Ret 2 3 2
2   メルセデス 9 Ret 4 Ret 9 6 1 5 1 9 19† 4 6 4 7 8 2 3 9 5 360
10 5 3 3 5 12 4 3 4 5 1 3 9 5 5 Ret 6 7 4 9
3   フェラーリ 3 2 Ret 1 8 1 7 2 3 4 5 2 2 2 6 4 11 5 5 3 354
4 4 5 6 15 3 Ret 8 6 Ret 8 7 4 6 9 10 4 8 12 7
4   ロータス-ルノー 7 1 7 2 2 2 10 9 5 2 2 Ret 11 3 2 5 7 Ret 14 14 315
8 10 6 9 3 Ret Ret 13 19† 3 6 8 8 Ret 3 3 3 4 2 Ret
5  マクラーレン-メルセデス 5 9 17† 5 10 8 6 12 13 6 7 6 10 7 8 9 14 12 10 4 122
6 11 9 11 6 9 16† 11 20† 8 9 11 12 8 10 15 5 9 7 6
6   フォース・インディア-メルセデス 14 8 Ret 8 4 7 9 7 9 11 18† Ret Ret 20† Ret 11 8 6 15 11 77
15 7 Ret Ret 13 13 5 10 7 13 Ret 9 16† 10 20† 14 9 10 Ret 13
7   ザウバー-フェラーリ 11 Ret 8 10 12 15 11 Ret 10 10 11 13 5 9 4 6 19† 14 6 8 57
12 13 12 Ret 18 11 13 20† 14 14 Ret 14 13 12 11 7 15 13 13 12
8   トロ・ロッソ-フェラーリ 18 12 10 12 Ret Ret 8 6 Ret Ret 12 12 Ret 14 18† 12 13 17 16 15 33
19 Ret 18† 7 16 10 Ret 15 8 12 13 10 7 Ret 19† 13 10 16 11 10
9   ウィリアムズ-ルノー 16 Ret Ret 14 11 14 Ret 16 11 15 10 17 14 11 13 16 12 11 17 16 5
17 14 11 13 14 16 12 14 12 16 Ret 15 15 13 12 17 16 15 8 Ret
10   マルシャ-コスワース 22 15 13 15 19 18 Ret 17 16 Ret 16 18 19 18 16 Ret 18 20 18 17 0
23 17 16 17 20 19 14 19 17 19 17 19 20 17 17 19 17 21 21 19
11   ケータハム-ルノー 20 16 14 16 17 17 Ret 18 15 17 15 Ret 17 19 14 18 Ret 19 20 Ret 0
21 18 15 18 21 Ret 15 Ret 18 18 14 16 18 16 15 Ret Ret 18 19 18
順位 コンストラクター 車番 AUS
 
