メインメニューを開く

2019年5月ホルムズ海峡タンカー攻撃事件

ホルムズ海峡タンカー攻撃事件(ホルムズかいきょうタンカーこうげきじけん)は、2019年5月12日オマーン湾に面したフジャイラ沿岸で4隻の商業船が攻撃された事件。フジャイラ港で給油を受けるためアラブ首長国連邦の領海に停泊していたサウジアラビア船籍のタンカー2隻、ノルウェー船籍のオイルタンカー1隻と、アラブ首長国連邦船籍のバンカー船(給油船)1隻が被害を受けた[1][2][3]。アラブ首長国連邦外務省は、船が「妨害的破壊攻撃」を受けたと発表した[4][3]。アラブ首長国連邦は、米国およびフランスとの共同捜査調査を開始し[5]、予備調査の結果、4隻ともすべて喫水線付近または下部に爆発によるものと見られる直径5から10フィート (1.5から3.0m)の穴が空く損傷を受けたことが確認された[6]

2019年5月ホルムズ海峡タンカー攻撃事件
日付 2019年5月12日 (2019-05-012)
場所 オマーン湾
座標 北緯25度10分18秒 東経56度22分38秒 / 北緯25.17167度 東経56.37722度 / 25.17167; 56.37722座標: 北緯25度10分18秒 東経56度22分38秒 / 北緯25.17167度 東経56.37722度 / 25.17167; 56.37722
種別 リムペットマインによる攻撃
標的

下記船籍の商船:

物的損害 タンカー4隻が損傷[1]
容疑者 イランの旗 イラン (米国による主張。サウジアラビア、イスラエル、イギリスが支持する。イランは否定)

この事件は、ペルシャ湾地域で米国とイランの間の緊張が高まる中で発生したもので、米国当局は攻撃の背後にイランがいるものと推測した。アラブ首長国連邦政府は、まずは調査結果の報告が確定されなければならないと述べ、容疑者の追及については言及しなかった[7]。イラン政府は国際的な調査を求め、事件は偽旗作戦の可能性があると述べた[2][1][8]。アメリカはイラン革命防衛隊(IRGC)が攻撃に「直接の責任」があると非難した[9]。アラブ首長国連邦が主導した国際的調査の結果によると、高速艇に乗ったダイバーによって船体の破壊にリムペットマイン(吸着型水雷)を設置、爆破したもので、洗練された組織的作戦であり、容疑者は「ステート・アクター(state actor、国家側の行為者)」である可能性が最も高いと結論づけている[10][11]。なおこの事件の一か月、2019年6月13日にも同様の事件が発生している。

目次

背景編集

事件は、イランと米国、サウジアラビア間で緊張が高まる最中に起きた。2018年5月8日、アメリカはイランとの包括的共同行動計画から離脱し、イランの核開発計画に対する制裁措置を復活させた[12]。これに対してイランは石油輸出の要衝であるホルムズ海峡を封鎖すると警告し、世界の石油市場に影響を及ぼし得る事態となった[13]。イランに対して実施された新たな制裁の結果、サウジアラビアが石油供給量を維持し続けたため、市場に影響を及ぼさないまま、イランの石油生産量は史上最低を記録した[14]トランプ米大統領はイランと核開発計画について協議することを申し出たが、一方でイランとの軍事衝突の可能性は排除しなかった[15]。イランはトランプ大統領に対し、米国との交渉はないと回答した[16]

2019年5月5日、米国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョン・ボルトンは、諜報機関からイランの米軍攻撃計画について報告を受け、米国がイランに「明確なメッセージを送る」ためにエイブラハム・リンカーン率いる空母打撃群B-52爆撃機4機を配備したと発表した[17][18]。事件の数日前にはイスラエルの諜報機関から米国に対し、イランがサウジアラビア船舶を攻撃する意図があるとの警告があった[19]

事件の前の数日、アメリカ合衆国はイランまたは関連組織が当該地域の海上交通を標的にする可能性があると警告し、そうした脅威の「明確な徴候」に対抗するため海軍を配備した[20]

