AN/UYA-4ヒューズ・エアクラフト社がアメリカ海軍向けに開発したコンソールのシリーズ[1]

OJ-194/UYA-4コンソール (「レイク・シャンプレイン」搭載機)
OJ-197/UYA-4コンソール (「カウフマン」搭載機)

概要編集

アメリカ海軍において、海軍戦術情報システム(NTDS)はまず対空戦(AAW)の組織化を目的として開発されたが、1960年代中盤より、これを対潜戦(ASW)にも活用することが検討されるようになり、ASWSC&CS(ASW Ship Command and Control System)計画が着手された[2]。そしてその一環として、初期のNTDSが用いていたSYA-4よりも汎用性が高いコンソールが求められるようになった[2]。これに応じて開発されたのが本機であり[2]1965年頃に設計された[1]

AN/UYA-4シリーズは、NTDSのディスプレイ・サブシステムとして初めて、トランジスタ抵抗器ダイオードといった個別の部品ではなく、集積回路としての電子回路を採用した[2]。基本型となるのがOJ-194/UYA-4で、12インチのPPI (Plan position indicatorスコープを備えるとともに、機能が固定されたボタン6個のほか、機能をカスタマイズできるボタン(variable-action button, VAB)18個を備えており、VABのために48個のラベルを設定できる[1]。45個の運用モードを切り替えて使用できる[1]。また本シリーズでは、三方から画面を覗き込めるよう、20インチと大型のPPIスコープを水平に配置した海図台型のコンソール(operations summary console, OSC)もラインナップされており[2]、初期にはOA-7981、後にはOJ-195・197が用いられた[1]。このほか、3次元レーダーなどから情報を得て目標の高度についての情報を処理するためのOA-7980もラインナップされた[1]

ただし本シリーズの機能は、基本的には操作・表示のみに限定されており、情報処理はCP-642AN/UYK-7といったメインフレームにあたる電子計算機で行う方式であった。また特にOJ-197/UYA-4は維持管理のコストが高かったこともあって、後のシステムでは、自らも情報処理を行えるAN/UYQ-70などによって順次に代替されていった[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g Friedman 1997, pp. 132–134.
  2. ^ a b c d e Boslaugh 2003, pp. 330–337.

参考文献編集

  • Boslaugh, David L. (2003). When Computers Went to Sea: The Digitization of the United States Navy. Wiley-IEEE Computer Society Press. ISBN 978-0471472209 
  • Friedman, Norman (1997). The Naval Institute Guide to World Naval Weapon Systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 978-1557502681