2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団

2016年リオデジャネイロオリンピックの難民選手団は、2016年夏季オリンピックとして8月5日から8月21日までブラジルリオデジャネイロで開催された2016年リオデジャネイロオリンピックにおいて、難民となり母国から出場ができない選手で構成された複数地域の混合チームである。IOCコードROT(Refugee Olympic Team)[1][2]

オリンピックの難民選手団
Olympic flag.svg
五輪旗
IOCコード ROT
2016年リオデジャネイロオリンピック
人員: 選手 10人
旗手: ローズ・ナティケ・ロコニエン
メダル
国別順位: – 位

0

0

0

0
夏季オリンピック難民選手団
2016

目次

概要編集

同難民選手団は全10名で、出自はシリアコンゴ民主共和国エチオピア南スーダンと様々で、内戦や政情不安などで他国に逃れた経緯がある。うち8名はケニアベルギードイツルクセンブルクで暮らす難民だが、柔道に出場したコンゴ民主共和国出身のヨランデ・マビカ選手とポポレ・ミセンガ選手は、ブラジル政府から難民として認められブラジルで暮らす難民である。ブラジルは難民保護政策として母国において迫害の危険がある人々に積極的に「人道ビザ」を発行し、合法的かつ安全にブラジルに入国できる道を開いていた[3]

現地時間8月5日に行われた開会式にて入場したことにより話題を集めた。同6日、アメリカのバラク・オバマ大統領が「初の難民選手団が現れ、どこから参加しても成功できるのだということを世界に証明するだろう」とツイートした[4]。 また非営利団体「THE REFUGEE NATION」の支援により、同じくアムステルダム在住の難民ヨラ・サイードのデザインによる独自の旗も製作し、開催中にリオ周辺で配布された[5]

選手団編集

種目別選手・スタッフ名簿及び成績編集

脚注編集

関連項目編集