501部隊(501ぶたい、英語: 501st Legion)はスター・ウォーズコスプレ団体である[2]。 彼らは帝国軍のストームトルーパーの鎧、シス卿クローントルーパーバウンティーハンターその他のスター・ウォーズに出てくる悪役にそっくりなレプリカを作り、着ることに心血を注いでいるファンによって構成されている。501部隊はヴェイダー卿の拳と呼ばれ、すべてボランティアで構成されている[3]

501部隊
設立 1997年8月
設立者 アルビン・ジョンソン、トム・クルーズ
種類 非営利組織
貢献地域 世界中
会員数
14,100+[1]
重要人物 ジャスティンソンフィールド, 軍団指揮官
ウェブサイト http://www.501st.com/
テンプレートを表示
2007年、ジョージ・ルーカスと一緒に記念撮影する501部隊メンバー。

1997年、アルビン・ジョンソンとトム・クルーズによって南カルフォルニアで結成された。部隊は6大陸で活動しており、60か国以上に「駐屯地」や「植民地」として知られている地域ユニットがある[4]。部隊は公式、非公式を問わずさまざまな販促イベントやチャリティイベントに参加している[5]ウォルト・ディズニー・カンパニールーカスフィルムと正式に提携しているわけではないが、公式シリーズの『マンダロリアン』のエキストラとして出演した[6]

活動編集

501部隊は自分たちが同じ隊であるという共通認識のもと世界中のコスチューム愛好家を集めることを目的として結成された、構成員全員がボランティアである組織である。 501部隊は質の高いコスチュームの制作と着用を通してスターウォーズへの関心を高め、スターウォーズ関連のイベントでそれらのコスチュームの使用を促し、そしてコスチュームを着てチャリティーやボランティアに参加することを通して地域コミュニティに貢献することを目的としている[7]

歴史編集

 
2016年にトロントで開催されたファン・エキスポ・カナダでの501部隊。

1997年、アルビン・ジョンソンとトム・クルーズによってサウスカロライナ州で組織された[8]。2人がストームトルーパーの格好で映画館に行き、写真をインターネットでシェアしていたところ、同じようなことをしたいと考えるファン仲間が増えたためにストームトルーパーの部隊を真似たファンクラブを作ることになったという[8]。2010年には5000人以上のメンバーが所属しており、24%が女性であった[9]。2015年時点で8200人以上のメンバーを抱えるようになった[2]。部隊は6大陸で活動しており、60か国以上に「駐屯地」や「前哨基地」として知られている地域ユニットがある[4]

クラブの創設者であるジョンソンとクルーズは、帝国軍のストームトルーパーの架空の部隊を表すために501部隊という名称を選んだ。ジョンソンはグループを「現実的な」世界に根付かせ、第二次世界大戦時に空軍に所属していた自分の父親のような真の戦争の英雄たちに敬意を払いたいと考えていた[10]。数字はとくに意味がなく、401と501が最終候補であったが、「韻を踏み、かつ言いやすいという理由[8]」で501が選ばれたという。

会員編集

この組織には入会基準が設けられており、応募者は少なくとも18歳以上で、スター・ウォーズシリーズの悪役の高品質な衣装を最低1着保有していると証明できるものを持っていなければならない[11]。この審査は比較的「厳正[2]」である。会員権を維持するためには最低一箇所のローカルユニットに入隊するか、1年に1回は隊レベルのイベントに出席し、501部隊の行動綱領を守らねばならない[12]

部隊認識番号編集

501部隊の会員は3774、DZ-40201のような文字と数字を組み合わせた番号で認識される。501舞台の創設者であるアルビン・ジョンソンは、「デザートトルーパーは「TD」という分類でミッションの特別訓練校出身、スノウトルーパーは「TS」、バイカースカウトは「TB」になる」と決めた[13]

ギャラクティック・アカデミー編集

18歳以下のスター・ウォーズコスプレイヤーには、501部隊は提携クラブであるレベル・リージョンと連携し、子どものためにギャラクティック・アカデミーという名前の共同クラブを作っている。ギャラクティック・アカデミーは「悪玉」と「善玉」両方のコスチュームを扱い、会員に年齢制限はなく、コスチュームの水準についても厳しい規定は無い。『スター・ウォーズ』とコスチュームを着るのが好きだという共通点のあるさまざまな年齢の子どもたちが安全にオンラインでお互いにつながることができるような環境を提供している[14]