動機編集

米国務長官マイク・ポンペオはこの事件について、ワシントンのイラン産原油輸出を断ち切ろうとする動きに対しイランが原油価格の引き上げを狙って起こした事件だとの見方を示した[21]。イランはこれを否定し、事件の国際的な調査を呼びかけ、偽旗作戦の可能性について警告した。イランによれば、この事件は軍事的対応を引き起こそうとする「イスラエルの悪戯」である。アメリカ、イラン、サウジアラビア各国は、この地域での軍事紛争への反対を表明している。事件は武装組織フーシによるヤンブーのサウジアラビア石油パイプライン施設攻撃の2日後に発生した。どちらのルートも、サウジアラビアとアラブ首長国連邦が、先のイランによるホルムズ海峡封鎖の脅威を回避してホルムズ海峡を通過せずに石油を輸出するために使用されていた。観測筋によると、どちらの事件もイラン革命防衛隊湾岸協力会議(GCC)諸国に経済的危害を加える意思があるというメッセージと、ホルムズ海峡外での石油取引にも影響を与える能力を示すメッセージを送るために攻撃を指揮したものと見られている[22]

攻撃内容編集

2019年5月12日現地時間の朝、親ヒズボラのニュースチャンネル、アル・マヤディーン Al Mayadeen は、7隻の石油タンカーがフジャイラ港での爆発に巻き込まれたと誤って報道した。このニュース報道はすぐにイランのPRESS TV等のメディアに取り上げられた。アラブ首長国連邦はフジャイラ港の爆発を否定し、港は引き続き正常に機能していると述べた。アラブ首長国連邦外務・国際協力省は後に、アラブ首長国連邦の領海外、フジャイラ港沖に停泊中の船舶4隻が「妨害的攻撃」の対象とされたという声明を発表した[23]

1隻がアラブ首長国連邦国旗、もう1隻がノルウェー国旗を掲げていた他、サウジの原油タンカー2隻も攻撃対象となった。攻撃による死傷者はなく、原油や化学物質の流出もなかった[24]。 サウジアラビアのエネルギー産業鉱物資源大臣兼サウジアラムコ会長のハーリド・アブドゥルアズィーズ・アル=ファーリハは、被害を受けた船のうち2隻がサウジアラビア所有の石油タンカーであるとし、「2隻の船のうちの1隻はラアス・タンヌーラ (Ras Tanura 港からサウジ産の原油を積み込み、米国のサウジアラムコの顧客に向けて輸送する予定だった」と述べた[1]。後に4隻はサウジ船籍の「Almarzoqah」と「Amjad」、UAE船籍の「A. Michel」、ノルウェー船籍の「Andrea Victory」であることが判明した[25]

ノルウェー船の所有会社Thome Ship Management は、フジャイラ沖に停泊中の船が「喫水線上の未知の物体による攻撃だった襲われた」と発表した[1]

予備調査結果編集

 
2019年6月6日にノルウェー・サウジアラビア・アラブ首長国連邦が国際連合安全保障理事会に提出した攻撃調査結果に関する合同声明文。

アラブ首長国連邦は、損害の原因究明するための調査の立ち上げについて、米国に援助を求めた。調査結果によると、すべての船において喫水線の近くまたは下に5から10フィート (1.5から3.0m) の穴がおそらくは爆薬物によるものである可能性が高いとされた。初期調査において爆風の程度を査定した米軍チームは、攻撃はイランまたはイランが支援する組織により引き起こされたものと非難した[26]。米国は中東の船舶を標的とした妨害行為であるとして、商業船へ新たに警告を出した[27]

アラブ首長国連邦は、この事件は「現地組織と国際機関とが協力して」調査されると繰り返し述べた[3][2][4]。この事件は、中東でアメリカとイランの間の緊張が高まる最中に発生した[3]。 米国防総省は当地域に空母、パトリオットミサイル部隊およびB-52爆撃機部隊を派遣した[3][2]。フランス、ノルウェー、サウジアラビアも被害の原因究明に加わった[28]。アラブ首長国連邦は、タンカー攻撃への共同調査が公平性を保証すると述べた[29]

ノルウェーの保険会社の報告書では、イランのイスラム革命防衛隊(IRGC)が攻撃を支援した可能性が「非常に高い」と結論付けた[30]

