ASRock Incorporation(アスロック、華擎科技)は、台湾を本拠地とした、テッド・シュウ率いるHTPCマザーボードを生産するメーカーである。 当時のASUS所属技術者による独立起業を出自とするが、2008年度以降は同社との資本関係はなく、現在は台湾のエレクトロニクス企業 Pegatron Corporationが所有しています。

華擎科技股份有限公司
ASRock incorporation
ASRock logo.svg
華擎科技股份有限公司
種類 公開会社
本社所在地 台湾 台北北投区
設立 2002年
業種 IT 産業
事業内容 マザーボード、 HTPC、サーバ、IPC
代表者 会長: Ted Hsu(テッド・シュウ)
部長: Sterling Wu(スターリング・ウー)
最高執行責任者: LL Shiu(LLシュー)
売上高 連結:△ $42億5600万米ドル
(2011年度)
営業利益 連結:△ $4256万米ドル
(2011年度
外部リンク www.asrock.com
テンプレートを表示

沿革編集

OEM市場商品でフォックスコン等と競合すべく、2002年に誕生。当時のASUS所属技術者による独立起業を出自とする、変態的な性能への追究と堅実な製品が特徴的なメーカーである。

その後DIY部門でも勢いを高め、2007年には台湾株式市場での新規株式公開を実現した。 故に現在の両社には優劣も資本関係もない。

2011年にはECSMSIと比肩する程に成長、 2017年にはASUS、GIGABYTEに次ぐ業界第3位へ成長する等、大躍進を見せている。

主要商品とサービス編集

 
CPUソケットアップグレード用のAM2CPU Board

主要商品はマザーボードのほか小型デスクトップコンピュータ製品など。「CPUソケットアップグレード用のAM2CPU Board」を例とした常識にとらわれない製品作りは、高い競争力の一因となっている。2012年には産業用PCとサーバー、マザーボード市場に参入した。

主な市場編集

2011年の主要販売地域は、欧州が37.68%、 中央アメリカ/南米が21.13%、 アジア太平洋地域が40.95%などとなっている。ASRockは世界で上位3社に数えられるマザーボードブランドであり、業績はアジアと欧州で大部分を占めている。

外部リンク編集