メインメニューを開く

CHRONICLE to the future』(クロニクル・トゥー・ザ・フューチャー)は、鈴村健一の2枚目のオリジナルアルバム2011年3月9日Lantisから発売された。

CHRONICLE to the future
鈴村健一スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
(LACA-35103(初回限定盤))
(LACA-15103(通常盤))
チャート最高順位
鈴村健一 アルバム 年表
Becoming
2009年
CHRONICLE to the future
(2011年)

2012年
『CHRONICLE to the future』収録のシングル
  1. in my space
    リリース: 2010年7月7日
  2. 月とストーブ
    リリース: 2010年11月24日
テンプレートを表示

目次

概要編集

前作『Becoming』から約1年5ヶ月ぶりのリリースであり、2011年1作目の作品。

初回限定版は「CHRONICLE」のPVを収録したDVDとの2枚組仕様。4thシングル「and Becoming」からは「いぬ331」のみ収録されている。作詞は全曲とも鈴村が手掛けている。

アルバムのコンセプトは『旅立ち』であり、収録曲は同コンセプトをテーマに制作した。また、「春の日よ」は『旅立ち』を「卒業」という形で描いた曲[1]

第一回ミュージック・ジャケット大賞2011において準大賞を受賞[2]

批評編集

CDジャーナルは、「未来を描いた「CHRONICLE」などの様々な情景、人生観を言葉にして歌唱している。」と批評している[1]

収録曲編集

(全作詞:鈴村健一

  1. CHRONICLE [5:04]
    作曲・編曲:黒須克彦大久保薫(ストリングスアレンジ)
  2. 春の日よ [4:12]
    作曲・編曲:黒須克彦
  3. トハイヱ [3:44]
    作曲: TODA KOHEI・菊谷知樹
  4. 70億分の1 [4:58]
    作曲・編曲:松下典由
  5. ハナサカ [4:30]
    作曲・編曲:板垣祐介
  6. エル・キホーテ [4:08]
    作曲・編曲:corin.
  7. Landscaper [4:35]
    作曲・編曲:NOIZ'n GIRL
  8. in my space [4:20]
    作曲・編曲:宮崎誠
  9. 光よりはやく飛ぶロケット [5:29]
    作曲・編曲:菊池達也
  10. フタリジカン [4:58]
    作曲・編曲: 松下典由
  11. いぬ331 [3:47]
    作曲:澤野弘之、編曲:菊谷知樹
  12. 月とストーブ [6:01]
    作曲・編曲:飯塚昌明

出典編集

  1. ^ a b 鈴村健一 / CHRONICLE to the future”. CDジャーナル (2011年3月9日). 2011年8月23日閲覧。
  2. ^ ミュージック・ジャケット大賞2011 受賞作発表”. 2011年11月22日閲覧。

外部リンク編集