メインメニューを開く

パフォーム・グループ (Perform Group) は、イギリスを拠点としてデジタルプラットフォームを展開している国際スポーツメディア企業。

パフォーム・グループ
PERFORM Group
企業形態 株式会社
設立 2007
本社 イギリスの旗 イギリスロンドン ハウンズロー区フェルサム英語版
主要人物 ポール・ウォーカー(会長
サイモン・デンヤー(CEO
製品 コンテンツ開発、メディア・プラットフォームの提供
売上高 £208.1 百万 (2013)[1]
営業利益 £11.6 百万 (2013)[1]
£4.6 百万 (2013)[1]
ウェブサイト www.performgroup.com
テンプレートを表示

目次

歴史編集

2007年9月、インターネットプロバイダーとスポーツ部門でのモバイルソリューションを展開していた「プレミアムTV」とスポーツのデジタル部門の権利を扱う「インフォーム・グループ」の合併により誕生した。2008年1月に執行役員のサイモン・デンヤー (Simon Denyer) と旧共同CEOのオリバー・スリッパー (Oliver Slipper) の主導により、「PERFORM」へのリブランドが行われた [2]

2011年2月にはサッカーを中心としたメディア「Goal.com」を買収[2]。スポーツデータを扱う企業である「RunningBall」[3] と「Optaスポーツ英語版[4] も2011年、2013年にそれぞれ買収を行っている。

2013年、アメリカでの事業とウェブメディアの「スポーティングニュース(Sporting News)」を合併し、「スポーティングニュース・メディア(Sporting News Media)」を設立。PERFORMが株の65%を保有し、「スポーティングニュース」の元々の運営元だった「アメリカン・シティ・ビジネス・ジャーナルズ(American City Business Journals)」は株の35%を保持した[5]

2014年にワーナー・ミュージック・グループなどを傘下に持つ投資会社であるアクセス・インダストリーズ英語版が主要株主となり、11月にはアクセス・インダストリーズの持株比率が42.5%から77%に上昇したことを受けて、ロンドン証券取引所において上場廃止となっている[6]

2016年には、モータースポーツサッカー、バレーボール、ラグビー、格闘技など130以上のコンテンツを配信するインターネット動画配信(OTT=Over The Top)サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)の運営をドイツとスイス、オーストリア、日本で開始した(後述)。

2019年4月3日、パフォーム・グループのうち、インターネット動画配信(OTT=Over The Top)サービスとして展開してきたDAZNをはじめとして、DAZN Player(「ePlayer」改め)、「Goal.com」、「SportingNews」などの「B to C事業」(一般消費者向けビジネス)を「DAZNグループ」に分離[7]、パフォーム・グループのうち、残るB to B事業(法人向け事業)を「パフォーム・コンテント」(Perform Content)として再編成することとなった[8]

なお、B to B事業については、イギリスのメディアが、投資ファンドビスタ・エクイティ・パートナーズ英語版を介してアメリカのスポーツデータサービス「スタッツ英語版」に売却されたと報じている[9]

事業編集

パフォーム・グループは複数のデジタルメディア企業の持株会社。コンテンツの流通、加入、広告、スポンサーシップ、技術やプロダクション部門などが存在する[10]。これらの事業に加え、世界最大級のサッカーサイト「GOAL.com」、NBA日本公式サイト「NBA.co.jp」、全米プロゴルフツアーの日本公式サイト「PGATOUR.COM」を展開。記事と映像の通信社サービス「OMNISPORT」などを運営している。

2014年12月には女子テニス協会(WTA)と10年間総額5億ドルのメディアエージェント契約を締結した。これは、WTA及び女性スポーツ界において最高金額の放映権契約となった。これに伴い、WTAと合弁会社「WTAメディア」を設立している。女子テニスのメディアへの露出を増加させることを目的としている[11]

DAZN編集

DAZN
 
URL https://www.dazn.com/
企業形態 株式会社
使用言語 日本語、ドイツ語、英語等
タイプ インターネットテレビ
ジャンル スポーツ
運営者 DAZN(2019年より組織変更に伴い独立・社名変更)
収益 月額使用料
スローガン スポーツの新しい本拠地
アレクサ
ランキング
  dazn.com (全世界 3376)
広告 なし
営利性 営利
登録 ユーザー登録などが必要
設立日 2016年8月10日(2年前) (2016-08-10
現状 日本、ドイツ、スイス、オーストリア、カナダ、アメリカ、イタリア、スペインで配信中