MAL
 
CHN
 
BHR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
KOR
 
JPN
 
IND
 
ABU
 
USA
 
BRA
 
Pts

テレビ放送編集

  日本編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ "いったいなぜ? ベッテルへのブーイング". TopNews.(2013年9月25日)2013年11月25日閲覧。
  2. ^ "ジュール・ビアンキ、評価が急上昇". F1-Gate.com.(2013年3月26日)2013年11月26日閲覧。
  3. ^ "ヒュルケンベルグ、2014年の選択肢は". TopNews.(2013年11月19日)2013年11月26日閲覧。
  4. ^ "マーク・ウェバー 「ロマン・グロージャンは変わった」". F1-Gate.com.(2013年10月16日)2013年11月26日閲覧。
  5. ^ 米家峰起 "【F1】新シーズンを占う最大のカギ。ピレリの新タイヤはこれだけ変わった page2/3". WEB Sportiva.(2013年1月27日)2013年11月25日閲覧。
  6. ^ "ピレリ、「勝ってもタイヤ批判」のRBRに不満 page2/2". オートスポーツ.(2013年6月12日)2013年11月25日閲覧。
  7. ^ "メルセデスに甘い処分、戒告&若手テスト参加禁止". オートスポーツ.(2013年6月21日)2013年11月25日閲覧。
  8. ^ "ピレリタイヤ危機に直面する2013年F1". TopNews.(2013年7月1日)2013年11月25日閲覧。
  9. ^ "ピレリ、F1イギリスGPのタイヤ破裂多発原因を発表". TopNews.(2013年7月3日)2013年11月26日閲覧。
  10. ^ "フェラーリとFインディア、タイヤ変更を嘆く". オートスポーツ.(2013年11月28日)2013年11月28日閲覧。
  11. ^ "エイドリアン・ニューウェイ 「シーズン途中のタイヤ変更が助けになった」". F1-Gate.com.(2013年10月30日)2013年11月25日閲覧。
  12. ^ "今後もF1チームが消滅の可能性?". TopNews.(2013年2月18日)2013年11月25日閲覧。
  13. ^ "F1の財政問題とペイドライバー増加". F1-Gate.com.(2013年1月23日)2013年11月25日閲覧。
  14. ^ "ザウバー、今季参戦継続には31億円不足". オートスポーツ.(2013年7月14日)2013年11月25日閲覧。
  15. ^ 尾張正博"ライコネンの欠場理由はギャラ未払い!?チームはドライバーへ敬意を示せ。". Number Web.(2013年11月17日)2013年11月25日閲覧。
  16. ^ “F1チーム、2013年に段差ノーズをカバーで覆えることで合意”. F1-Gate.com. (2012年9月18日). http://f1-gate.com/f1car/f1_16572.html 2012年11月27日閲覧。 
  17. ^ “FIA、メルセデスAMG F1のFダクト方式のリアウイングを合法と認定”. F1-Gate.com. (2012年3月15日). http://f1-gate.com/fia/f1_14618.html 2012年11月27日閲覧。 
  18. ^ “ダブルDRS、2013年から禁止が決定”. F1-Gate.com. (2012年9月28日). http://f1-gate.com/fia/f1_16706.html 2012年11月27日閲覧。 
  19. ^ a b c "Overview - 2013 rule changes at a glance". Formula1.com.(2013年1月14日)2013年3月10日閲覧。
  20. ^ “F1、2013年からレース以外でもDRSの使用を制限”. F1-Gate.com. (2012年11月17日). http://f1-gate.com/fia/f1_17330.html 2012年11月27日閲覧。 
  21. ^ a b "F1規則変更が発表。予選の不可抗力条項廃止など". オートスポーツ.(2012年12月6日)2013年3月10日閲覧。
  22. ^ "エントリー料の値上げに直面するチーム". ESPN F1.(2012年11月3日)2013年3月10日閲覧。
  23. ^ "ピットレーン制限速度が正式に変更。戦略に影響も". オートスポーツweb.(2013年7月23日)2013年7月25日閲覧。
  24. ^ 2013 FIA Formula One World Championship Entry List (PDF)”. FIA (2012年11月30日). 2012年11月30日閲覧。
  25. ^ “インフィニティ、2013年からレッドブルのタイトルスポンサーに就任”. F1-Gate.com. (2012年11月25日). http://f1-gate.com/redbull/infiniti_17471.html 2012年11月25日閲覧。 
  26. ^ “セバスチャン・ブエミ、レッドブルのリザーブドライバーを継続”. F1-Gate.com. (2013年1月22日). http://f1-gate.com/buemi/f1_17875.html 2013年1月22日閲覧。 
  27. ^ “レッドブル、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタを中国でリザーブに起用”. F1-Gate.com. (2013年4月9日). http://f1-gate.com/redbull/f1_18893.html 2013年4月9日閲覧。 
  28. ^ “マーク・ウェバー、2013年のレッドブル残留を発表”. F1-Gate.com. (2012年7月10日). http://f1-gate.com/webber/f1_15885.html 2012年11月25日閲覧。 
