メインメニューを開く

FREEDOM」(フリーダム)は、globeの楽曲及び、5枚目のシングル1996年3月27日発売。発売元はavex globe

FREEDOM
globeシングル
初出アルバム『globe
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex globe
作詞・作曲 小室哲哉
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 1996年4月度月間7位(オリコン)
  • 1996年度年間57位(オリコン)
  • globe シングル 年表
    DEPARTURES
    (1996年)
    FREEDOM
    (1996年)
    Is this love
    (1996年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    1作目のアルバム『globe』のリードシングルとして発売された。

    何のイメージも描かずに0から制作した曲で、ピアノに触ったら一瞬で何かに導かれるように全てのフレーズが浮かんだ[1]。しかし、バックトラックの音のピッチのずれの修正に3日かけた。途中でプログラマーが「この仕事を10年やってますけど、どこがどう違うのかわかりません!」と匙を投げそうになった[2]

    ダンスミュージック調の案もあったが、ロック調のアレンジを施した[1]

    「『どんなコード進行を使っているのか?』『どんなメロディーラインなのか?』『どういう内容の歌詞なのか?』という一度聴いただけではわからない、だけど気持ち良い」という世間に受け入れられ始めていた自覚的に使用している小室の制作スタイルを最大限に活用し、「王道中の王道」「一行毎に様々な意味を込めている」と語っている[1]

    マーク・パンサーが担当したラップ詞は小室から「メチャクチャ甘い感じのする一人称で」「日本語も混ぜてね」と注文された。事前に部屋で必死に書いた詩は「内容が重い」と没になり、その後スタジオの合宿で一気に書いたほうが採用され、後に「『よくあんな日本語が書けたな』と自分でも感動してしまった」と語っている。これは雰囲気の堅い詞は小室が書くことでバランスをとることにより、典型的なプロテストソングになることを防ぐ狙いがあった[1][3]

    2015年にセルフリプロダクト・アルバム「Remode 1」を制作するにあたって、小室は「当時の「FREEDOM」は歌詞も社会性のある内容で、マイナーコードなので今聞くとちょっと重た過ぎるような感覚もあった」と述べている[4]

    収録曲編集

    1. FREEDOM (RADIO EDIT)
      Written by Tetsuya Komuro & Marc
      Composed & Arranged by Tetsuya Komuro
      KDD(現・KDDICMソング
    2. FREEDOM (EXTENDED MIX)
    3. FREEDOM (TV MIX)

    収録アルバム編集

    FREEDOM

    カバー編集

    脚注編集

    1. ^ a b c d ソニー・マガジンズ刊「WHAT's IN?」1996年5月号87P-89Pより。
    2. ^ 角川書店刊「CDでーた」1996年6月5日号19Pより。
    3. ^ ソニー・マガジンズ刊 『ギターブック』 1996年7月号23Pより。
    4. ^ globe『Remode 1』小室哲哉ロングインタビュー music.jp
    5. ^ globeカバー盤にHYDE、浜崎あゆみ、NMB梅田ら追加&曲目判明”. 音楽ナタリー (2015年12月4日). 2015年12月4日閲覧。

    外部リンク編集