Amazon Prime Video

ビデオ・オン・デマンド・サービス

Amazon Prime Video(アマゾン プライム ビデオ)、またはシンプルにPrime Video(プライム ビデオ)は、Amazon.com, Inc.が提供する定額制ビデオ・オン・デマンドストリーミングおよびレンタルのサービスで、Amazonプライムの一部としても提供されている。このサービスでは、Amazon Studiosが制作した映画やテレビシリーズ、またはAmazonがライセンス供与した映画やテレビシリーズを、Prime Originals(またはAmazon Originals)または独占配信として配信しているほか、他の企業のコンテンツ、コンテンツのアドオン、スポーツイベントのライブ中継、ビデオのレンタル・購入サービスなども提供している。

Amazon Prime Video
Amazon Prime Video logo.svg
URL www.primevideo.com
種類 部門
タイプ OTTプラットフォーム
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, ワシントン州シアトル
事業地域 世界中(中国大陸キューバイラン北朝鮮シリアを除く)
運営者 Amazon.com Inc.
業種
製品
サービス
  • 映画製作
  • 映画配給
  • テレビ番組制作
株主 Amazon
子会社 Video Direct
営利性
登録 必須
ユーザー数 増加 175 million
(2021年4月29日 (2021-04-29)現在)[1]
開始 2006年9月7日 (15年前) (2006-09-07)
現在の状態 活動中
Amazon Prime Video
開発元 Amazon.com
初版 2006年9月7日 (15年前) (2006-09-07)
対応OS

デスクトップ/モバイル OS:
ウェブブラウザAndroidiOStvOSFire OS を通じてのストリーミング配信

取り付けデバイス:
Amazon Fire TV、Roku、Apple TV (第4世代)、Apple TV 4K、Chromecast、Chromecast Ultra、PlayStation 3PlayStation 4Xbox 360Xbox OneWiiWii U

TVとBlu-rayプレイヤー:
シャープアクオス)、ソニーブラビア)、東芝レグザ)、パナソニックビエラ/ディーガ)、LGSamsungVizio
サポート状況 起動中
種別 デジタル配信
公式サイト www.primevideo.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

当初は、米国英国日本ドイツオーストリアの居住者のみが利用可能だった[2][3]が、2016年12月14日、Prime Videoが全世界(中国本土キューバイラン北朝鮮シリアを除く)で開始され、サービスを拡大した。新たな地域のうち、ベルギー、カナダ、フランス、インド、アイルランド、イタリア、スペイン、ポーランド、ブラジルではAmazonプライムに含まれており、その他の国では、最初の6ヶ月間は月額2.99ドル、その後は月額5.99ドルのプロモーション価格で利用できるようになった[4]

沿革編集

合衆国でのサービスは2006年9月7日にAmazon Unboxとして開始した[5]。2008年9月4日、サービス名をAmazon Video on Demandに変更した。一部機器ではUnbox名義で登記されているが[6][7]、2014年8月を以って購入した動画のダウンロードが無効になった。2011年2月22日、Amazonはサービス名をAmazon Instant Videoに変更し、プライム会員は5,000の映画とテレビ番組を視聴できるサービスを開始した[8][9]。2012年9月4日、Amazonは強豪のNetflixに対抗するために有料チャンネルのEpixと放送された映画をストリーミング配信する契約を結んだ[10]。加えて2013年11月、Amazonは『アルファ・ハウス』や『ベータス』といったプライム・インスタント・ビデオ限定配信のコメディ番組の配信を開始した。Amazon はどちらの番組も最初の3話分を一挙無料配信し、その後のエピソードはプライム会員のみに一週間間隔で配信していった[11]

2014年2月、Amazonはイギリスでのストリーミングサービスを子会社のLoveFilmをインスタント・ビデオ・サービスに移管し2014年2月26日から開始すると発表した[12][13]。2015年1月、『トランスペアレント』がAmazonスタジオ制作で初めての主な賞を受賞し、ゴールデングローブ賞 - 最優秀ミュージカル/コメディ賞でストリーミング配信の番組としては初となる受賞作品となった[14]

2015年7月30日、Amazonはジェレミー・クラークソンリチャード・ハモンドジェームズ・メイをタイトル未定の自動車関連番組制作のために雇ったと発表し、後に『The Grand Tour』とタイトルが付けられた。ジェフ・ベゾスもAmazon.comどちらとも、どれだけクラークソン、ハモンドやメイが彼らの制作会社W. Chump & Sonsを通じて、報酬が支払われるのか公表していないが、ジェフ・ベゾスは契約は「とても高かったが、価値はある」と述べている[15]。番組の予算は公式には発表されていないが、元『トップ・ギア』製作総指揮のアンディ・ウィルマンは各エピソードの予算はトップ・ギアの9倍、450万ポンドぐらいだろうと述べている[16]。この新番組は2016年秋から配信されると発表されている。

