G5榴弾砲は、南アフリカ共和国が1982年に開発した口径155mmの榴弾砲である。

G5 155mm榴弾砲

開発編集

従来の南アフリカ国防軍の火砲は旧宗主国であるイギリス製のQF 25ポンド砲BL 5.5インチ砲アメリカ製のM2ロングトムなど、第二次世界大戦中に開発されたものが主力であったが、アパルトヘイト政策による武器禁輸によって新型火砲の入手が難しくなった。

その後もイスラエルからソルタムM68 155mm榴弾砲などを導入していたが、アンゴラ内戦への介入と侵攻において対峙したアンゴラ軍キューバ軍はソ連から第二次大戦後に設計された新型火砲を多数供与されており、特にM-46 130mmカノン砲は南アフリカ軍の保有するいかなる火砲の最大射程をも上回っていたため砲兵同士の砲撃合戦において大変不利な戦いを強いられた。このため、南アフリカ国防軍はM-46カノン砲を上回る射程を有する火砲を緊急に必要としていた。

概要編集

この火砲は、カナダジェラルド・ブル博士が開発したGC45 155mm榴弾砲を、当のブル博士が改良に参加して設計された榴弾砲である。当時としては異例の長砲身である45口径砲を採用し、標準榴弾で30kmという長射程を実現した。 またベースブリード弾を使用すると 37.5km の長射程を誇り、当時各国の野砲弾における最大射程を大きく上回る能力を獲得した。 この砲は4輪式の砲架に搭載されており、砲架装置の油圧装置を駆動したり短距離の自走が可能なように空冷ガソリンエンジンを搭載している。

派生型としては、G5の技術を応用したG7 105mm榴弾砲やG5を自走砲化したG6 155mm自走榴弾砲のほかにもT-72の車体に搭載可能な砲塔も開発されている。

同性能の牽引式榴弾砲の比較
 / / FH70  TRF1  G5  2A65  M198  M777
画像            
主砲 39口径155mm 40口径155mm 45または52口径155mm 47口径152mm 39.3口径155mm 39口径155mm
全長 9.8 m(牽引時)
12.4 m(射撃時)
10 m(牽引時) 9.1 m(牽引時) 11.4 m - 12.7 m(射撃時) 7.09 m(牽引時)
11.3 m(射撃時)
9.5 m(牽引時)
10.7 m(射撃時)
全幅 2.56 m(牽引時) 3.09 m(牽引時) 3.3 m(牽引時) 不明 2.79 m(牽引時)
8.53 m(射撃時)
3.3 m(牽引時)
全高 2.56 m(牽引時) 1.79 m(射撃時) 2.1 m(牽引時) 2.12 m(牽引時)
1.8 m(射撃時)
不明
重量 7.8 t - 9.6 t 10.52 t 13.75 t 7 t 7.162 t 4.218 t
砲員数 8名 7名 8名 6 - 11名 11名 5名
最大射程 24 km(通常弾)
30 km(RAP弾)
30 km(通常弾)
50km(RAP弾)
24.7 km(通常弾)
28.9 km(RAP弾)
22.4 km(M107弾
26.5 km(M795弾
30km(RAP弾)
24 km(M107弾)
30 km(ERFB弾)
40 km(M982弾
発射速度 3発/15秒(最大)
3-6発/分(持続射撃)
3発/分(最大)
1発/分(連続射撃時)
8発/分(最大)
1発/分(連続射撃時)
4発/分(最大)
2発/分(持続射撃)
5発/分(最大)
2発/分(持続射撃)
採用国 10 3 6 7 10 4

採用国編集

スペック編集

  • 口径:155mm
  • 全長:9.1m
  • 全幅:3.3m
  • 重量:13,750kg
  • 砲身長:G5 mk1:6,975mm (45口径) / G5-2000:8,060mm(52口径)
  • 仰俯角:-3°~+70°
  • 左右旋回角:°
  • 運用要員:8名
  • 発射速度:3発/分(最大)、1発/分(連続射撃時)
  • 射程距離:30,000m(標準榴弾)/50,000m(ロケット補助推進弾)

脚注編集

  1. ^ 『兵器マフィア――武器秘密取引の内幕』(光文社, 1992年 ISBN 4334970680)(P68-83ページ)

関連項目編集