メインメニューを開く

Billboard Japan Hot Animation(ビルボード・ジャパン・ホット・アニメーション)は、Billboard JAPANによって発表されている日本音楽チャートである。Billboard Japan Hot 100総合楽曲チャートからテレビアニメアニメーション映画タイアップ楽曲と、アニメ声優による楽曲を抽出し、順位化したBillboardチャートでは世界初のアニメソングチャートである[1][2]

目次

歴史編集

Billboard JAPANチャートを音楽マーケットをより反映したチャートにリニューアルする目的で、2010年12月に洋楽楽曲チャート「Digital & Airplay Overseas」とともに提供が開始された。最初に首位を獲得したのは、2010年12月6日付けの寿美菜子の「Startline」であった[2]

首位獲得作品編集

記録編集

連続首位記録
アーティスト 出典
11 DAOKO×米津玄師 打上花火 2017年 [11][12]
8 RADWIMPS 前前前世 2016年 [11][13]
通算首位記録
アーティスト 出典
17 RADWIMPS 前前前世 2016年 - 2017年
15 DAOKO×米津玄師 打上花火 2017年 [14]
8 松たか子 Let It Go〜ありのままで〜 2014年

出典編集

  1. ^ “About charts”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年). http://www.billboard-japan.com/common/about/ 2017年10月5日閲覧。 
  2. ^ a b “ビルボードジャパン新チャート提供開始のお知らせ”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2010年12月1日). https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201012013190/ 2017年10月5日閲覧。 
  3. ^ “Hot Animation 2011年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2011年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2011 2017年10月5日閲覧。 
  4. ^ “Hot Animation 2012年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2012年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2012 2017年10月5日閲覧。 
  5. ^ “Hot Animation 2013年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2013年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2013 2017年10月5日閲覧。 
  6. ^ “Hot Animation 2014年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2014年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2014 2017年10月5日閲覧。 
  7. ^ “Hot Animation 2015年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2015年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2015 2017年10月5日閲覧。 
  8. ^ “Hot Animation 2016年年間チャート”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年). http://www.billboard-japan.com/charts/detail?a=anime_year&year=2016 2017年10月5日閲覧。 
  9. ^ “【ビルボード年間Hot Animation】2017年アニメ・チャートのトップは強力タッグによるコラボ曲”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年12月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58158/2 2017年12月8日閲覧。 
  10. ^ “ビルボードジャパン 2018年 年間ランキング発表~【HOT 100】は米津玄師「Lemon」、【Hot Albums】は安室奈美恵『Finally』が首位”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2018年). http://www.billboard-japan.com/special/detail/2543 2019年1月19日閲覧。 
  11. ^ a b “【ビルボード】DAOKO×米津玄師「打上花火」、ついに「前前前世」のアニメ・チャート連続首位記録を破る”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年10月11日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56284/2 2017年10月11日閲覧。 
  12. ^ “【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」、アニメ・チャート通算11回目の首位に アイマスシリーズ上位に2曲”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年10月25日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56770/2 2017年10月25日閲覧。 
  13. ^ “【ビルボード】DAOKO×米津玄師、8週連続アニメ・チャート1位で「前前前世」連続首位記録に並ぶ(※10/4訂正)”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年10月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/56087/2 2017年10月4日閲覧。 
  14. ^ “【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャートでついに通算15回目の首位”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2017年12月20日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/58584/2 2017年12月24日閲覧。 

外部リンク編集