2015年9月、合衆国では『インスタント』が消され、シンプルにAmazonビデオに改名された[17]

2016年5月、Amazonは"Amazon Video Direct"と呼ばれる新しいビデオサービスを開始した。新サービスではプロのビデオクリエーターが作品を、スタジオ制作のテレビ番組や映画に並んで配信することができる。アップロードされた動画は全てのAmazon会員が広告ありで視聴でき、プライム会員は(おそらく広告無しで)レンタルや購入ができる。このサービスはアメリカ合衆国、イギリス、ドイツと日本で利用できる。

国別の独自コンテンツの投入も一部行われており、日本ではオリジナルコンテンツとして『仮面ライダーアマゾンズ』『ベイビーステップ』『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』などの作品を公開している(2016年5月現在の予定も含む)[18]

オリジナル番組編集

同業者と同様に、他のテレビ局や映画会社の制作した作品に加え、独自性を出すためのオリジナル番組を制作・配信している。

対応機器編集

Amazonビデオは様々なデバイスで利用できる。デバイスには2010年以降に製造されたSamsungLGの多くのスマートTVやブルーレイプレーヤー、PlayStation 3[19]PlayStation 4Xbox 360[20]Xbox OneWiiWii Uといった取り付け機器、iPhoneiPadAndroidといった携帯電話やタブレット[21]Kindle Fireタブレットや Fire Phone が含まれる。サービスは Roku [22]やAmazonのFire TVといったストリーミング機器でも利用できる[23]iOS向けのAmazonビデオのアプリはAirPlayを介してApple TV(第3世代以前)で利用できる[24][25]。Apple TV(第4世代以降)の場合、Apple TV 内のApp Storeから「Amazonビデオ」アプリをダウンロードすることで利用できる。

2019年7月9日(アメリカ現地時間)からGoogleAndroid TVChromecastでも利用できるようになった[26]

動画の質編集

機器にもよるが、画質は最高で1080p (HD)、音声はドルビーデジタル 5.1chまたはドルビーデジタルプラス 5.1chを提供している。購入のみできる作品では(プライム会員は別)、HD オプションは大抵追加料金で提供されている。Amazonビデオは4K(UHD)とハイダイナミックレンジイメージ(HDR)、ドルビーアトモスでの配信をしており、初期はオリジナル作品から開始している[27]

利用条件編集

Amazonビデオの顧客はインターネット上では、Chrome、もしくはFirefoxではHTML5プレーヤー、IE11とMicrosoft EdgeではMicrosoft Silverlightを利用してストリーミング視聴できる[28]

様々なテレビ、ブルーレイプレーヤーや取り付け機器(パナソニック、LG、Samsung などのテレビメーカー)ではブロードバンド接続が必要となる。Amazonビデオは近年製造のPlayStationXboxWiiWii Uなどのビデオゲーム機でも利用できる。

2015年10月1日、AmazonはGoogle ChromecastApple TV製品を2015年10月29日から自社のオンライン販売での取り扱いを禁止すると発表した。Amazonはこれらの取り組みはAmazonビデオをサポートしていない機器であるため、顧客の混乱を避けるためであると弁解している[29]。2019年4月18日、AmazonとGoogleが和解し、ChromecastでのAmazonビデオのサポートが再開され、Amazon Fire TVでのYouTube再生が再開されると報道され[30]、2019年7月9日(アメリカ現地時間)からChromecastに加え、Android TVでもプライム・ビデオの視聴が出来るようになった[26]

2018年1月現在、第4世代以降のApple TVはAmazonビデオをサポートしている[31]

