FBI超能力捜査官

FBI超能力捜査官』(エフビーアイちょうのうりょくそうさかん)は、日本テレビで不定期に放送されていた特別番組

目次

内容編集

初放送は2003年1月18日。アメリカ・連邦捜査局(FBI)に在籍していたと自称する“捜査官”が、未解決事件の犯人探しや、行方不明者を探すと言った企画が主な内容である。また、タイムカプセルを掘り起こす企画もあった。

ただし、FBI超能力捜査官という役職はFBIには存在しない上、FBIに所属する者は法律で国外活動が禁止されている。また、アメリカの警察関係組織に超能力捜査官(番組ではPsychic Investigatorと呼ばれている)という役職もない。この名称は日本のテレビ局が番組作成の際につけた名前である。

功績とされる事例編集

  • 2003年3月の放送で紹介した、当時未解決だった、青森県で発生した武富士弘前支店強盗殺人・放火事件で出演者の一人が、犯人と思われる似顔絵を書き放送した。翌日見事に犯人は逮捕となった。ただし、実際は放送前から参考人としてこの男が浮上しており、犯人のモンタージュの似顔絵もメディアで広く報道され、武富士のポケットティッシュにも似顔絵が同梱されていた。また、番組内で紹介された犯人の素性(住所、職業、犯行動機など)や事件後の動向(番組の超能力者は「犯行時に火傷を負い仕事を休んでいた」と主張していたが、実際は事件後も仕事を続けていた)は、実際のそれとは隔たりが大きかったが[1]、逮捕後の番組では「超能力者が描いた想像図は犯人の顔とそっくり」という主張がなされた。
  • 2007年9月25日の放送で、お笑いコンビ麒麟田村裕が、以前から行方不明だった父親の捜索を依頼し、父親は大阪で見つかった。ただし、「と学会」会長である作家の山本弘が実際に大阪市内で検証を行った結果、このときの調査内容には番組側の捏造が多数あったとの指摘がなされている[1]。たとえば、番組では捜査官マクモニーグルの透視によって父親は「ピーチカラーの建物」に住んでいるとの情報を得て、現地でそれらしきビルを発見したと放送しているが、そのビルの外装は実際には赤茶色だった。透視に該当するようなビルが現地にはなかったため、違う色のビルを画像の色調をピンク色に変えて撮影していたのである。

スタッフ編集

過去のスタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 『と学会白書BROWN』第2章「『ホームレス中学生』ベストセラーの真相-超能力による父親探しの大ウソ-」、山本弘

関連項目編集