活動内容編集

 
アデレードの博物館で科学フェアの観客を迎える501部隊メンバー。

501部隊はさまざまな場所を訪問したり、いろいろなイベントに出演したりしている。 たとえば、スター・ウォーズのパロディ映画『ファンボーイズ』のDVD発売記念イベント(2010年)では、501部隊の日本支部のメンバーが参加している[15]

図書館編集

501部隊はスター・ウォーズ・フランチャイズの若いファンのリテラシー向上を目指して公共図書館で行われるスター・ウォーズイベントを支援するため頻繁に召集を受けている。図書館の「スター・ウォーズ・デイ」(公式の「スター・ウォーズ・リーズ・デイ」を含む[16])は 図書館の年間スケジュールの中でも最も人気があるイベントのひとつである[17]。ストームトルーパーお話タイムやジェダイトレーニングゲーム、トリビアクイズコンテスト、お絵描きステーションなどがもうけられ、501部隊はこうしたイベントの成功に一役買うべく出演している[18][19][20][21]

慈善活動編集

501部隊は出演料を請求することは決してないが、軍団や地方の軍団の部隊に敬意を表す形でのチャリティー活動への寄付は歓迎する。 もしイベントの主催者側に慈善活動をするにあたって薦める団体がない場合、部隊のメンバーはよくメイク・ア・ウィッシュ基金あての寄付をすすめる[22][23]

2016年、501部隊のメンバーは182,000時間以上のコミュニティサービスを提供し、直接的な寄付だけで889,000米ドル以上を集め、イベント参加の結果として世界中の慈善団体のために4,600万ドル以上が集まった[24]

慈善活動の例としては、病気の子どもたちの慰問のため、病院の小児科病棟を訪問することなどが挙げられる[25][26]

プロスポーツイベント編集

501部隊はアメリカ合衆国でさまざまなマイナーリーグやメジャーリーグのスポーツと提携しており、ナショナルホッケーリーグメジャーリーグベースボールナショナルバスケットボールアソシエーションのスター・ウォーズ関連イベントに出演している[27][28][29]。こうしたイベントは観客に好評で出席者も多い[30][31]。501部隊のメンバーはアイスホッケー野球のマイナーリーグ、大学スポーツ、アリーナフットボールリーグナショナル・フットボール・リーグの試合にも参加している[27][32][33][34]

 
チャリティイベントに出演し、ナーフブラスターで「撃たれる」501部隊のトルーパー。

ファン大会編集

 
救世軍への寄付を求める、ストームトルーパーに扮した501部隊の隊員。

501部隊のメンバーは頻繁に大規模なファン大会に登場し、ドロイド・ハントのゲームなどに出演している[35]

ドラマシリーズ編集

スター・ウォーズ・フランチャイズの公式ドラマシリーズである『マンダロリアン』では、パイロット版の監督が撮影に充分なストームトルーパーのコスチュームがそろっていないことに気付いたため、501部隊がストームトルーパーを演じるエキストラとして召集された[6]