  29. ^ “フェルナンド・アロンソ、フェラーリとの契約を2016年まで延長”. F1-Gate.com. (2011年5月19日). http://f1-gate.com/alonso/f1_11744.html 2013年2月2日閲覧。 
  30. ^ “フェラーリ、マルク・ジェネとのテストドライバー契約を延長”. F1-Gate.com. (2013年1月10日). http://f1-gate.com/ferrari/f1_17779.html 2013年1月11日閲覧。 
  31. ^ “デ・ラ・ロサはフェラーリのリザーブも兼任”. ESPN F1. (2013年1月17日). http://ja.espnf1.com/ferrari/motorsport/story/98844.html 2013年1月17日閲覧。 
  32. ^ “フェラーリ、フェリペ・マッサとの1年契約を発表”. F1-Gate.com. (2012年10月16日). http://f1-gate.com/ferrari/f1_16981.html 2012年11月25日閲覧。 
  33. ^ “ジェンソン・バトン、マクラーレンと新たに複数年契約”. F1-Gate.com. (2011年10月5日). http://f1-gate.com/button/f1_13097.html 2013年2月2日閲覧。 
  34. ^ “ケビン・マグヌッセン、マクラーレンのサードドライバーに就任”. F1-Gate.com. (2013年4月12日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_18924.html 2013年4月12日閲覧。 
  35. ^ “マクラーレン、セルジオ・ペレスとの契約を発表”. F1-Gate.com. (2012年9月28日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_16712.html 2012年11月25日閲覧。 
  36. ^ “ロータス、キミ・ライコネンの2013年の残留を発表”. F1-Gate.com. (2012年10月29日). http://f1-gate.com/lotus/f1_17139.html 2012年11月25日閲覧。 
  37. ^ “キミ・ライコネン、残りのシーズンを欠場”. F1-Gate.com. (2013年11月11日). http://f1-gate.com/raikkonen/f1_21579.html 2013年11月11日閲覧。 
  38. ^ “ロータス、ダビデ・バルセッキをサードドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2013年1月29日). http://f1-gate.com/lotus/f1_17935.html 2013年1月29日閲覧。 
  39. ^ “バルセッキがロータスサードドライバーに”. ESPN F1. (2013年1月29日). http://ja.espnf1.com/lotusf1/motorsport/story/99406.html 2013年1月30日閲覧。 
  40. ^ “ロータス、ヘイキ・コバライネンをキミ・ライコネンの代役に起用”. F1-Gate.com. (2013年11月14日). http://f1-gate.com/lotus/f1_21631.html 2013年11月14日閲覧。 
  41. ^ “ロータス、ロマン・グロージャンの2013年の残留を正式発表”. F1-Gate.com. (2012年12月18日). http://f1-gate.com/lotus/f1_17649.html 2012年12月18日閲覧。 
  42. ^ “メルセデスAMG F1、ルイス・ハミルトンとの契約を発表”. F1-Gate.com. (2012年9月28日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_16713.html 2012年11月25日閲覧。 
  43. ^ “ザウバー、ニコ・ヒュルケンベルグとの契約を発表”. F1-Gate.com. (2012年10月31日). http://f1-gate.com/sauber/f1_17159.html 2012年11月25日閲覧。 
  44. ^ “ザウバー、ロビン・フラインスをリザーブドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2012年11月23日). http://f1-gate.com/sauber/f1_17425.html 2013年2月2日閲覧。 
  45. ^ “フラインス、ザウバー離脱が決定「ひどい1年」”. AUTO SPORT web. (2013年9月5日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=50802 2013年10月6日閲覧。 
  46. ^ “佐藤公哉、F1日本GPでザウバーのリザーブドライバーに就任”. F1-Gate.com. (2013年10月6日). http://f1-gate.com/kimiya-sato/f1_21130.html 2013年10月16日閲覧。 
  47. ^ “ザウバー、エステバン・グティエレスを2013年のドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2012年11月23日). http://f1-gate.com/sauber/f1_17424.html 2012年11月25日閲覧。 
  48. ^ “ジェームズ・カラド、フォース・インディアのサードドライバーに就任”. F1-Gate.com. (2013年9月3日). http://f1-gate.com/james-calado/f1_20685.html 2013年9月4日閲覧。 
  49. ^ “スーティルの復帰が正式決定”. ESPN F1. (2013年2月28日). http://ja.espnf1.com/forceindia/motorsport/story/101779.html 2013年2月28日閲覧。 
