FUJI XEROX SUPER CUP2016

FUJI XEROX SUPER CUP2016(フジ ゼロックス スーパーカップ2016)は、2016年2月20日日産スタジアム神奈川県横浜市)で行われた、23回目のFUJI XEROX SUPER CUP (FXSC) である。

FUJI XEROX SUPER CUP 2016
開催日 2016年2月20日
会場 日産スタジアム(横浜)
主審 日本の旗 飯田淳平
観客数 33,805人
天気 雨 / 12.9℃ / 68%

参加クラブ編集

前年のチャンピオンシップ決勝と同じ顔合わせとなった。

概要編集

主催
公益財団法人 日本サッカー協会 / 公益社団法人 日本プロサッカーリーグ[1]
主管
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ / 一般社団法人 神奈川県サッカー協会[1]
後援
神奈川県 / 神奈川県教育委員会[2]
特別協賛
富士ゼロックス株式会社[3]
賞金
  • 優勝 3,000万円
  • 準優勝 2,000万円

試合結果編集

スケジュールの関係上前年大会より1週間早い試合となり、かつあいにくの雨模様となったが、日産スタジアムには首都圏のチームが出場しないにもかかわらず3万を超える観衆が詰めかけた。

前回対戦からわずか2ヶ月での両チームの再戦に、オープンな展開となりがちなFXSCとしては珍しく、お互いの新戦力を探るような慎重な立ち上がりとなる[4]。広島はポゼッションでG大阪を上回るもののフィニッシュには至らず、前半のシュート数は広島2本・G大阪1本と、“ジャブの応酬”のみでハーフタイムを迎えた。

後半に入り6分、広島は右サイドでMF青山敏弘からDF塩谷司にパス、塩谷の縦方向のクロスにFW佐藤寿人が左足かかとで押し込み、広島が先制する[4]。さらに後半12分、広島MF柏好文の左からのクロスをG大阪DF丹羽大輝がブロック。丹羽は顔面ブロックで防いだようにも見えたが、これをこの日の主審である飯田淳平が丹羽の左腕に当たったと判断しPKの判定[注 1]。これを佐藤に替わって出場したFW浅野拓磨が決めてリードを2点に広げる。

これに対し、G大阪も23分にはカウンターから右サイドを駆け上がったDF阿部浩之が折り返し、FW宇佐美貴史がダイビングヘッドで1点を返す。しかしその直後、広島はMF柴崎晃誠に替えて新戦力のFWピーター・ウタカを投入。するとその4分後、コーナーキックからの相手のクリアボールをウタカが右足ダイレクトで決める[4]。退団したFWドウグラスの代役としても期待されるウタカ[7]のゴールで再び広島が突き放す。

その後G大阪も反撃を試みるが、得点に至らず。広島が2年ぶり4度目の優勝を果たした。新戦力のチームへの融合度合いが試合の明暗を分ける結果となった[4][7]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 01   林卓人
DF 33   塩谷司
DF 05   千葉和彦
DF 19   佐々木翔   38分
MF 14   ミキッチ
MF 08   森崎和幸
MF 06   青山敏弘   83分
MF 18   柏好文
MF 30   柴崎晃誠   69分
MF 25   茶島雄介
FW 11   佐藤寿人   53分
控え:
GK 21   廣永遼太郎
DF 04   水本裕貴
MF 37   宮原和也
MF 28   丸谷拓也   83分
MF 16   清水航平
FW 09   ピーター・ウタカ   88分   69分
FW 10   浅野拓磨   53分
   
監督
  森保一
GK 01   東口順昭
DF 22   オ・ジェソク
DF 05   丹羽大輝   55分
DF 15   今野泰幸
DF 04   藤春廣輝
MF 21   井手口陽介   45+1分
MF 07   遠藤保仁
MF 13   阿部浩之   76分
MF 39   宇佐美貴史
MF 09   アデミウソン   60分
FW 29   パトリック   60分
控え:
GK 18   藤ヶ谷陽介
DF 06   金正也
DF 35   初瀬亮
MF 11   倉田秋   60分
MF 25   藤本淳吾   76分
MF 27   内田達也
FW 20   長沢駿   60分
   
監督
  長谷川健太
FUJI XEROX SUPER CUP2016 優勝
サンフレッチェ広島
2年ぶり4度目

脚注編集

注記編集

  1. ^ このジャッジについて、丹羽は終了直後に飯田にあいさつをした際に飯田が誤審を認めたと証言したが、飯田はこの発言を否定している[5]。また、審判委員長の上川徹は2月24日に「映像で見ると顔に当たっているように見える」この判定が誤審であったことを認めている[6]

出典編集

  1. ^ a b 大会概要”. 日本プロサッカーリーグ. 2015年2月27日閲覧。
  2. ^ “【FUJI XEROX SUPER CUP 2016】大会後援に「神奈川県」、「神奈川県教育委員会」が追加決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月29日), http://www.jleague.jp/release/post-41455/ 2016年2月8日閲覧。 
  3. ^ “スーパーカップ冠スポンサーに富士ゼロックス株式会社 開催概要決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-40989/ 2016年2月8日閲覧。 
  4. ^ a b c d 宇都宮徹壱 (2016年2月21日). “明暗を分けた新戦力のフィット感 ゼロックス杯2016 広島対G大阪”. スポーツナビ (Yahoo! JAPAN). http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201602210001-spnavi 2016年4月9日閲覧。 
  5. ^ “G大阪丹羽、主審が誤審認めたと証言も本人は否定”. 日刊スポーツ. (2016年2月20日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1607039.html 2016年4月9日閲覧。 
  6. ^ “丹羽のハンド 審判委員長が誤審認める”. デイリースポーツ. (2016年2月24日). http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2016/02/24/0008833700.shtml 2016年4月9日閲覧。 
  7. ^ a b ショーン・キャロル (2016年2月26日). “【英国人の視点】成熟度の違いを見せつけた広島。起爆剤ウタカの加入でさらなる高みへ”. フットボールチャンネル (カンゼン). http://www.footballchannel.jp/2016/02/26/post139601/ 2016年4月9日閲覧。 

外部リンク編集