DAZN(ダ・ゾーン)は、2016年夏に立ち上げたスポーツ専門のOTTサービス。 2016年8月10日にオーストリア、ドイツ、スイスでサービスを始め、同年8月23日からは日本でもサービスを開始。翌2017年にカナダ、2018年からはアメリカとイタリアでサービスを開始。 2019年3月1日からはスペインでもサービスを開始し、以降ブラジルも含め世界20ヶ国以上で展開を予定している[7]

概要編集

アメリカンフットボールサッカー野球モータースポーツ格闘技バレーボールバスケットボールラグビーをはじめとする世界各国の様々なスポーツの全試合もしくは一部試合と関連番組を同時配信し、見逃し動画や予選、ダイジェスト番組も配信している。なお、配信権の関係で同じ競技でもライブ配信を行っている国といない国がある[注 1]

下記は日本で配信される競技の一部。

日本での配信権については、2016年6月29日に日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)との間でV・プレミアリーグ全試合、V・チャレンジリーグの一部試合の動画配信について5年間のパートナー契約に合意[16]、同年7月20日には日本プロサッカーリーグとの間でJリーグの動画配信を含む有料放送放映権について、2017年のJリーグより10年間総額2,100億円強の大型契約を締結した[17][18]

2018年2月8日、同年5月31日でサービス終了するスポナビライブソフトバンク)のコンテンツの大半をDAZNが引き継ぐことが発表された[19]。同日以降、スポナビライブが独占配信していたジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (B.LEAGUE) のライブ配信(ただし1部リーグであるB1の試合のみ)が始まっているほか、一部試合の配信にとどまっていたプレミアリーグラ・リーガの全試合配信を開始した。

プロ野球については、2018年は当初から放送していた横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの主催試合のほか、読売ジャイアンツ以外の11球団の公式戦主催全試合(中日ドラゴンズ主催試合は一部が放送対象外)を配信した[20]。2019年からは広島東洋カープと東京ヤクルトスワローズの公式戦主催全試合が対象外となる一方[13]、前年まで中継がなかった読売ジャイアンツの公式戦主催全試合を配信することが決まった[21]。なお、阪神戦は、球団公式サービス「虎テレ」との権利の関係上、約5分程度の遅れ配信となっている(この制限は「虎テレ」以外のあらゆるインターネット配信に適用されている)。
なお、パ・リーグ全球団と阪神、中日戦の放映権はスポナビライブからのサービス引き継ぎの経緯もあり、スポナビライブ運営会社のスポーツライブエンタテインメントからのサブライセンス供与、横浜DeNA戦と2018年までの広島、ヤクルト戦の放映権は球団との直接契約[22]、2019年から配信を開始した巨人戦の放映権は日本テレビ系CS放送局の「日テレG+」からの配信権許諾となっている[23]

2019年6月にサッカー日本代表も出場する南米選手権ブラジル大会をDAZNで中継する事が決まった。日本のテレビ各局は時差の関係で放映を見送ったため、事実上の独占配信となる[24]

2017年2月26日、DAZNが配信していたJ1リーグ「ガンバ大阪ヴァンフォーレ甲府戦」とJ2リーグ「愛媛FCツエーゲン金沢」の2試合が視聴できなくなる不具合が発生[25]。J2リーグ全試合の見逃し配信も視聴できない状態になった。これによりDAZNは説明会を開き、CEOのジェームズ・ラシュトンと開発部長のウォーレン・レーが謝罪した。

視聴デバイス編集

PC(パソコン)スマートフォンタブレットなどの各種モバイル機器を介した視聴だけでなく、テレビの視聴も可能で、パナソニックソニーAndroid TVなどのスマートテレビを使用するか、Amazon Fire TVChromecastなどのデジタルデバイス、あるいはインターネット接続したゲーム機(Xbox Oneなど)をテレビに接続することで視聴可能である。

価格編集

視聴分野別の会員区別はなく、会員はすべてのコンテンツを一律に視聴可能。視聴開始から30日目以降は月額課金が発生し、ヨーロッパでは月額9.99ユーロで、日本では1,750(「DAZN for docomo」で申し込んだNTTドコモ契約者は980円、以上全て税抜価格)である。課金は直接申し込みの場合、視聴開始日を基準とした月間単位で、「DAZN for docomo」は、視聴開始日に関係なく毎月1日を基準とした月単位で計算される。

配信競技編集

競技 Competition                  
サッカー FIFAクラブワールドカップ L / OD L / OD L / OD L / OD
UEFAネーションズリーグ L / OD L / OD L / OD
UEFAチャンピオンズリーグ L / OD L / OD L / OD L / OD
UEFAヨーロッパリーグ L / OD L / OD L / OD L / OD
UEFAスーパーカップ L / OD L / OD L / OD L / OD
ラ・リーガ サンタンデール[26] L / OD L / OD L / OD L / OD

