メインメニューを開く

エピブラスト幹細胞

Epi幹細胞から転送)

エピブラスト幹細胞[1][2][3](えぴぶらすとかんさいぼう、エピ幹細胞、epiblast stem cell、epi-stem cell[2]、EpiSC[3][4])は、マウス胚のエピブラスト英語版を単離培養して樹立される幹細胞。マウスES細胞よりもヒトES細胞に近い性質を持つ[1][2][4]幹細胞研究の新たなツールとして期待され[4]、様々な研究が行われている[5][6][7][8][9]

概要編集

エピブラスト幹細胞に関する初めての論文は、2007年7月12日英国科学雑誌ネイチャーで2本同時に掲載された[10][11]。ES細胞と異なり、マウスとラットの着床後胚の後期エピブラストから樹立した細胞株である。なお、エピブラストは、胚盤葉上層[12]、胚体外胚葉[13]、原始外胚葉[5]などと呼ばれる。

ES細胞とエピブラスト幹細胞を比較すると、

という共通点がある。しかし、エピブラスト幹細胞は

という特徴を持ち、その性質はナイーブ型のマウスES細胞よりもプライム型のヒトES細胞に近い[1][2][4][17]

エピブラスト幹細胞からの分化誘導[5]やエピブラスト様細胞(EpiLC)についての研究開発も行われ[7]2013年には九州大学の研究チームが大量培養法を発表している[1][8]。また、エピブラスト幹細胞由来の神経板細胞を発生させ、その転写制御ネットワークを解明しようという研究も進められている[18][19]

研究論文編集

最初の論文編集

その後の論文編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 研究内容(マウス初期発生の概略、エピブラスト幹細胞、他)”. 九州大学大学院医学研究院 発生再生医学分野. 2014年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 花園,生化学誌 2011, p. 1060.
  3. ^ a b c 丹羽仁史 2012, p. 5.
  4. ^ a b c d 慶応義塾G-COE論文紹介 2011.
  5. ^ a b c 福永直人、他 2011.
  6. ^ Han, et.al. 2011.
  7. ^ a b 特許公表2013-538038「多能性幹細胞から生殖細胞への分化誘導方法」(発明者:斎藤通紀、林克彦、出願人:京都大学、出願日:2011年7月28日)
  8. ^ a b Sumi, et.al. 2013.
  9. ^ 丹羽仁史 2014.
  10. ^ I. Gabrielle M Brons, et.al. 2007.
  11. ^ Paul J. Tesar, et.al. 2007.
  12. ^ エピブラスト”. バイオキーワード集. 実験医学Online. 2014年8月17日閲覧。(実験医学増刊 Vol.30 No.10より)
  13. ^ 斎藤通紀. “多能性幹細胞(ES/iPS細胞)からの生殖細胞作成研究:現状と展望 (PDF)”. ライフサイエンスの広場. 文部科学省. 2014年8月17日閲覧。
  14. ^ 丹羽仁史 2012, p. 6.
  15. ^ ただし、丹羽仁史らのグループにより、「Eカドヘリン」を発現させたエピブラスト幹細胞がキメラ形成に寄与することを確認している[14]
  16. ^ 用語説明”. もっと知るiPS細胞. 京都大学iPS細胞研究所. 2014年8月26日閲覧。
  17. ^ 花園,実施報告 2012, p. 1-2.
  18. ^ 松田一成科研費報告 2014.
  19. ^ 松田一成博士論文 2014.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集

(公的機関の解説ページ)

(専門家のブログ)