米統合参謀事務局長であるマイケル・ギルデイ  (Michael M. Gilday 海軍中将は、米国の諜報機関の結論ではイラン革命防衛隊に攻撃「直接の責任」があると発表し、「これはイランの最高指導者に起因するものだ。私が言及したすべての攻撃はイラン軍とその代理武装勢力を含めイランに原因があると確信している」と述べた[9]

国際的調査はアラブ首長国連邦が主導によって行われた。2019年6月6日にサウジアラビアとノルウェーとの共同声明としてUAE国連代表が国連安全保障理事会(UNSC)に提出した国際調査の予備調査結果は、4隻のタンカーへの攻撃は「洗練され組織的な作戦の一環」とされた[31]。調査では4隻の損傷程度を評価、破片の化学分析を行い、リムペットマイン(吸着型水雷)が攻撃に使用された可能性が「非常に高い」と結論付けた。声明によると「リムペットマインは高速艇に乗ったダイバーによって船舶に設置された可能性が最も高いとみられる」とした。入手可能なレーダーデータと攻撃前の停泊時間に基づいて分析が行われ、調査の結果、リムペットマインは船を沈没させたり貨物を爆発させたりしない程度に船にダメージを与えるよう調整されたものであったと判断されました。国連安全保障理事会に提出された声明は、4隻への攻撃は「洗練され組織的な作戦の一環で、大規模な作戦能力のある主体、十中八九国家によるものである可能性が高い」と結論付けた[10][11][31]

影響編集

経済面編集

事件後、原油価格は1バレル当たり1ドル以上上昇した。サウジアラビアのハーリド・アル=ファーリハ・エネルギー相は、事件はサウジアラビアの石油タンカー1隻がサウジアラムコ社の米国顧客に向けて輸送中に発生し、爆発によって船の構造に深刻な被害を受けたと述べた[2]。また、ドバイアブダビの株式市場は2019年度最大の下げ幅となり、ドバイ市場の株価は4%の下落、サウジアラビア市場は3.6%の下落となった[2]

連邦海事局(MARAD)は、アラブ首長国連邦に停泊中のすべての船に「妨害行為」のため離岸するよう警告を発し[32]、「少なくとも翌週までは」注意を払うよう呼びかけた[33]

イラン・アメリカ関係編集

2019年5月15日、アメリカ合衆国国務省は、バグダッドの米国大使館と在アルビール米領事館の緊急事態対応関係者と要職者を除く職員全員に対し、ペルシャ湾におけるイランとアメリカの緊張が高まりがあるためイラクを離れるよう命令した[34][35]。ドイツとオランダはイラクでの軍事訓練が停止したが、理由のひとつにイランとの緊張の高まりも挙げられている[34]

各国の反応編集

アラブ連盟事務総長アフマド・アブルゲイトは声明でこれらの行為は「海上輸送ルートと貿易の自由と完全性に対する深刻な侵害である」と述べ、アラブ連盟はアラブ首長国連邦とサウジアラビアの側に立ち「その安全と利益を保護するためいかなる手段もとる」とした[36]

ノルウェー、サウジアラビア、アラブ首長国連邦はUNSCに共同声明を提出し、中東の商業船が標的となっていることを告知した[37]。2019年6月6日、アラブ首長国連邦がサウジアラビアとノルウェーと共にUNSCに提出した共同声明は、「ステート・アクター(国家主体)」が「攻撃犯である可能性が高い」と結論付けた国際調査の結果を伝えたが、加害の疑いのある国名には言及しなかった[38]。イランのザリーフ外相は6月6日の国連安全保障理事会とサウジアラビア、ノルウェーとアラブ首長国連邦との会合を非難し、Twitterでイスラエル諜報特務庁(モサド)が「イランが妨害行為へ関与したとする情報を作り出した」と非難した[39]