  50. ^ a b “ウイリアムズ、パストール・マルドナドとバルテリ・ボッタスの起用を発表”. F1-Gate.com. (2012年11月28日). http://f1-gate.com/williams/f1_17511.html 2012年11月28日閲覧。 
  51. ^ a b “トロ・ロッソ、リチャルドとベルニュの2013年の残留を発表”. F1-Gate.com. (2012年1月5日). http://f1-gate.com/tororosso/f1_17163.html 2012年11月1日閲覧。 
  52. ^ “クビアト、今季最終2戦で金曜フリー走行参加”. TOP NEWS. (2013年10月27日). http://www.topnews.jp/2013/10/27/news/f1/teams/toro-rosso/98711.html 2013年11月16日閲覧。 
  53. ^ “ケータハム、シャルル・ピックとの複数年契約を発表”. F1-Gate.com. (2012年11月23日). http://f1-gate.com/caterham/f1_17426.html 2012年11月25日閲覧。 
  54. ^ a b “ケータハム、リザーブ2人を指名”. ESPN F1. (2013年3月1日). http://ja.espnf1.com/caterham/motorsport/story/101911.html 2013年3月1日閲覧。 
  55. ^ “ヘイキ・コバライネン、ケータハムのリザーブドライバーに就任”. F1-Gate.com. (2013年4月17日). http://f1-gate.com/kovalainen/f1_19025.html 2013年4月17日閲覧。 
  56. ^ “ケータハム、ギド・ヴァン・デル・ガルデの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年2月2日). http://f1-gate.com/caterham/f1_17994.html 2013年2月2日閲覧。 
  57. ^ “マルシャ、ルイス・ラジアに代えてジュール・ビアンキの起用を発表”. F1-Gate.com. (2013年3月2日). http://f1-gate.com/marussia/f1_18397.html 2013年3月2日閲覧。 
  58. ^ “マルシャ、ロドルフ・ゴンザレスをリザーブドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2013年3月14日). http://f1-gate.com/marussia/f1_18563.html 2013年3月14日閲覧。 
  59. ^ “マルシャ、マックス・チルトンを2013年のドライバーに起用”. F1-Gate.com. (2012年12月18日). http://f1-gate.com/marussia/f1_17653.html 2012年12月18日閲覧。 
  60. ^ “マルシャ、ティモ・グロックの離脱を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年1月21日). http://f1-gate.com/marussia/f1_17862.html 2013年4月17日閲覧。 
  61. ^ “マルシャ、ルイス・ラジアの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年2月6日). http://f1-gate.com/marussia/f1_18084.html 2013年4月17日閲覧。 
  62. ^ “マルシャ、ルイス・ラジアに代えてジュール・ビアンキの起用を発表”. F1-Gate.com. (2013年3月2日). http://f1-gate.com/marussia/f1_18397.html 2013年4月17日閲覧。 
  63. ^ “キミ・ライコネン、残りのシーズンを欠場”. F1-Gate.com. (2013年11月11日). http://f1-gate.com/raikkonen/f1_21579.html 2013年11月11日閲覧。 
  64. ^ “ロータス、ヘイキ・コバライネンをキミ・ライコネンの代役に起用”. F1-Gate.com. (2013年11月14日). http://f1-gate.com/lotus/f1_21631.html 2013年11月14日閲覧。 
  65. ^ “Press Release World Motor Sport Council 28/09/2012”. (2012年9月28日). http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/wmsc/2012/Pages/wmsc-280912.aspx 2012年9月29日閲覧。 
  66. ^ “ニュージャージーGPの延期が決定、2013年のF1は19戦”. (2012年10月21日). http://f1-gate.com/america_gp/f1_17021.html 2012年10月21日閲覧。 
  67. ^ “2013年F1カレンダー、19戦で確定”. (2013年3月9日). http://f1-gate.com/fia/f1_18502.html 2013年3月9日閲覧。 
  68. ^ “ニュージャージー、2013年からのF1開催を発表”. (2011年10月26日). http://f1-gate.com/america_gp/f1_13357.html 2011年10月26日閲覧。 
  69. ^ “バーニー・エクレストン 「2013年はトルコGP追加もしくは19戦」”. (2013年1月6日). http://f1-gate.com/ecclestone/f1_17744.html 2013年3月9日閲覧。 
  70. ^ “アラン・プロスト 「2013年のF1フランスGP開催は不可能」”. (2012年11月30日). http://f1-gate.com/france_gp/f1_17522.html 2013年3月9日閲覧。 

外部リンク編集