2022年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ

2022年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ(FIBA Women's Basketball World Cup 2022)は、オーストラリアシドニー2022年9月22日から10月1日に開催された[1]

2022年FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ
第19回FIBA女子バスケットボール・ワールドカップ
概要
開催国 オーストラリアの旗 オーストラリア
期間 9月22日 - 10月1日
参加チーム 12
会場 2会場 (1都市)
2018
2026 >

競技会場 編集

シドニーの2つの会場で開催される。

シドニー
シドニー・スーパードーム ステートスポーツセンター
キャパシティ: 21,032 キャパシティ: 5,006
   

予選 編集

オーストラリアは開催国枠で出場権を獲得。東京オリンピック優勝のアメリカも出場権を獲得。他の出場国はFIBA世界予選大会で決定する。世界予選大会は大陸選手権の上位チーム計16チームが出場して4会場で開催され[2]、本大会は12チームが出場する。

  • 2021年FIBA女子アフロバスケット - 2チーム
  • 2021年FIBA女子アメリカップ - 4チーム
  • 2021年FIBA女子アジアカップ - 4チーム (本大会開催国オーストラリアを含む)
  • 2021年FIBA女子ユーロバスケット - 6チーム

ワシントンDCで行われたワールドカップ予選ではロシアが出場権を獲得していたが、FIBAは2022年2月にロシアがウクライナに侵攻したことを受け、ロシアの参加を認めず代わりにプエルトリコが出場することを決定した。またベオグラードで行われたワールドカップ予選でナイジェリアが出場権を獲得したが同国バスケットボール連盟の会長選出をめぐるの混乱により棄権し代わりにマリが出場することが決定した。

予選会 開催地 開催日 出場枠 出場国
開催国 1   オーストラリア
東京オリンピック   東京 2021年7月26日 - 8月8日 1   アメリカ
世界予選大会   ベオグラード 2022年2月10日 - 13日 2   セルビア
  韓国
3   中華人民共和国
  フランス
  ナイジェリア  マリ
  大阪市 3   ボスニア・ヘルツェゴビナ
  カナダ
  日本
  ワシントンDC 2   ベルギー
  ロシア  プエルトリコ

組み合わせ 編集

本大会の組み合わせ抽選は3月3日にシドニーで開催[3][4]

Pot 1
Team Pos
  アメリカ 1
  オーストラリア 3
  カナダ 4
  ベルギー 5
  フランス 6
  中華人民共和国 7
Pot 2
Team Pos
  日本 8
  セルビア 10
  韓国 13
  プエルトリコ 17
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 26
  マリ 37

グループA 編集

チーム 出場権
1   アメリカ 5 5 0 536 305 +231 10 ノックアウトステージ
2   中華人民共和国 5 4 1 444 287 +157 9
3   ベルギー 5 3 2 364 349 +15 8
4   プエルトリコ 5 2 3 341 400 −59 7
5   韓国 5 1 4 346 494 −148 6
6   ボスニア・ヘルツェゴビナ 5 0 5 289 485 −196 5
出典: FIBA
順位の決定基準: 1) Points; 2) Head-to-head results; 3) Points difference; 4) Points scored.
22 September 2022
ボスニア・ヘルツェゴビナ   58–82   プエルトリコ
アメリカ   87–72   ベルギー
韓国   44–107   中華人民共和国
23 September 2022
プエルトリコ   42–106   アメリカ
ベルギー   84–61   韓国
中華人民共和国   98–51   ボスニア・ヘルツェゴビナ
24 September 2022
アメリカ   77–63   中華人民共和国
ボスニア・ヘルツェゴビナ   66–99   韓国
プエルトリコ   65–68   ベルギー
26 September 2022
ベルギー   85–55   ボスニア・ヘルツェゴビナ
韓国   69–145   アメリカ
中華人民共和国   95–60   プエルトリコ
27 September 2022
プエルトリコ   92–73   韓国
中華人民共和国   81–55   ベルギー
アメリカ   121–59   ボスニア・ヘルツェゴビナ

グループB 編集

チーム 出場権
1   オーストラリア (H) 5 4 1 390 308 +82 9 ノックアウトステージ
2   カナダ 5 4 1 356 301 +55 9
3   セルビア 5 3 2 332 330 +2 8
4   フランス 5 3 2 318 296 +22 8
5   日本 5 1 4 316 333 −17 6
6   マリ 5 0 5 306 450 −144 5
最終更新は26 September 2022の試合終了時. 出典: FIBA
順位の決定基準: 1) Points; 2) Head-to-head results; 3) Points difference; 4) Points scored.
(H) 開催地.
22 September 2022
カナダ   67–60   セルビア
日本   89–56   マリ
オーストラリア   57–70   フランス
23 September 2022
セルビア   69–64   日本
フランス   45–59   カナダ
マリ   58–118   オーストラリア
25 September 2022
マリ   59–74   フランス
オーストラリア   69–54   セルビア
日本   56–70   カナダ
26 September 2022
セルビア   81–68   マリ
フランス   67–53   日本
カナダ   72–75   オーストラリア
27 September 2022
マリ   65–88   カナダ
セルビア   68–62   フランス
オーストラリア   71–54   日本

ノックアウトステージ 編集

 
準々決勝準決勝決勝
 
          
 
29 September
 
 
  ベルギー69
 
30 September
 
  オーストラリア86
 
  オーストラリア59
 
29 September
 
  中華人民共和国61
 
  中華人民共和国85
 
10月1日
 
  フランス71
 
  中華人民共和国61
 
29 September
 
  アメリカ83
 
  プエルトリコ60
 
30 September
 
  カナダ79
 
  カナダ43
 
29 September
 
  アメリカ83
 
  アメリカ88
 
 
  セルビア55
 

決勝 編集

1 October 2022
16:00
中華人民共和国   61–83   アメリカ
クォーター・スコア: 13–18, 20–25, 14–25, 14–15
Pts: Li Yue. 19
Rebs: Li Yue. 12
Asts: Yang 4
Pts: Wilson 19
Rebs: Thomas 9
Asts: Gray 8
シドニー・スーパードーム, Sydney
審判員: Gatis Saliņš (LAT), Julio Anaya (PAN), Wojciech Liszka (POL)

脚注 編集

外部リンク 編集