[27]

Live L / OD
コパ・デル・レイ L / OD L / OD L / OD L / OD
プレミアリーグ[28] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
フットボールリーグ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
FAカップ[29] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
EFLカップ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
SPFL L / OD L / OD L / OD
リーグ・アン[30] L / OD L / OD L / OD Live L / OD L / OD
リーグ・ドゥ L / OD
クープ・ドゥ・フランス L / OD L / OD L / OD L / OD
ジュピラー・プロ・リーグ L / OD L / OD L / OD
ブンデスリーガ ハイライト[31] ハイライト ハイライト
DFBポカール L / OD
セリエA L / OD L / OD L / OD L / OD[32] L / OD
(毎節3試合)[33]
L / OD
セリエB L / OD
プリメイラ・リーガ L / OD L / OD L / OD
プルヴァHNL L / OD L / OD L / OD
セルビア・スーペルリーガ L / OD L / OD L / OD
アルスヴェンスカン L / OD L / OD L / OD
デンマーク・スーペルリーガ L / OD L / OD L / OD
AFCチャンピオンズリーグ L / OD L / OD
中国サッカー・スーパーリーグ L / OD L / OD L / OD L / OD
Jリーグ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
インディアン・スーパーリーグ[34] L / OD L / OD L / OD
Aリーグ L / OD L / OD L / OD
コパ・リベルタドーレス L / OD L / OD L / OD L / OD
コパ・スダメリカーナ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
プリメーラ・ディビシオン
ブラジル全国選手権 L / OD
カンピオナート・ミネイロ
カンピオナート・カリオカ
カンピオナート・パウリスタ L / OD
プリメーラ・ディビシオン L / OD
カナディアン・チャンピオンシップ L / OD L / OD L / OD L / OD
MLS[35] L / OD
バスケットボール FIBAワールドカップ L / OD
NBA[36] L / OD L / OD L / OD
NCAA L / OD L / OD[37] L / OD L / OD
(Pac-12)
ユーロリーグ L / OD
ULEBユーロカップ L / OD
BCL L / OD L / OD L / OD
リーガACB L / OD L / OD L / OD
A1エスニキ L / OD L / OD L / OD
BSL L / OD L / OD L / OD
B.LEAGUE L / OD
アメリカンフットボール NFL L / OD L / OD[38] L / OD L / OD L / OD L / OD
NCAA L / OD[37] L / OD L / OD
(Pac-12)
野球 MLB L / OD[39] L / OD[40] L / OD L / OD Live
(MLB-net)
L / OD Live & Highlights
日本野球機構 L / OD[注 2]
アイスホッケー NHL L / OD L / OD L / OD
KHL L / OD L / OD
モータースポーツ フォーミュラ1 L / OD
フォーミュラ2 L / OD
フォーミュラ3 L / OD
VASC L / OD
世界ラリー選手権 L / OD
ロードレース世界選手権 Live L / OD
スーパーバイク世界選手権 Live L / OD
モトアメリカ Live
レッドブル・エアレース L / OD L / OD
テニス ATPワールドツアー・250シリーズ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
女子テニス協会 L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
デビスカップ L / OD L / OD L / OD L / OD
フェドカップ L / OD L / OD L / OD L / OD
ラグビー シックス・ネイションズ L / OD L / OD L / OD L / OD
ハイネケンチャンピオンズカップ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
欧州チャレンジカップ L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD[41]
プレミアシップ[42] L / OD L / OD L / OD L / OD
プロ14 L / OD L / OD L / OD L / OD
ワールドラグビーセブンズシリーズ[43] L / OD L / OD L / OD L / OD
格闘技 UFC L / OD[44] L / OD[44] L / OD[45] L / OD
Bellator MMA[46] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
ゴールデンボーイ・プロモーションズ[47] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
マッチルーム・ボクシング[48] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
World Boxing Super Series L / OD[49] L / OD
ROAD FC L / OD
プロレス WWE
ビリヤード スヌーカー L / OD L / OD
ダーツ PDCチャンピオンシップ[50] L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD L / OD
クリケット ICCチャンピオンズトロフィー L / OD L / OD
イングランド代表 ホームゲーム L / OD
パキスタン代表 ホームゲーム L / OD
スリランカ代表 ホームゲーム L / OD
西インド諸島代表 ホームゲーム L / OD
カリビアン・プレミア・リーグ L / OD