問題点編集

Amazonプライムサービスは、ユーザーの意図に反して加入に導いたり、解約の推移ページで解約ボタンをわかりにくくするなど、ユーザーを不利な行動へと誘導するUIダークパターン)が採用されているため、注意が必要である。これが訴訟事例になったものもある[32]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ https://variety.com/2021/digital/news/amazon-q1-2021-prime-video-viewers-1234963065/
  2. ^ Where Can You Get Amazon Prime Video?”. web.archive.org (2018年10月14日). 2021年5月16日閲覧。
  3. ^ Amazon.de Hilfe: Prime Video”. www.amazon.de. 2021年5月16日閲覧。
  4. ^ Mayo, Benjamin (2016年4月18日). “Video streaming race heats up, Amazon now offers its Prime Video service independent of Prime subscription for $8.99/mo” (英語). 9to5Mac. 2021年5月16日閲覧。
  5. ^ Amazon.com Investor Relations: Press Release”. corporate-ir.net. 2016年6月25日閲覧。
  6. ^ Amazon Media Room: News Release”. corporate-ir.net. 2016年6月25日閲覧。
  7. ^ Amazon.com Help: Amazon Instant Video”. amazon.com. 2016年6月25日閲覧。
  8. ^ Christina Warren2011-02-22 12:45:05 UTC (2011年2月22日). “HANDS ON: Amazon's Prime Instant Video”. Mashable.com. 2013年11月27日閲覧。
  9. ^ Amazon Media Room: Press Releases”. corporate-ir.net. 2016年6月25日閲覧。
  10. ^ Bloomberg News. September 4, 2012. "Amazon Adds Movies to Streaming Service in New Challenge to Netflix." https://adage.com/article/media/amazon-adds-epix-movies-streaming-service/237003
  11. ^ Amazon's Original Series "Alpha House" Debuts Friday”. The Motley Fool. 2013年11月25日閲覧。
  12. ^ Amazon takes on Netflix with rebrand of LoveFilm video-on-demand service”. The Guardian. 2014年2月21日閲覧。
  13. ^ Mance, Henry (2014年2月21日). “Amazon finds less passionate name for Lovefilm streaming service”. https://www.ft.com/cms/s/0/11ba5f00-9ae6-11e3-946b-00144feab7de.html?siteedition=uk#axzz2txvwImkn 2014年2月21日閲覧。 
  14. ^ AMAZON.COM ANNOUNCES FOURTH QUARTER SALES UP 15% TO $29.33 BILLION (XBRL)”. United States Securities and Exchange Commission. 2015年1月29日閲覧。
  15. ^ Amazon boss says Jeremy Clarkson's Top Gear follow-on show 'expensive but worth it'”. The Guardian. 2015年8月16日閲覧。
  16. ^ Jeremy Clarkson, Richard Hammond and James May’s new Amazon Prime show has an absolutely insane budget”. independent.co.uk. 2015年8月7日閲覧。
  17. ^ Amazon drops ‘Instant’ from ‘Instant Video,’ streamlining its streaming brand”. GeekWire. 2015年9月5日閲覧。
  18. ^ Amazonプライム・ビデオ、日本独自作品を大量投入へ……「ベイビーステップ」実写化など10作品 - RBB TODAY・2016年5月31日
  19. ^ Jack Buser (2012年4月3日). “PS3: The First Console to Offer Amazon Instant Video”. PlayStation.blog. 2012年6月15日閲覧。
  20. ^ Lardinois, Frederic. May 29, 2012. "Amazon Instant Video Comes to Xbox 360." https://techcrunch.com/2012/05/29/amazon-instant-video-comes-to-xbox-360/
  21. ^ Amazon Brings Prime Instant Video To All Android Phones In US, UK And Germany. Sep 9, 2014 Sarah Perez
  22. ^ Roku. “Roku - Streaming TV & Media Player”. Roku. 2016年6月25日閲覧。
  23. ^ Amazon Fire TV”. amazon.com. 2016年6月25日閲覧。
  24. ^ Amazon’s Instant Video iOS app now lets you stream to Apple TV via AirPlay — Tech News and Analysis”. Gigaom.com (2013年9月17日). 2013年11月27日閲覧。
  25. ^ What are the production costs for Top Gear?”. Quora. 2016年6月25日閲覧。
  26. ^ a b YouTubeがAmazonのFire TVに、プライム・ビデオがChromecastに正式復帰”. ITmedia(2019年7月10日作成). 2019年7月10日閲覧。
  27. ^ Luke Edwards. “Amazon is going 4K and bringing Prime Instant Video to Android”. Pocket-lint. 2016年6月25日閲覧。
  28. ^ Amazon Plans an Online Store for Movies and TV Shows
  29. ^ “Amazon Will Ban Sale of Apple, Google Video-Streaming Devices”. Bloomberg News. (2015年10月1日). https://www.bloomberg.com/news/articles/2015-10-01/amazon-will-ban-sale-of-apple-google-video-streaming-devices 2015年10月1日閲覧。 
  30. ^ YouTube Returns to Fire TV as Google and Amazon Make Up”. tom's guide. 2019年4月18日閲覧。
  31. ^ “Apple TV 用のストリーミングビデオのコンテンツプロバイダへの問い合わせ”. Apple サポート (Apple). (2017年12月13日). https://support.apple.com/ja-jp/HT204153 2018年1月1日閲覧。 
  32. ^ ユーザーを誘導する「ダークパターン」で得られた同意を認めないという新法が登場

外部リンク編集