アラブ首長国連邦のアンワル・ガルガーシュ  (Anwar Gargash 外務担当国務相は、UAEは緊張が高まる中でも「状況の非拡大化に取り組んでいる」とし、「我々は銃に飛びつくようなことはしない。我々は非難ではなく注意を喚起することが必要だ。これまでも常に自制してきたし、これからもそうする」だが近年のペルシャ湾岸地域における緊張の高まりについての「イランの振る舞い」を非難した[40]。アラブ首長国連邦は、攻撃事件の被疑者名をあげていない。アラブ首長国連邦外相アブダッラー・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン  (Abdullah bin Zayed Al Nahyanは、調査で得られた証拠からタンカー攻撃は「国家の支援を受けた」ものであり、証拠は国連安保理に提出済みであると述べた[41]

妨害攻撃のニュースを受け、ドナルド・トランプ米大統領はイランにとって「悪い事態 (bad problem)」になると脅した。「bad problem」とは何を意味するのかを尋ねられたトランプは「自分で分かるはずだ。彼らは私が言っている意味を分かっている」と答えている[42]。米国家安全保障問題担当大統領補佐官ジョン・ボルトンもイランはアラブ首長国連邦沖の船舶への最近の攻撃で重要な役割を果たしていると非難し、在アブダビ米国大使館でのブリーフィングでジャーナリストに対してイランは「ほぼ確実に」攻撃の責任を負っていると語り、「他に誰がやると思う?ネパール人がやったとでも?」などと語った[43]。イランはすぐにその疑いを退け、イラン外務省のスポークスマンも「ばかげている」としてボルトンを「戦争挑発屋」と呼んだ[44]

イランは、海上交通を標的にするという考えを「ナンセンスだ」とし、事件の全面的な調査を求めた[20]。イランは議会広報を通してタンカーへの攻撃を「イスラエルの悪事」と呼んだ。イランは声明でこれ以上の言及をしなかったが、イランはこれがイラン政府の結論であると述べた[45]

同時期にイランが協力しているとされる武装組織フーシによってイエメンの石油パイプラインを攻撃されていたサウジアラビアは、湾岸協力会議(GCC)とアラブ連盟の指導者たちによる緊急会合を開き地域の安全保障と近年の「武力侵攻とその結果」について協議した。アーディル・アル・ジュベイル (Adel al-Jubeir国務大臣は、サウジアラビアは戦争を回避するために最善を尽くしているが、一方であらゆる脅威から国を守る準備は出来ていると述べた。サウジアラビアはイランがこの地域を不安定化させていると非難し、国際社会に対してイランのそうした行為を止める責任があると訴えた[46]。湾岸協力会議とアラブ連盟諸国はメッカで3回の首脳会談を開き、イランに近隣諸国への「内政干渉」を止めるよう求め、テヘランによる「海上安全保障に対する脅威」を非難した。イランはこの主張を「根拠がない」と批判し、サウジアラビアは「アメリカとシオニストたち」の計画を推進していると非難した[47][48]。ノルウェー、サウジアラビアとアラブ首長国連邦による国連安全保障理事会への共同声明の後、サウジアラビアのムアリミ (Abdallah Al-Mouallimi) 国連大使は、「この行動の責任はイランの双肩にかかっている。我々はこの声明を出すのをためらうことはない。」と述べた[38]