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 例えば、ドイツのサッカーリーグ・ブンデスリーガは2017年では日本では全試合のライブ配信を行っていたものの、ドイツではスカイが放映権を持っているため、当時からダイジェストのみの配信にとどまっていた[12](2018-2019シーズンは日本での配信なし)。また、パフォーム・グループはNBA日本公式サイト「NBA.co.jp」の運営を行っているが、日本国内でのNBAの配信はRakuten TVが独占で行っているため、DAZNでの配信は行っていない(サービス開始当初は、DAZNでも放送されていた)。
  2. ^ 2019年は広島東洋カープ・東京ヤクルトスワローズ主催の全試合及び中日ドラゴンズ主催の一部試合を除く。

出典編集

  1. ^ a b c Prelimary Results 2013
  2. ^ a b Global offer”. Perform Group. 2015年2月26日閲覧。
  3. ^ Perform buys RunningBall for €120m”. Financial Times. 2015年2月26日閲覧。
  4. ^ Perform Group buys sports data company Opta”. Reuters. 2015年2月26日閲覧。
  5. ^ Perform Group To Combine U.S. Sports Assets With Sporting News Brand”. sportsbusinessdaily.com. 2015年2月26日閲覧。
  6. ^ Ted Menmuir. “Perform Group to de-list as Access Industries takes over”. SBC News. 2015年2月26日閲覧。
  7. ^ a b 19年のJリーグ4K配信へ。DAZNがダウンロードやドコモ以外のキャリア決済も Impress Watch, 2019年2月15日
  8. ^ “さらなる成長を目指しPerform GroupがDAZNに名称統一 Perform MediaもDAZN Mediaへと一新” (プレスリリース), DAZN, (2019年4月2日), https://media.dazn.com/ja/press-releases-ja/2019/04/02/ 2019年5月16日閲覧。 
  9. ^ “DAZN Group sells Perform to fund streaming service”. Broadcast Sport. (2019年4月16日). https://www.broadcastnow.co.uk/broadcasting/dazn-group-sells-perform/5138568.article 2019年5月16日閲覧。 
  10. ^ Perform Group Given Average Rating of "Hold" by Analysts (NYSE:PER) - WKRB News”. WKRB News. 2015年2月26日閲覧。
  11. ^ WTA & Perform agree long-term media deal”. sportindustry.biz. 2015年2月26日閲覧。
  12. ^ 宇都宮徹壱 (2017年4月27日). “画質の向上は? 電話でのサポートは? プレステは? DAZNの「中の人」にじっくり話を聞いてきた!<2/2>”. 宇都宮徹壱ウェブマガジン. 2017年5月2日閲覧。
  13. ^ a b DAZN、ヤクルトと広島カープのホーム戦は「放映権が取れなかった」 サイトからロゴが消えファン困惑”. ハフポスト日本版 (2019年2月28日). 2019年2月28日閲覧。
  14. ^ DAZNがゴールデンボーイ・プロモーションズと5年間の放映パートナーシップ締結!世界ミドル級2団体統一王者サウル・アルバレス選手の試合を日本でも放映予定
  15. ^ 最先端!最速!次世代!のレースを見逃すな!セーリング界に革命を起こす新レースSailGPをライブ独占配信!2月15日(金)開幕戦のシドニーグランプリより放映開始
  16. ^ “「Vリーグ」×「DAZN」 パートナーシップ決定のお知らせ ~DAZNの放映コンテンツとしてV・プレミアリーグ全試合を配信~” (プレスリリース), 日本バレーボールリーグ機構, (2016年6月29日), http://www.vleague.or.jp/news_topics/article/id=18441 2016年10月18日閲覧。 
  17. ^ “JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~” (プレスリリース), (2016年7月20日), http://www.jleague.jp/release/post-44293/ 2016年7月23日閲覧。 
  18. ^ “格安中継、スマホが主役 Jリーグ放映権2100億円で契約”. 日本経済新聞. (2016年7月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HTU_Q6A720C1TI5000/ 2016年7月23日閲覧。 
  19. ^ “「DAZN」で「スポナビライブ」のコンテンツが視聴可能に” (プレスリリース), パフォーム・グループ, (2018年2月8日), http://media.dazn.com/press-releases-ja/2018/02/08/ 2018年2月11日閲覧。 
  20. ^ “プロ野球11球団の主催試合配信へ~DAZN新コンテンツ発表会”. デイリースポーツ. (2018年2月16日). https://www.daily.co.jp/baseball/2018/02/16/0010991534.shtml 2018年2月16日閲覧。 
  21. ^ ついにDAZN野球ラインナップに強力コンテンツ追加 読売ジャイアンツ公式戦放映決定!3月23日(土) オープン戦よりライブ配信開始
  22. ^ 黒船DAZN参入でプロ野球中継は何が変わるか 参入2年目で11球団の放映権を獲得した背景”. 東洋経済新報(2018年4月1日作成). 2019年4月28日閲覧。
