メインメニューを開く

26世紀青年』(にじゅうろくせいきせいねん、原題・: Idiocracy[注釈 1])は、2006年アメリカ合衆国マイク・ジャッジ監督により製作されたブラック・コメディ。日本では劇場未公開で、2008年12月1日20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンがDVDで販売。日本でのキャッチコピーは「『20世紀少年』×『WALL・E』÷2=『26世紀青年』!?」。

26世紀青年
Idiocracy
監督 マイク・ジャッジ
脚本 マイク・ジャッジ
イータン・コーエン
製作 マイク・ジャッジ
エリーサ・コプロヴィッツ
撮影 ティム・サーステッド
編集 デヴィッド・レニー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年9月1日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $444,093[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

2005年、アメリカ陸軍は極秘裏に人間の冬眠実験を開始する。実験体に選ばれたのは平均的な能力を持った軍人ジョー・バウアーズと売春婦のリタ。1年間の計画だったが、極秘実験の責任者がリタの彼氏の売春組織との癒着が発覚して麻薬不法所持と売春あっせん容疑で逮捕されたため忘れ去られ、二人は500年後の未来に目覚めることになった。500年の間、賢い者が極端なK戦略をとって子作りを控える一方で知能の低い人間が極端なr戦略をとって野放図に子供を作り続けた結果、平均IQが低下し堕落した社会となっていた。ゴミがひたすら積み上げられ、砂嵐が吹き荒れ、農作物は育たず、水の代わりにスポーツドリンクが供給されていた。元の時代に戻るためにタイムマシンを探すジョーは、周囲から馬鹿にされたり刑務所に収監されたりしながらも、この世界の生きている人間の中で一番のインテリであったため、内務長官に任命され、農作物の復活と砂嵐を止めさせられる羽目になる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

反応編集

この作品は2005年に制作が終わっていたが、公開を1年以上塩漬けにし、批評家向けの上映がなされず、スタジオの宣伝もなされず、全米では130の映画館でのみ上映された。(この理由について、映画で描かれる未来人たちが、FOXニュースのメインターゲットであるプアホワイトであり、それを笑いのネタにしていたために配慮したからではないかといわれている[2]。)そういった状況にも関わらず、Rotten Tomatoesでは概ね好評であった[3]。また、ドナルド・トランプが大統領に当選した際に、この映画が予言したなどと言われ、注目が集まった[2]。これについてマイク・ジャッジはインタビューで「僕は預言者なんかじゃないよ。だって予言の時期を490年も外しちゃったんだからね」と答えた[2]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ Idiot(馬鹿の意)とDemocracy(民主主義の意)のかばん語

出典編集

  1. ^ Idiocracy”. Box Office Mojo. 2007年2月2日閲覧。
  2. ^ a b c 本当は面白い!アメリカンコメディ 26世紀青年.2018年3月16日閲覧。
  3. ^ Idiocracy Rotten Tomatoes. Retrieved 2007-09-26.

関連項目編集

外部リンク編集