イギリス外務省も攻撃事件を指揮したとしてイランを非難する声明を発表し、「フジャイラ港沖で4隻の石油タンカーが攻撃された5月12日の事件について、アラブ首長国連邦主導の調査では洗練されたステート・アクター(国家主体)により実行されたと結論付けられている。我々はイランがその攻撃に責任を負うと確信している」と述べた。さらに翌6月に発生したタンカー攻撃事件について独自評価した声明も発表し「イラン軍の一部、イラン革命防衛隊が6月13日に2隻のタンカーを攻撃したのはほぼ確実だ。他に攻撃に責任を負う国家・非国家主体はみあたらない」と結論付けた[49][50]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f “Oil tankers 'sabotaged' amid tensions”. (2019年5月13日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-48245204 2019年5月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f El Gamal, Rania; Sharafedin, Bozorgmehr (2019年5月13日). “Saudi oil tankers among those attacked off UAE amid Iran tensions”. Reuters. reuters.com. https://www.reuters.com/article/us-saudi-oil-tankers-fujairah/saudi-arabia-says-its-oil-tankers-among-those-hit-off-uae-coast-idUSKCN1SJ088 2019年5月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e Sly, Liz (2019年5月13日). “Two Saudi oil tankers, Norwegian ship apparently attacked near the Persian Gulf amid rising Iran tensions”. The Washington Post. washingtonpost.com. https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/two-saudi-oil-tankers-attacked-in-the-persian-gulf-amid-rising-iran-tensions/2019/05/13/c8907108-755e-11e9-bd25-c989555e7766_story.html 2019年5月16日閲覧。 
  4. ^ a b Gambrell, Jon (2019年5月12日). “UAE says 4 ships targeted by 'sabotage' off its east coast”. AP NEWS. https://www.apnews.com/f8ed00420d42476292a106d26d33ede9 2019年5月14日閲覧。 
  5. ^ “Gargash: Probe into sabotage of ships near Fujairah coast will be complete in days”. Gulf News. (2019年5月16日). https://gulfnews.com/uae/government/gargash-probe-into-sabotage-of-ships-near-fujairah-coast-will-be-complete-in-days-1.1557942256841 2019年5月18日閲覧。 
  6. ^ “First assessment blames Iran for Middle East ship explosions, official says”. Fox News. (2019年5月13日). https://www.foxnews.com/world/iran-middle-east-ship-explosions-assessment 2019年5月18日閲覧。 
  7. ^ “UAE's Anwar Gargash urges restraint in the region during 'a very brittle situation'”. The National. (2019年5月15日). https://www.thenational.ae/world/gcc/uae-s-anwar-gargash-urges-restraint-in-the-region-during-a-very-brittle-situation-1.861981 2019年5月18日閲覧。 
  8. ^ Archived copy”. 2019年5月18日閲覧。
  9. ^ a b “Iran directly behind tanker attacks off UAE coast, US says”. Gulf news. (2019年5月25日). https://gulfnews.com/world/mena/iran-directly-behind-tanker-attacks-off-uae-coast-us-says-1.64179304 
  10. ^ a b Roth, Richard (2019年6月7日). “Initial findings on Gulf tanker attacks point to a 'state actor' but Iran not mentioned by name”. CNN. https://www.cnn.com/2019/06/06/middleeast/uae-saudi-oil-tankers-intl/index.html 
  11. ^ a b Karam, Joyce (2019年6月7日). “'State actor' likely to blame in Fujairah tanker attacks, report says”. The National. https://www.thenational.ae/world/mena/state-actor-likely-to-blame-in-fujairah-tanker-attacks-report-says-1.871530 
  12. ^ “Trump Withdraws U.S. From 'One-Sided' Iran Nuclear Deal”. The New York Times. (2018年5月8日). https://www.nytimes.com/2018/05/08/world/middleeast/trump-iran-nuclear-deal.html 2018年5月8日閲覧。 
  13. ^ Iran threatens to block Strait of Hormuz over US oil sanctions
  14. ^ “Iran's Oil Production Has Hit Historic Lows As Saudis Take Market Share”. Radio Farda. (2019年6月4日). https://en.radiofarda.com/a/iran-s-oil-production-has-hit-historic-lows-as-saudis-take-market-share/29981437.html 
  15. ^ Toosi, Nahal (2019年5月9日). “Trump to Iran: Call me, maybe”. Politco. https://www.politico.com/story/2019/05/09/trump-to-iran-call-me-maybe-1315747 
