2017年アメリカ海兵隊KC-130墜落事故

2017年アメリカ海兵隊KC-130墜落事故(2017ねんアメリカかいへいたいKC-130ついらくじこ)とは、2017年7月10日、午後4時頃にアメリカ合衆国で起きた墜落事故である[2][3]。乗員乗客16名全員が死亡した[4]。事故機はニューバーグにあるスチュワート国際空港に拠点を置く第452海兵隊空中給油輸送飛行隊(VMGR-452)所属のロッキード KC-130T ハーキュリーズだった。機体の残骸はミシシッピ州レフロア郡の大豆農場で発見された。アメリカ海兵隊はテロなどではなく"事故"だと言う声明を発表した[5]

2017年アメリカ海兵隊KC-130墜落事故
Lockheed KC.130T of the U.S. Marine Corps. coded QH at Stuttgart-STR (7822186500).jpg
2012年にドイツシュトゥットガルトで撮影された事故機のKC-130
出来事の概要
日付 2017年7月10日 (2017-07-10)
概要 整備不良による空中分解[1]
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシシッピ州レフロア郡の大豆農場
北緯33度28分23秒 西経90度26分56秒 / 北緯33.473度 西経90.449度 / 33.473; -90.449座標: 北緯33度28分23秒 西経90度26分56秒 / 北緯33.473度 西経90.449度 / 33.473; -90.449
乗客数 7
乗員数 9
負傷者数 0
死者数 16(全員)
生存者数 0
機種 ロッキード KC-130T ハーキュリーズ
運用者 アメリカ合衆国海兵隊の旗 アメリカ海兵隊
機体記号 165000
出発地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ノースカロライナ州チェリー・ポイント海兵隊航空基地
目的地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州エル・セントロ海軍航空基地英語版
テンプレートを表示

また、アメリカにとって、この事故と昨年に起きた2016年ロックハート熱気球墜落事故英語版は、2009年にコルガン・エア3407便が墜落して以来の大事故であり[6]、アメリカ海兵隊にとっても、2005年にイランシコルスキー CH-53E スーパースタリオンヘリコプターが墜落して以来、最悪の事故だった[7]

事故機編集

事故の概要編集

チェリー・ポイント海兵隊航空基地からエル・セントロ海軍航空基地英語版に向かっている際にパイロットが機体の爆発を報告し、高度20,000フィート (6,100 m)で空中分解した[10][11]。その後ミシシッピ州ジャクソンから北へ85マイル (137 km)の地点に墜落。乗員乗客16人全員が死亡した。ブラッディ・ジェームズ准将は事故直後に「巡行高度で飛行中に何かが起きたようだ」と述べている。事故機には武器や弾薬を運んでおり[12]、機体の残骸などが墜落地点から半径5-マイル (8 km)に渡って散乱していた。また消火の為、泡消火薬剤を約4,000米ガロン (15,000 l)ほど使用した[13][14][15]。この事故の目撃者によると、「エンジンから出火していて、フラットスピンしながら急降下していた」と述べている[16]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ News, A. B. C. (2017年7月10日). “Marine Corps plane crashes in Mississippi, fatalities confirmed” [ミシシッピ州でアメリカ海兵隊機が墜落し16人の死亡が確認された] (英語). ABC News. 2017年7月11日閲覧。
  2. ^ DICKSTEIN, COREY (2017年7月12日). “General: Plane developed in air problems that led to fatal crash [空中での機体の問題が致命的な墜落事故に繋がった可能性]” (英語). STARS AND STRIPES. https://www.stripes.com/news/us/general-plane-developed-in-air-problems-that-led-to-fatal-crash-1.477614 2017年7月13日閲覧。 
  3. ^ “KC-130 crash: Plane developed problems high in the air, general says [KC-130墜落事故:機体は巡行高度で大きな問題を抱えていた]” (英語). CBS/AP. (2017年7月12日). http://www.cbsnews.com/news/kc-130-crash-jet-developed-problems-high-in-the-air-general-says/ 2017年7月12日閲覧。 
  4. ^ LeBlanc, Paul (2017年7月10日). “Military plane crashes in Mississippi, 16 dead” [ミシシッピ州で軍用機が墜落し16人が死亡] (英語). CNN. 2017年7月10日閲覧。
  5. ^ Marines, U. S. (2017年7月10日). “A USMC KC-130 mishap occurred the evening of July 10. Further information will be released as available.” [KC-130墜落事故は7月10日の夕方にに発生] (英語). @USMC. 2017年7月11日閲覧。
  6. ^ U.S. Marine Corps plane crashes in Mississippi, killing 16 people” [ミシシッピ州でアメリカ海兵隊機が墜落し、16人が死亡] (英語). BNO News. 2017年7月11日閲覧。
  7. ^ 16 dead in Mississippi in worst Marine crash since 2005” [ミシシッピ州で16人が死亡した事故は2005年の墜落事故以来、最悪の航空事故] (英語). ABC News. The Associated Press. 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ a b Fentress, Ellen Ann, Richard Pérez-Peña and Dave Philipps (2017年7月12日). “Marine Plane Had Emergency at High Altitude, General Says [海兵隊機が高高度で緊急事態に]” (英語). https://www.nytimes.com/2017/07/12/us/mississippi-marine-transport-plane-crash.html 2017年7月12日閲覧。 
  9. ^ Lockheed KC-130T Hercules - Jetphoto”. 2018年2月4日閲覧。
  10. ^ Marine Corps cargo aircraft crashes in Mississippi killing at least 16 crew” [海兵隊機がミシシッピ州で墜落し、16人が死亡] (英語). Washington Post. 2017年7月11日閲覧。
  11. ^ “Military plane crash kills 16 in rural Mississippi [軍用機が墜落、16人死亡]” (英語). The Guardian. (2017年7月11日). https://www.theguardian.com/us-news/2017/jul/11/mississippi-dead-military-plane-crash-kc130 2017年7月11日閲覧。 
  12. ^ McLaughlin, Eliott C. (2017年7月12日). “Engine from Mississippi Marine plane crash found, sheriff says” [軍用機墜落地点からエンジンを発見したと保安官が報告] (英語). CNN. 2018年1月10日閲覧。
  13. ^ Hartley-Parkinson, Richard. “16 dead after military plane carrying weapons explodes mid-air then crashes” [武器を運んでいた軍用機が空中で爆発し墜落] (英語). Metro. Associated Newspapers. 2017年7月11日閲覧。
  14. ^ Mississippi crash: Sixteen dead in Marines Corps plane incident” [ミシシッピ州墜落事故:海兵隊機が墜落し16人が死亡] (英語). BBC News Online. 2017年7月11日閲覧。
  15. ^ Accident description” [事故について] (英語). Aviation Safety Network. 2017年7月16日閲覧。
  16. ^ Marine Crash Inquiry Continues But No Answers Expected Soon” [墜落事故について問い合わせが殺到するが無回答] (英語). www.military.com. 2018年1月9日閲覧。