Bリーグチャンピオンシップ(ビーリーグ チャンピオンシップ、: B.LEAGUE CHAMPIONSHIP)は、日本の男子プロバスケットボールトップリーグであるBリーグ(B.LEAGUE)の年間優勝チームを決定するトーナメント戦である。主催は日本バスケットボール協会ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ

大会方式 編集

B1における以下の8クラブによるノックアウトトーナメントで行う[1]

  • 東・中・西各地区上位2クラブ(計6クラブ)。
  • 各地区3位以下のうち勝率上位2クラブ。
トーナメント表

「-1」・「-2」・「-3」は1位同士・2位同士での順位。

  クオーターファイナル(準々決勝) セミファイナル(準決勝) ファイナル(決勝)
                             
 地区1位-1     1  
 ワイルドカード下位     8  
   1対8の勝者     A  
   4対5の勝者     B  
 地区2位-1     4
   地区2位-2     5  
     A対Bの勝者  
   C対Dの勝者  
   地区1位-3     3  
 地区2位-3     6  
   3対6の勝者     C
   2対7の勝者     D  
 地区1位-2     2
   ワイルドカード上位     7  

クォーターファイナル・セミファイナルはレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とする。

  • 1勝1敗の場合は
    • 2017-18年度までは2回戦終了後に5分前後半特別ルールのミニゲームを行う。
    • 2018-19年度からは原則として第2戦の翌日に同じアリーナで通常フルタイムルールによる第3戦を開催する。

ファイナルは中立地開催で行われ、2016-17が国立代々木競技場第一体育館、2021-22が東京体育館で行われた以外は、横浜アリーナにて開催されており、2024年時点で首都圏以外が開催地となったことはない。当初は一発勝負だったが、2020-21年より2戦先勝となる[2]。また、併せて日本生命保険がタイトルスポンサーとなり、「日本生命B.LEAGUE FINALS」として行われる[3]。2019年以降、後述の通りNHK総合テレビで地上波放送される関係で、大相撲夏場所と重なる日程の場合は試合開始時間が早く設定される。

歴代大会結果 編集

2016-17 編集

優勝:栃木ブレックス

2017-18 編集

優勝:アルバルク東京

2018-19 編集

優勝:アルバルク東京

2019-20 編集

新型コロナウイルス感染拡大のため中止。

2020-21 編集

優勝:千葉ジェッツ

2021-22 編集

優勝:宇都宮ブレックス(前 栃木ブレックス)

詳細は「Bリーグポストシーズン 2021-22#Bリーグチャンピオンシップ」を参照

2022-23 編集

優勝:琉球ゴールデンキングス

2023-24 編集

放送・配信 編集

以下のメディアにて全試合生中継を行っている。

2017-18まではスポナビライブ、2020-21まではスポナビライブを実質吸収したDAZN、2021-22まではスカパー!Bリーグセットでもそれぞれ中継していた。

セミファイナル以降はNHK BS1で試合により生中継または録画中継を行っている。また、進出クラブによっては地元の地上波テレビ・ラジオ局でも中継を実施する場合がある。

2016-17ファイナルはフジテレビ系列28局ネットでも生中継が行われた[4][5]

2017-18ファイナルはテレビ東京系列6局ネット・J:COMテレビAbemaTVで録画中継された[6]

2018-19ファイナルはNHK総合テレビNHK BS4Kで生中継された[7]

2020-21ファイナルは第1戦をNHK総合、第2戦を日本テレビ系列28局ネット、全試合をソフトバンクのVRコンテンツ配信サービス「VR SQUARE」で生中継[3]

2022-2023ファイナルは第1戦を地上波で日本テレビ系列28局ネット 衛星波でNHK BS1。第2戦 地上波でNHK総合 第3戦「予定」NHK BS1で放送。2023年5月27日のファイナル第1戦『地上波』日本テレビを11:55~14:00までだったのが、試合延長のため25分繰り下げて放送したが、試合途中で14:25で中継終了となったため。視聴者から苦情や相次いだ[8]。更にBリーグチェアマンもこのことについて触れる事態となった。[9]

脚注 編集

  1. ^ “初代Bリーグ王者に輝くのは? いよいよチャンピオンシップが開幕”. VICTORY. (2017年5月9日). https://victorysportsnews.com/articles/3552/original 2017年6月4日閲覧。 
  2. ^ “日本一を決めるBリーグチャンピオンシップは5月13日から開幕、今シーズンからファイナルも2戦先勝方式に”. バスケットカウント. (2021年3月23日). https://basket-count.com/article/detail/72291 2021年3月24日閲覧。 
  3. ^ a b “Bリーグチャンピオンシップの開催概要が発表、今年からファイナルは2戦先勝方式に”. バスケットボールキング. (2021年3月23日). https://basketballking.jp/news/japan/b1/20210323/312942.html?cx_top=topix 2021年3月24日閲覧。 
  4. ^ 初代王者は?B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17 概要発表のお知らせ~賞金総額1億円超え!B.LEAGUE初代王者決定戦~』(プレスリリース)公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ、2017年3月27日https://www.bleague.jp/news/21732.html2017年7月2日閲覧 
  5. ^ Bリーグチャンピオンシップファイナル 対 川崎ブレイブサンダース”. radiko.jp. 2017年7月2日閲覧。
  6. ^ B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18”. 2021年3月24日閲覧。
  7. ^ 「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」出場クラブ・対戦組み合わせ決定  令和最初の王者決定戦『B.THE CHAMPIONS~新時代の頂へ~』』(プレスリリース)公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ、2019年4月21日https://www.bleague.jp/news_detail/id=632542021年3月24日閲覧 
  8. ^ 日テレ、Bリーグ決勝中継打ち切りで炎上 再延長にもつれる激闘なのに…「あかんやろ」「嘘でしょ」の声 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2023年5月28日閲覧。
  9. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年5月28日). “Bリーグチェアマン「改善点、我々にも」 日本テレビの決勝第1戦中継途中打ち切りで”. 産経ニュース. 2023年5月28日閲覧。

関連項目 編集