Bリーグチャンピオンシップ

Bリーグチャンピオンシップは、日本の男子プロバスケットボールBリーグ優勝決定トーナメント戦である。主催は日本バスケットボール協会とジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ。

Bリーグチャンピオンシップ
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント Bリーグ 2019-20
競技 バスケットボール
会長 川淵三郎
開始年 2016年
参加チーム 36
日本の旗 日本
前回優勝 アルバルク東京(2回目)
最多優勝 アルバルク東京(2回)

BリーグレギュラーシーズンBリーグチャンピオンシップを含む、Bリーグオールスターゲームを除く)・B.LEAGUE EARLY CUPオールジャパンは三大大会である。

大会方式編集

B1における以下の8クラブによるノックアウトトーナメントで行う[1]

  • 東・中・西各地区上位2クラブ(計6クラブ)。
  • 各地区3位以下のうち勝率上位2クラブ。
トーナメント表

「-1」・「-2」・「-3」は1位同士・2位同士での順位。

  クオーターファイナル(準々決勝) セミファイナル(準決勝) ファイナル(決勝)
                             
 地区1位-1     1  
 ワイルドカード下位     8  
   1対8の勝者     A  
   4対5の勝者     B  
 地区2位-1     4
   地区2位-2     5  
     A対Bの勝者  
   C対Dの勝者  
   地区1位-3     3  
 地区2位-3     6  
   3対6の勝者     C
   2対7の勝者     D  
 地区1位-2     2
   ワイルドカード上位     7  

クォーターファイナル・セミファイナルはレギュラーシーズンにおける上位クラブのホームによる2連戦とする。

  • 1勝1敗の場合は
    • 2017-18年度までは2回戦終了後に5分前後半特別ルールのミニゲームを行う。
    • 2018-19年度からは原則として第2戦の翌日に同じアリーナで通常フルタイムルールによる第3戦を開催する。

ファイナルは中立地での一発勝負。

歴代大会結果編集

2016-17編集

優勝: 栃木ブレックス(1)

2017-18編集

優勝: アルバルク東京(1)

2018-19編集

優勝: アルバルク東京(2)

放送編集

2016-17ファイナルは以下の放送局で放送が行われた[2][3]

特記なき場合は生中継。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]