4374四千三百七十四、よんせんさんびゃくななじゅうよん)は、自然数また整数において、4373の次で4375の前の数である。

4373 4374 4375
素因数分解 2×37
二進法 1000100010110
六進法 32130
八進法 10426
十二進法 2646
十六進法 1116
二十進法 AIE
ローマ数字 IVCCCLXXIV
漢数字 四千三百七十四
大字 四千参百七拾四
算木 Counting rod h4.pngCounting rod v3.pngCounting rod h7 num.pngCounting rod v4.png

性質編集

  • 合成数であり、約数1, 2, 3, 6, 9, 18, 27, 54, 81, 162, 243, 486, 729, 1458, 2187, 4374である。
  • 4374 + 1 = 4375 = 54 × 7
    • n > 4374 ならば、 n, n + 1 のいずれかは7より大きな素因数をもつ。つまり、(4374, 4375) は7以下の素因数からなる隣接した数の組の中で最大のものである (Størmer, 1897)。1つ前は2400。(オンライン整数列大辞典の数列 A085153)
  • 43742 + 1 = 19131877 であり、n2 + 1 の形で素数を生む421番目の数である。1つ前は4370、次は4384。
  • 810番目のハーシャッド数である。1つ前は4368、次は4378。
    • ハーシャッド数となる割った商がまたハーシャッド数になる42番目の数である。1つ前は3402、次は5832
(例.4374 ÷ 18 = 243 → 243 ÷ 9 = 27 → 27 ÷ 9 = 3 → 3 ÷ 3 = 1)
  • 約数の和が4374になる数は1個ある。(4373) 約数の和1個で表せる644番目の数である。1つ前は4364、次は4376。
  • 各位の和が18になる284番目の数である。1つ前は4365、次は4383。
  • 2 × 37

その他 4374 に関連すること編集

関連項目編集