  23. ^ 読売がDAZNと「包括提携」に至った両者の思惑 今季から巨人がDAZN放映されるだけではない”. 東洋経済新報(2019年3月28日作成). 2019年4月28日閲覧。
  24. ^ 日本代表戦TV中継なし DAZNで南米選手権放送”. 日刊スポーツ(2019年4月26日作成). 2019年4月26日閲覧。
  25. ^ AZN、Jリーグ視聴不具合を受けCEOらが会見--原因解明、2節以降は万全の体制で”. 2017年6月9日閲覧。
  26. ^ List of international broadcasters”. La Liga. 2017年4月27日閲覧。
  27. ^ DAZNでリーガ・エスパニョーラの放映が決定! 4月1日より最大5試合を生配信”. 毎日新聞. 2017年3月29日閲覧。
  28. ^ Premier League international rights deals for 2016-2019”. プレミアリーグ. 2017年4月27日閲覧。
  29. ^ https://media.dazn.com/de/press-releases-dach/2018/10/fa-cup/
  30. ^ International Broadcasters Ligue 1”. リーグ・アン. 2017年4月27日閲覧。
  31. ^ Neuer Streamingdienst DAZN zeigt Bundesliga-Highlights”. Eurosport. 2016年8月10日閲覧。
  32. ^ Canadian Fans Will Be Able To Watch Ronaldo On DAZN After 3-Year Exclusive Rights Deal Is Announced”. Forbes (2018年8月13日). 2019年1月6日閲覧。
  33. ^ [1] - Forbes, 14 June 2018
  34. ^ Indian Super Cup TV Channels to Watch the ISL on Television”. Live sport squad. 2018年2月25日閲覧。
  35. ^ DAZN Canada, Major League Soccer sign 3-year deal”. MLS. 2018年3月2日閲覧。
  36. ^ NBA International Broadcast Information”. National Basketball Association. 2017年4月27日閲覧。
  37. ^ a b https://twitter.com/DAZN_DE_Help/status/1052841110341672965
  38. ^ NFL, NBA & Co: Wo Sie US-Sport gucken können – und was es kostet”. test.de. 2016年9月6日閲覧。
  39. ^ DAZN holt sich MLB-Rechte”. Color of Sports. 2017年4月27日閲覧。
  40. ^ DAZN secures MLB rights for Germany”. Broadband TV News. 2017年3月28日閲覧。
  41. ^ https://www.epcrugby.com/challenge-cup/matches/fixtures-and-results/
  42. ^ International Broadcasters”. Premiership Rugby. 2017年12月19日閲覧。
  43. ^ Where to watch World Rugby events”. World Rugby. 2017年12月19日閲覧。
  44. ^ a b So viel sei euch auch schon mal verraten. Ab sofort zeigen wir auch die @ufc auf DAZN. Alle knackigen Details gibt es in unserem Presse-Release am Montag. #DAZNfightclub (only D+AT)”. Twitter. 2018年9月22日閲覧。
  45. ^ UFC announces multi-year deal for all live events with DAZN”. UFC. 2016年8月30日閲覧。
  46. ^ Bellator & DAZN sign global multi-year MMA streaming partnership”. Perform Group. 2018年6月26日閲覧。
  47. ^ Promotions, Golden Boy. “Canelo Alvarez & Golden Boy Promotions Sign Historic Five-Year Partnership With Global Sports Streaming Leader DAZN” (英語). www.prnewswire.com. 2018年10月18日閲覧。
  48. ^ MATCHROOM BOXING AND PERFORM GROUP SEAL BOXING’S FIRST BILLION DOLLAR DEAL”. Perform Group. 2018年5月10日閲覧。
  49. ^ DAZN BRINGS THE QUEST FOR THE MUHAMMAD ALI TROPHY TO CANADA”. Perform Group. 2018年8月15日閲覧。
  50. ^ World Championship - Where To Watch”. PDC. 2017年12月19日閲覧。

関連項目編集

  • dTV - NTTドコモが運営する動画配信サービス。
  • スポナビライブ - ソフトバンクグループが提供していたスポーツ専門動画配信サービスで、配信コンテンツをDAZNに移行した上で、2018年5月末をもってコンテンツ配信を終了した。

外部リンク編集