脚注編集

  1. ^ Newest Recruits”. 501st Legion: Vader's Fist. 2020年6月15日閲覧。
  2. ^ a b c スター・ウォーズ愛の究極の姿?501部隊が新メンバー募集|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年7月16日閲覧。
  3. ^ Our Mission”. 501st.com. 2016年12月22日閲覧。
  4. ^ a b 501st Legion: Master List of Units: Garrisons, Squads, Outposts and Detachments”. 501st.com. 2016年12月22日閲覧。
  5. ^ ハタフミノブ (2018年12月8日). “東京コミコンでストームトルーパーになってみた!「第501軍団」コスプレ体験記”. IGN Japan. 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ a b Snowden, Scott (2019年5月2日). “'The Mandalorian': Here's What We Know So Far About the 'Star Wars' Live Action Show”. Space.com. 2019年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月4日閲覧。
  7. ^ Our Mission”. 501st Legion: Vader's Fist. 2013年8月20日閲覧。
  8. ^ a b c 映画『スター・ウォーズ』を愛するコスプレ軍団 第501軍団独占インタビュー:スター・ウォーズ特集|シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. 2022年7月16日閲覧。
  9. ^ Terdiman, Daniel. “The 501st Legion's real-world 'Star Wars' empire” (英語). CNET. 2022年7月16日閲覧。
  10. ^ Origin of the 501st name”. 2013年8月20日閲覧。
  11. ^ What is required to join?”. 501st Legion: Vader's Fist. 2013年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月20日閲覧。
  12. ^ Operations Protocol, Section 2: Membership”. 501st Legion: Vader's Fist. 2013年8月20日閲覧。
  13. ^ Johnson, Albin (2013年6月21日). “The Birth of the 501st Legion, Part Six: Raising the Banner”. Star Wars Blog. 2013年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月20日閲覧。 “Desert Troopers would be labeled “TD” and came from specialized training schools for their missions, Snowtroopers would be “TS”, Biker Scouts would be “TB.””
  14. ^ Galactic Academy”. 2013年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月20日閲覧。
  15. ^ 南明奈、『スター・ウォーズ』のコスプレにチャレンジ!好きなキャラはC-3PO!でも……ハートを盗みたいのはヨン様!”. シネマトゥデイ (2010年5月13日). 2022年7月17日閲覧。
  16. ^ Star Wars Reads Day”. Star Wars Reads Day - Official Facebook Page (2012年10月3日). 2022年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  17. ^ Okon, Bob (2013年4月25日). “Plans aligning for Star Wars Day at Joliet library”. オリジナルの2013年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430235030/http://heraldnews.suntimes.com/news/19717802-418/plans-aligning-for-star-wars-day-at-joliet-library.html 2013年8月28日閲覧. "More than 3,000 came in 2012, only the third year for the event started by the Joliet library. “We are expecting more,” Burns said Thursday. “It’s doubled every year.”" 
  18. ^ Stormtrooper story time at Bartlett Public Library in Bartlett IL”. Twitter (2013年6月25日). 2013年8月28日閲覧。
  19. ^ Chaddock, Heather (2013年4月29日). “501st Legion: Star Wars For A Cause”. La Porte County Public Library System. 2013年8月28日閲覧。 “Do you have a young Star Wars fan at home? Bring them to the Main Library on Saturday, May 4 at 1pm for Jedi training activities and photo opportunities with the 501st Legion volunteers.”
  20. ^ Mannlein, Arlene (2011年7月20日). “A force for good: 501st Legion brings Star Wars enthusiasm to reading program at library”. Herald-Review.com. 2013年8月28日閲覧。
  21. ^ Library hosting second annual Star Wars Day”. The Greenville Advocate (2013年7月23日). 2013年8月28日閲覧。 ““We really had great turnout last year so we just had to bring it back,” he said.”
  22. ^ Charity Appearances”. 501st Legion: Vader's Fist. 2013年8月20日閲覧。
  23. ^ Make-A-Wish® America”. Make-A-Wish® America. 2022年6月23日閲覧。
  24. ^ 501st Legion”. 501st Legion Charity: Bad Guys Doing Good!. 2017年3月14日閲覧。
  25. ^ Testimonials and Endorsements”. 2016年7月22日閲覧。
  26. ^ Sanders, Forrest (2013年4月12日). “Soldiers, civilians of 501st Legion surprise 9-year-old Star Wars fan”. WMSV TV - Nashville. 2013年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。 “The mental images and getting lost in the story of his favorite thing, Star Wars, got him through the procedure without the anxiety”
  27. ^ a b Star Wars on Ice”. USA Hockey Magazine (2012年2月21日). 2013年8月28日閲覧。
  28. ^ Newman, Mark (2011年9月15日). “Force for good: Star Wars Night a hit”. MLB.com. 2013年8月28日閲覧。
  29. ^ Detroit Pistons Bring Star Wars Night to The Palace Friday, Jan. 4”. NBA.com. 2013年8月28日閲覧。
  30. ^ Roe, Mike (2012年7月2日). “Star Wars Night a solid hit at Dodger Stadium”. Southern California Public Radio. 2013年8月28日閲覧。 “Limited edition Star Wars ticket packages in a special Star Wars fan section of the stadium, complete with special Star Wars T-shirt, sold out in advance”
  31. ^ Creamer, Chris (2013年7月8日). “Bisons Star Wars Night: Good Times For A Great Cause”. Sportlogos.net. 2013年8月28日閲覧。
  32. ^ Naughton, Randi (2013年8月6日). “Nelly, Star Wars nights coming up at Busch Stadium”. Fox 2 Now St. Louis. 2013年8月28日閲覧。
  33. ^ Columbus, GA Fans Team Up With GA 501st For Arena Football Event”. TheForce.net (2003年6月13日). 2013年8月28日閲覧。
  34. ^ Mission Report: NFL/Tennessee Titans All Pro Dad Day”. MidSouth Garrison (2009年10月3日). 2013年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月28日閲覧。
  35. ^ 501st Legion Droid Hunt

外部リンク編集