  16. ^ “After Trump invite, Iran commander says: No talks with US”. Associated Press. (2019年5月10日). https://www.apnews.com/2c52085b08354fcd80fe38402a42e50f 
  17. ^ “Bolton: U.S. sending Navy strike group to Iran to send "clear message"”. Axios. (2019年5月6日). https://www.axios.com/us-navy-deploys-strike-group-to-iran-bolton-1e5b9298-f807-4db2-a4e7-ddd9f308db36.html 
  18. ^ “Israel passed White House intelligence on possible Iran plot”. Axios. (2019年5月6日). https://www.axios.com/israel-warned-trump-of-possible-iran-plot-bolton-34f25563-c3f3-41ee-a653-9d96b4541984.html 
  19. ^ “Claim of Attacks on 4 Oil Vessels Raises Tensions in Middle East”. The New York Times. (2019年5月13日). https://www.nytimes.com/2019/05/13/world/middleeast/saudi-arabia-oil-tanker-sabotage.html 
  20. ^ a b “US 'blames Iran' for damaged tankers”. BBC. (2019年5月14日). https://www.bbc.com/news/world-middle-east-48264499 2019年5月14日閲覧。 
  21. ^ “UAE to present findings of tanker attacks' probe to UN”. France 24. (2019年6月6日). https://www.france24.com/en/20190606-uae-present-findings-tanker-attacks-probe-un 
  22. ^ “A Saudi Pipeline Attack Amps Up Suspicions on the Arabian Peninsula”. Stratfor Worldview. (2019年5月14日). https://worldview.stratfor.com/article/saudi-pipeline-attack-amps-suspicions-arabian-peninsula-iran-houthis-oil-sanctions 
  23. ^ “Lebanon-Based Media Claims Blasts Rock Fujairah Port, UAE Officials Deny Reports”. Sputnik News. (2019年5月12日). https://sputniknews.com/middleeast/201905121074933103-uae-port-explosions-oil-tankers-fujairah/ 2019年5月15日閲覧。 
  24. ^ “Four ships targeted in mystery "sabotage attack," says UAE”. CNN. (2019年5月13日). https://edition.cnn.com/2019/05/12/middleeast/uae-cargo-ship-sabotage-intl/index.html 2019年5月18日閲覧。 
  25. ^ Robertson, Nic (2019年5月15日). “Questions swirl over 'sabotage attack' as Iran tensions ratchet up”. CNN. https://www.cnn.com/2019/05/15/middleeast/sabotage-attack-analysis-intl/index.html 2019年5月15日閲覧。 
  26. ^ “First assessment blames Iran for Middle East ship explosions, official says”. Fox News. (2019年5月13日). https://www.foxnews.com/world/iran-middle-east-ship-explosions-assessment 2019年5月18日閲覧。 
  27. ^ “US issues new warning to ships after ‘sabotage’ off UAE”. The Hindu. (2019年5月13日). https://www.thehindu.com/news/international/us-issues-new-warning-to-ships-after-sabotage-off-uae/article27113808.ece 
  28. ^ “Norway to assist UAE investigation into Fujairah oil tanker incident”. The National. (2019年5月15日). https://www.thenational.ae/uae/norway-to-assist-uae-investigation-into-fujairah-oil-tanker-incident-1.861913 
  29. ^ “UAE says joint probe into tanker attack ensures impartiality”. Reuters. (2019年5月22日). https://www.reuters.com/article/us-saudi-oil-emirates-tanker/uae-says-joint-probe-into-tanker-attack-ensures-impartiality-idUSKCN1SS1AH 
  30. ^ “Exclusive: Insurer says Iran's Guards likely to have organized tanker attacks”. Reuters. (2019年5月17日). https://www.reuters.com/article/us-usa-iran-oil-tankers-exclusive/exclusive-insurer-says-irans-guards-likely-to-have-organized-tanker-attacks-idUSKCN1SN1P7 
  31. ^ a b タンカー攻撃「国家が実行」=イラン関与の証拠は示さず-予備調査結果」『時事ドットコム』、2019年6月7日。2019年7月12日閲覧。
  32. ^ “The Latest: Norwegian tanker's hull punctured off UAE coast”. AP NEWS. (2019年5月13日). https://www.apnews.com/b571ec62b9f64e65ad33eda04e390aa9 2019年5月14日閲覧。 
  33. ^ O'Connor, Tom (2019年5月13日). “U.S. and Iran respond to attack that raises fears of conflict near the world's top oil route”. Newsweek. https://www.newsweek.com/us-iran-attack-fear-conflict-oil-1424075 2019年5月14日閲覧。 
