AFC U-23選手権2018 (予選)

AFC U-23選手権2018 (予選)(AFCアンダー23せんしゅけん2018(よせん))は、AFC U-23選手権2018の予選である。2017年7月19日から7月23日にかけて行われた[1]

AFC U-23選手権2018 予選
大会概要
日程 2017年7月19日 - 7月23日
チーム数 40 (1連盟)
開催地数 10
 < 20162020

開催方式編集

各組1位の10チームと、2位のうち成績上位の5チームが本選へ進む。もし中国がグループで1位か2位になったら、2位から本選に進むチームは6チームになる。

結果編集

順位決定方式編集

勝ち点は勝利3、引き分け1、敗退0として計算を行う。各グループで勝ち点が同点のチームが2つ以上ある場合は、以下の順に比較して順位を決定する[2]

  1. 当該チーム同士の対戦における、勝ち点の多少
  2. 当該チーム同士の対戦における、得失点差
  3. 当該チーム同士の対戦における、ゴール数の多少
  4. 上記を、(全ての順位が決まるまで)繰り返し適用する。決められない場合は、下記以降を適用
  5. 当該チームのグループ全試合における、得失点差
  6. 当該チームのグループ全試合における、ゴール数の多少
  7. ここまで参照し、それでも2チームが差がつかず、さらにその両方が同じ試合会場にいる場合は、PK戦を行う
  8. 警告および退場処分になった回数をポイント化(警告=1ポイント、2回目の警告による退場=3ポイント、いわゆる一発退場=3ポイント、警告に続いて退場=4ポイント)し、ポイントの少ない方を上位とする
  9. 抽選

グループ A編集

開催地 :   キルギス (UTC+3)

チーム
1   オマーン 2 2 0 0 7 1 +6 6
2   イラン 2 1 0 1 2 3 −1 3
3   キルギス 2 0 0 2 2 7 −5 0
4   スリランカ 0 0 0 0 0 0 0 0




グループ B編集

開催地 :   サウジアラビア (UTC+3)

チーム
1   イラク 3 3 0 0 12 1 +11 9
2   サウジアラビア 3 2 0 1 11 3 +8 6
3   バーレーン 3 1 0 2 4 5 −1 3
4   アフガニスタン 3 0 0 3 0 18 −18 0











グループ C編集

開催地 :   カタール (UTC+3)

チーム
1   カタール 3 2 1 0 4 1 +3 7
2   シリア 3 1 2 0 3 1 +2 5
3   インド 3 1 0 2 3 4 −1 3
4   トルクメニスタン 3 0 1 2 1 5 −4 1


シリア   2 - 0   インド









グループ D編集

開催地 :   アラブ首長国連邦 (UTC+4)

チーム
1   ウズベキスタン 3 3 0 0 7 1 +6 9
2   アラブ首長国連邦 3 2 0 1 6 2 +4 6
3   レバノン 3 1 0 2 3 4 −1 3
4   ネパール 3 0 0 3 0 9 −9 0



2017年7月19日 (2017-07-19)
21:15
ウズベキスタン   3 - 1   レバノン








グループ E編集

開催地 :   パレスチナ (UTC+3)

チーム
1   パレスチナ 3 2 1 0 8 4 +4 7
2   ヨルダン 3 2 0 1 11 3 +8 6
3   タジキスタン 3 1 1 1 5 5 0 4
4   バングラデシュ 3 0 0 3 1 13 −12 0











グループ F編集

開催地 :   ミャンマー (UTC+6:30)

チーム
1   オーストラリア 3 3 0 0 12 0 +12 9
2   ミャンマー 3 2 0 1 5 3 +2 6
3   シンガポール 3 1 0 2 4 10 −6 3
4   ブルネイ 3 0 0 3 1 9 −8 0











グループ G編集

開催地 :   北朝鮮 (UTC+8:30)

チーム
1   北朝鮮 3 2 1 0 14 2 +12 7
2   香港 3 1 2 0 6 2 +4 5
3   ラオス 3 1 1 1 4 8 −4 4
4   チャイニーズタイペイ 3 0 0 3 2 14 −12 0



北朝鮮   1 - 1   香港


香港   1 - 1   ラオス




北朝鮮   6 - 0   ラオス


グループ H編集

開催地 :   タイ (UTC+7)

チーム
1   マレーシア 3 2 0 1 5 3 +2 6
2   タイ 3 1 2 0 4 1 +3 5
3   インドネシア 3 1 1 1 7 3 +4 4
4   モンゴル 3 0 1 2 1 10 −9 1



タイ   1 - 1   モンゴル








グループ I編集

開催地 :   ベトナム (UTC+7)

チーム
1   韓国 3 2 1 0 12 1 +11 7
2   ベトナム 3 2 0 1 13 3 +10 6
3   東ティモール 3 1 1 1 7 5 +2 4
4   マカオ 3 0 0 3 2 25 −23 0


韓国   10 - 0   マカオ







韓国   2 - 1   ベトナム


グループ J編集

開催地 :   カンボジア (UTC+7)

チーム
1   中国 3 2 1 0 4 1 +3 7
2   日本 3 2 0 1 11 2 +9 6
3   カンボジア 3 1 1 1 1 2 −1 4
4   フィリピン 3 0 0 3 0 11 −11 0











各組2位チーム編集

A組でスリランカが予選不参加となり3チームで争われたため、4チームで争われたB〜J組はそれぞれの組の4位の対戦成績を除外して2位チーム同士の順位を決めた。また、開催国である中国がJ組1位となったため、各組2位からは成績上位の6チームに本大会出場権が与えられることになった[3]

チーム 除外対象試合
H   タイ 2 1 1 0 3 0 +3 4   モンゴル(1-1)
C   シリア 2 1 1 0 3 1 +2 4   トルクメニスタン(0-0)
I   ベトナム 2 1 0 1 5 2 +3 3   マカオ(8-1)
E   ヨルダン 2 1 0 1 4 3 +1 3   バングラデシュ(7-0)
J   日本 2 1 0 1 3 2 +1 3   フィリピン(8-0)
B   サウジアラビア 2 1 0 1 3 3 0 3   アフガニスタン(8-0)
A   イラン 2 1 0 1 2 3 −1 3 -
F   ミャンマー 2 1 0 1 2 3 −1 3   ブルネイ(3-0)
D   アラブ首長国連邦 2 1 0 1 1 2 −1 3   ネパール(5-0)
G   香港 2 0 2 0 2 2 0 2   チャイニーズタイペイ(4-0)

脚注編集