メインメニューを開く

967/968型レーダー英語: Type 967/968 radar)は、イギリスマルコーニ社英語版が開発した2次元レーダーシーウルフ個艦防空ミサイル・システム固有の対空捜索・目標捕捉レーダーとして用いられる[1]

967/968型レーダー
Regele Ferdinand Frigate 15.jpg
種別 2次元パルス・ドップラー・レーダー
目的 967型:早期警戒
968型:目標捕捉
開発・運用史
開発国 イギリスの旗 イギリス
就役年 1970年代後半
送信機
周波数 967型:Lバンド(1.26-1.36GHz
968型:Sバンド(2,95-3,04GHz)
パルス 967型:6マイクロ
968型:2マイクロ秒
パルス繰返数 967型:7,320staggered
968型:750pps[1][2]
送信尖頭電力 967型:50-60kW
968型:3MW
アンテナ
直径・寸法 4m×1m
アンテナ利得 968型:30dB[1][2]
ビーム幅 967型:4.6°×68.6°
968型:2°×30°
走査速度 30 rpm
方位角 全周無制限

概要編集

967/968型レーダーは、Lバンドパルス・ドップラー式対空捜索・目標捕捉用レーダーである967型レーダー(Type 967 radar)と、Sバンドの低空警戒・対水上捜索用レーダーである968型レーダー(Type 968 radar)のアンテナを背中合わせにして一体化し、安定化させたものである。967型のアンテナには1010型IFF質問アンテナが組み込まれている。なお、968型は992型を基として修正を加えた改良型である[1][2]

967型/968型双方のレーダーが収集した情報は、戦術情報処理装置CAAIS/CACS-1/CACS-5)のフェランティ製FM1600B コンピュータで処理され、標的の脅威度判定と交戦意思決定が行われた上で、910型/911型火器管制レーダーに移管されて、標的を追尾する[1][2]

本機は、GWS-25 シーウルフミサイルを装備したリアンダー級フリゲートの一部改修艦と22型フリゲートの全艦に装備されたが、改良型のGWS-26垂直発射型シーウルフを装備した23型フリゲートにおいては、より小型な996型レーダーが選定された。また、本機のコンセプトが成功を収めたことから、アメリカ合衆国Mk.91 ミサイル射撃指揮装置シースパロー IBPDMS)においても、これに範をとってTASが組み込まれた[1]

採用国と搭載艦編集

参考文献・サイト編集

  1. ^ a b c d e f Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. pp. 351-352. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 
  2. ^ a b c d Norman Friedman (2006). The Naval Institute Guide to World Naval Weapon Systems. Naval Institute Press. pp. 297. ISBN 9781557502629. http://books.google.co.jp/books?id=4S3h8j_NEmkC. 

関連項目編集