  34. ^ a b Davison, John; Hosenball, Mark (2019年5月15日). “U.S. pulls staff from Iraq, says Iran gave 'blessing' for tanker attacks”. reuters. reuters.com. https://www.reuters.com/article/us-usa-iran-iraq-embassy/u-s-pulls-some-government-employees-from-iraq-idUSKCN1SL0SX 2019年5月16日閲覧。 
  35. ^ “The Latest: UAE diplomat says coalition will retaliate”. APnews. apnews.com. (2019年5月14日). https://www.apnews.com/c61546f081e842f6b5d944ed20a204bc 2019年5月16日閲覧。 
  36. ^ “Arab League condemns attacks on Saudi tankers”. Israel Hayom. (2019年5月13日). https://www.israelhayom.com/2019/05/13/saudi-arabia-says-2-oil-tankers-significantly-damaged-by-sabotage/ 2019年5月14日閲覧。 
  37. ^ “UAE, Saudi and Norway notify UN of attacks on oil tankers”. Khaleej Times. (2019年5月17日). https://www.khaleejtimes.com/region/mena/uae-saudi-and-norway-notify-un-of-attacks-on-oil-tankers-12 
  38. ^ a b “Oil tanker sabotage likely the work of 'state actor,' investigation concludes”. NBC News. (2019年6月7日). https://www.nbcnews.com/news/world/oil-tanker-sabotage-likely-work-state-actor-investigation-concludes-n1014951 
  39. ^ “Iran says Mossad ‘fabricating intelligence’ on oil tanker attacks”. Al-Monitor. (2019年6月6日). https://www.al-monitor.com/pulse/originals/2019/06/iran-uae-fujairah-oil-tankers-sabotage-zarif-mossad-unsc.html 
  40. ^ “UAE says 'committed to de-escalation' after ship sabotage attacks”. Arabian Business. (2019年5月15日). https://www.arabianbusiness.com/politics-economics/420061-uae-says-committed-to-de-escalation-after-ship-attacks 
  41. ^ “United Arab Emirates Diplomat Says Evidence Shows Tanker Attacks Were 'State-Sponsored'”. Time. (2019年6月15日). https://time.com/5607733/uae-tanker-attack-state-sponsored/ 
  42. ^ “'They're not going to be happy.' Trump threatens Iran over reports of sabotaged oil tankers”. USA Today. (2019年5月13日). https://www.usatoday.com/story/news/politics/2019/05/13/donald-trump-threatens-iran-after-oil-tankers-sabotaged-persian-gulf/1191755001/ 
  43. ^ “Bolton says Iranian mines likely used in UAE oil-tanker attacks”. Al Jazeera. (2019年5月29日). オリジナルの2019年5月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20190530083525/https://www.aljazeera.com/news/2019/05/bolton-iranian-mines-uae-oil-tanker-attacks-190529062914984.html 2019年6月16日閲覧。 
  44. ^ “Bolton Says Iran Is Likely Responsible for Oil Tanker Attacks”. The New York Times. (2019年5月29日). https://www.nytimes.com/2019/05/29/world/middleeast/iran-bolton-attacks.html 
  45. ^ “Iran calls recent tanker attacks in UAE nothing but ‘Israeli mischief’”. Russia Today. (2019年5月14日). https://www.rt.com/news/459308-uae-tanker-sabotage-israeli-mischief/ 
  46. ^ “Saudi Arabia seeks to avert war in the region: Saudi minister Adel Al Jubeir”. Gulf News. (2019年5月19日). https://gulfnews.com/world/gulf/saudi-arabia-seeks-to-avert-war-in-the-region-saudi-minister-adel-al-jubeir-1.1558214878635 
  47. ^ “Saudi Arabia united the Arab world against Iran. That means conflict could be one step close”. CNN. (2019年5月31日). https://www.cnn.com/2019/05/31/middleeast/saudi-arabia-iran-summit-mecca-intl/index.html 
  48. ^ “The Myth of a “unified Gulf”; Qatar strikes back”. Global Village Space. (2019年6月3日). https://www.globalvillagespace.com/the-myth-of-a-unified-gulf-qatar-strikes-back/ 
  49. ^ “The Latest: Arab League chief tells Iranians to ‘be careful’”. Associated Press. (2019年6月14日). https://www.apnews.com/7ef011f352ac4fc38fca04922c226c84 
  50. ^ “Gulf of Oman attacks: UK statement”. British Foreign & Commonwealth Office and The Rt Hon Jeremy Hunt MP. (2019年6月14日). https://www.gov.uk/government/news/gulf-of-oman-attacks-uk-statement