2017-18シーズンのNCAAディビジョンI男子バスケットボール

NCAAディビジョンI男子バスケットボールの第80シーズン

2017〜18 NCAA Division I男子バスケットボールシーズンは、2017年11月10日に始まる。最初のトーナメントは2Kスポーツクラシックで、2018年4月2日にサンアントニオで開催されたファイナル4でシーズンが終了。 練習は2017年9月29日に公式に開始[1]

ルール変更編集

以下の規則変更は、2017-18 NCAA Division Iの男子バスケットボールシーズンに提案されました。


シーズンの見出し編集

  • 2017年5月9日– ミズーリバレー連盟(MVC)は、バルパライソ大学への招待を7月1日に発効し、当事者間の交渉を継続すると発表しました。

マイルストーンと記録編集

会議のメンバーシップの変更編集

2017-18シーズンの3つの学校が新しいカンファレンスに参加。

学校 元会議 新しい会議
IUPUI サミットリーグ ホライゾンリーグ
バルパライソ ホライズンリーグ ミズーリバレーカンファレンス
ウィチタ州 ミズーリバレーカンファレンス アメリカンアスレチックカンファレンス

アリーナ編集

新しいアリーナ編集

アリーナ閉鎖編集

一時的なアリーナ編集

シーズンの見通し編集

シーズン前の投票編集

レギュラーシーズン編集

アーリーシーズントーナメント編集

会議の勝者とトーナメント編集

ポストシーズン編集

NCAAトーナメント編集

トーナメントの混乱編集

このリストでは、「番狂わせ」とは、負けた相手の7スポット以上をシードしたチームによる勝利として定義されています。

日付 勝者 スコア 敗者 地区 回戦
3月15日 バッファロー(#13) 89–68 アリゾナ(#4) 最初のラウンド
3月16日 UMBC(#16) 74–54 バージニア(#1) 最初のラウンド
3月16日 マーシャル(#13) 81-75 ウィチタ州立(#4) 最初のラウンド
3月17日 ロヨラ・シカゴ(#11) 64-62 テネシー(#3) 第2ラウンド
3月18日 フロリダ州立(#9) 75-70 ザビエル(#1) 西 第2ラウンド
3月18日 シラキュース(#11) 55-53 ミシガン州立(#3) 中西部 第2ラウンド

会議の順位編集

受賞者編集

2018年コンセンサスオールアメリカン編集

コンセンサスファーストチーム
プレーヤー ポジション クラス チーム
ディアンドレ・エイトン PF / C 1年 アリゾナ大学
マービン・バグリー3世 PF 1年 デューク大学
ジェイレン・ブランソン PG 3年 ヴィラノヴァ大学
ディボンテ・グラハム PG 4年 カンザス大学
トレイ・ヤング PG 1年 オクラホマ大学
コンセンサスセカンドチーム
プレーヤー ポジション クラス チーム
ケイタ・ベイツ・ディオプ SF 3年 オハイオ州立大学
トレヴォン・ブルーエット SG 4年 ゼイビア大学
マイルズ・ブリッジス SF 2年 ミシガン州立大学
ジェボン・カーター PG 4年 ウェストバージニア大学
キーナン・エヴァンス PG 4年 テキサス工科大学
ジョック・ランデール C 4年 セントメアリーズ大学

主な年間賞編集

  • ウッデン賞:' ジェイレン・ブランソンヴィラノヴァ大学
  • ネイスミス賞:ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • AP通信の年間最優秀選手:ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • NABCプレイヤーオブザイヤー: ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • オスカー・ロバートソン・トロフィー(USBWA):ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • スポーティングニューズ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー:ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学

主な新入生賞編集

主な年間最優秀コーチ賞編集

  • AP通信コーチ・オブ・ザ・イヤー: トニー・ベネット、バージニア大学
  • ヘンリー・イバ賞(USBWA):トニー・ベネット、バージニア大学
  • NABCコーチ・オブ・ザ・イヤー:トニー・ベネット バージニア大学
  • ネイスミスカレッジコーチ・オブ・ザ・イヤー:トニー・ベネット バージニア大学
  • スポーツニュースコーチ・オブ・ザ・イヤー: ミック・クローニン、シンシナティ大学

その他の主要な賞編集

  • ボブ・クージー賞(ベストポイントガード):ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • ジェリー・ウェスト賞(ベストシューティングガード):カーセン・エドワーズ、パデュー大学
  • ジュリアス・アービング賞(ベストスモールフォワード):ミカル・ブリッジズ、ヴィラノヴァ大学
  • カール・マローン賞(最優秀賞): ディアンドレ・エイトンアリゾナ大学 
  • カリーム・アブドゥル=ジャバー賞(ベストセンター):アンヘル・デルガドセトンホール大学
  • ピートニューウェルビッグマン賞(ベストビッグマン):マービン・バグリー3世デューク大学
  • NABC最優秀守備選手賞:ジェボン・カーター、ウェストバージニア大学
  • ネイスミス最優秀守備選手賞:ジェボン・カーター、ウェストバージニア大学
  • シニアクラス賞(トップシニア):ジェヴォン・カーター、ウェストバージニア大学
  • ロバート・V・ジーシートロフィー(フィラデルフィアビッグ5のトッププレーヤー):ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • Haggerty Award(NYCメトロエリアのトッププレーヤー):シャモリー・ポンズ、セント・ジョンズ大学
  • ベン・ジョブ賞(トップ少数派コーチ):ドンテ・ジャクソン、グランブリング州立大学
  • ヒュー・ダーラム賞(トップミッドメジャーコーチ):ライアン・オドム、UMBC
  • ジム・フェラン賞(トップヘッドコーチ):クリス・ホルトマンオハイオ州立大学
  • レフティ・ドライセル賞(トップディフェンシブプレイヤー):ジェボン・カーター、ウェストバージニア大学
  • ルー・ヘンソン賞(トップミッドメジャープレーヤー): クレイトン・カスター、ロヨラ大学シカゴ校
  • リュート・オルソン賞(新入生または移籍選手のトップ):ジェイレン・ブランソン、ヴィラノヴァ大学
  • スキップ・プロセッサー・マン・オブ・ザ・イヤー(道徳的性格を持つコーチ):
  • アカデミックオールアメリカン・オブ・ザ・イヤー(トップ奨学生):ジェボン・カーター、ウェストバージニア大学
  • エリート90賞(ファイナル4での上位クラスの選手でトップのGPA):マット・ケネディ、ヴィラノバ大学
  • USBWA Most Courageous Award:サム・ダウド、アイダホ州立大学

コーチングの変更編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Calendar moves forward for Midnight Madness” (2013年5月3日). 2020年5月11日閲覧。