Billboard JAPAN(ビルボード・ジャパン)は、米国の音楽チャート『ビルボード』の日本版である[1]。CDの売上枚数のみでチャート(ランキング)を作成するオリコンとは異なり、多様な音楽の視聴スタイルを反映した複合チャートが特徴である。総合シングルチャートであるBillboard Japan Hot 100では、CD売上枚数に加えて、ダウンロード数・CDからパソコンへの取り込み回数・YouTubeでの再生回数・ラジオでのオンエア回数・曲に関するツイート数などが加味されている。チャートは毎週水曜日に更新されるが、表示される更新日は“次の週の月曜日の日付け”である。なおBillboard.com(米国版)では毎週木曜日に発表される。『ビルボード』の刊行会社より独占ライセンスを得て阪神コンテンツリンクにより運営されている[2][3][4][5][6]

目次

歴史編集

2006年、米国の週刊音楽雑誌『ビルボード』の刊行会社と阪神コンテンツリンクが、日本におけるライセンス契約を締結[6]

2007年夏、ライブハウス「Billboard Live」(ビルボードライブ)が東京・大阪・福岡でオープンした[6][7]

2008年2月28日からは日本版チャートの公開を開始した[8]。アメリカ国外でビルボードの名を冠したチャートを発表する国は、カナダ(2007年6月7日開始)に続いて世界で2ヶ国目。

チャート編集

現行チャート

  • 総合
    • Billboard Japan Hot 100:楽曲総合チャート
    • Billboard Japan Hot Albums:アルバム総合チャート(パッケージ・ダウンロードでのアルバムセールスとCDDB参照数でチャート算出、2015年6月8日付から新設)
    • Hot Overseas:洋楽ソング総合チャート(Hot 100から当該ジャンルの楽曲を抽出、2013年12月9日付から新設)
    • Hot Animation:アニメソング・アニメ声優の楽曲の総合チャート(Hot 100から当該ジャンルの楽曲を抽出、2010年12月6日付から新設)
  • CDセールス
    • Top Singles Sales:CDシングルチャート
    • Top Albums Sales:CDアルバムチャート
    • Top Jazz Albums:ジャズCDアルバムチャート
    • Top Classical Albums:クラシックCDアルバムチャート
  • ラジオ・エアプレイ
    • Radio Songs:エアプレイ総合チャート(2015年6月8日付でHot Top Airplayより改称)

過去発表されたチャート

  • Digital and Airplay Overseas:iTunes Store Japanでの売上件数とエアプレイを基にした洋楽チャート、2010年12月6日付 - 2013年11月25日付、現在はHot Overseasに移行
  • Top Overseas Soundtrack Albums:洋楽サウンドトラックアルバムチャート、2008年8月25日付 - 2015年6月1日付
  • Top Independent Albums and Singles:インディーズアルバム&シングルチャート、2008年8月25日付 - 2015年6月1日付
  • Adult Comtenporary Airplay:アダルトコンテンポラリーチャート(聴取対象が35歳以上の番組を元に算出)、2008年9月1日付 - 2015年6月1日付

ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード編集

ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード(Billboard JAPAN MUSIC AWARDS)は、ビルボード・ミュージック・アワードの日本版として2009年度より開始された音楽賞である。

その年度のビルボードジャパン1年間のチャートを元に、各チャートの年間1位に贈られる「チャート部門」、各チャートから1度でも1位を取ったアーティストをノミネート対象とし、インターネット及び携帯サイトでの一般投票で決められる「アーティスト部門」とその中の最多得票を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」等で構成される。

脚注編集

  1. ^ Billboard Japan Unveils Chart Redesign, Opens Voting for Artist of the Year Ahead of Music Awards 2014”. ビルボード (2014年12月15日). 2016年4月15日閲覧。
  2. ^ Nielsen Business Media, Inc. (2011-01-08 - 2011-03-26). Billboard 8 January – 26 March 2011. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 9–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=D0b70DQT1HkC&pg=RA9-PA4&dq=%22Hanshin+Contents+Link,+the+op+erator+of+Billboard+Japan%22. 
    Billboard Japan Music Awards Name Exile Artist Of The Year”. ビルボード (2011年3月1日). 2016年4月15日閲覧。
    CRISIS MANAGEMENT: MUSIC BIZ OFFERS SUPPORT TO JAPAN AFTER QUAKE”. ビルボード (2011年3月28日). 2016年4月15日閲覧。
    Nielsen Business Media, Inc. (2011-01-08 - 2011-03-26). Billboard 8 January – 26 March 2011. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 5–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=D0b70DQT1HkC&pg=RA5-PA53. 
  3. ^ 'Billboard Live' Venues To Roll Out In Japan”. ビルボード (2006年9月14日). 2016年4月11日閲覧。
  4. ^ 'Billboard Live' Venues To Roll Out In Japan”. ビルボード (2006年9月14日). 2016年4月15日閲覧。
  5. ^ Nielsen Business Media, Inc. (18 August 2007). Billboard 18 August 2007. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 34–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=5Q4EAAAAMBAJ&pg=PA34&dq=Hanshin+Contents+Link. 
  6. ^ a b c 阪神、ビルボードと提携 ライブハウスを来夏開業”. 共同通信 (2006年9月14日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月15日閲覧。
  7. ^ Billboard Brings Music to Japanese Ears”. Direct Marketing News (2006年10月4日). 2006年10月4日閲覧。
  8. ^ 日本版ビルボードチャート始まる オンエア数も加味”. 朝日新聞社. 2008年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月15日閲覧。

外部リンク編集