G6 155mm自走榴弾砲は、南アフリカ共和国自走砲

G6 155mm自走榴弾砲
SANDF Armed Forces Day 2017 - South African Army G6 155mm howitzer 2 (32203176464).jpg
2017年、ダーバンで展示されたG6
基礎データ
全長 10.4 m
全幅 3.4 m
全高 3.5 m
重量 46.5 t
乗員数 6 名
(G6-52は、3名~5名)
装甲・武装
装甲 mm
主武装 155mm榴弾砲×1門(砲弾47発)
副武装 銃眼、砲塔左側のキューポラに機関銃1挺[1]
機動力
整地速度 85 km/h
不整地速度 30 km
エンジン 空冷ディーゼル
525hp
懸架・駆動 6 x 6
行動距離 整地:700km 不整地:350km
出力重量比 hp/t
データの出典 南アフリカ共和国陸軍”. 2012年7月12日閲覧。
テンプレートを表示

概要編集

本車は装輪式自走砲(6×6)で、アームスコー社(元国営企業。現在のデネル社等)が開発した。1981年には試作型が完成し、1984年には生産型が完成した[2]。1987年より生産が開始され43両が生産された。

搭載されたG5榴弾砲は当初、世界最長の射程距離を誇っていた。

南アフリカ共和国陸軍に配備された他、1990年にはアラブ首長国連邦(G6 M1A3、78両)に、1994年にはオマーン(24両)にそれぞれ輸出されている。1988年にイランの軍事パレードで目撃されたとする情報もあるも数量は不明である[3]

装輪型自走榴弾砲の比較
 19式  / アーチャー  カエサル  ATMOS  ダナ  ノーラ B-52  G6-52  A-222
画像                
全長 11.4m 14.1m 10m 9.5m(本体) 11.1m 11.0m 10.4m 15.936m
全幅 2.5m 3.0m 2.55m 2.55m(本体) 3.0m 2.95m 3.5m 3.24m
全高 3.4m 3.3-3.9m 3.7m ? 2.85m 3.45m 3.4m 3.29m
重量 25t以下 33.5t 17.7t 22t(参考) 29t 34t(K-I)
25t(K2)
46.5t 43.7t
最高速度 不明 65km/h 100km/h 80km/h(道路上)
30km/h(不整地)
80km/h 90km/h(道路上)
25km/h(砂利道)
15km/h(不整地)
85km/h 60km/h
乗員数 5名 3-4名 5名
(緊急時3名)
4-6名 5名 3-5名 3-5名 4-8名
主砲 52口径155mm 36.6口径152mm 52口径155mm
(砲室23Lまたは25L)
52口径155mm 54口径130mm
副武装 - プロテクターRWS×1 - - DŠKM 12.7mm重機関銃×1 7.62mm機銃
または7.62mm/12.7mm RCWS
- PKT 7.62mm機関銃
最大射程 不明 60km(M982) 50km(RAP弾) 41km(ベースブリード弾) 28km(ベースブリード弾) 58km(HE ERFB/RA-BB)
67km (HE V-LAP)
67km(M9703A1)
実験では73kmも記録
22km
発射速度 不明 8-9発/分 6-8発/分 4-9発/分 5発/分 6-12発/分 4発/分 12発/分
自動装填装置 不明 装填アシスト
装甲 不明
(キャビンのみ)

(完全防護はK-I,K2のみ)
備考 2019年現在試験中。
数値は試作車[4]
射撃準備・撤去は各30秒
全自動で装填・射撃可能
8分で全弾給弾可能
装薬は手動装填
タッチパネル照準装置
6x6や8x8のトラックを自由に選択可能 世界初の装輪式自走榴弾砲
砲塔は225°旋回可
砲塔は360°旋回可
背面には水平射撃可
対戦車誘導砲弾あり
沿岸砲として運用
砲の仕様は海軍艦艇と共通


型式編集

G6
初期型。G6-52との対比でG6-45とされる場合もある[5]
G6V
南アフリカ共和国陸軍の採用型。通称ライノ[1]
G6 M1A3
アラブ首長国連邦陸軍の採用型。78両が生産された。
G6-52
G6の改良型。52口径155mm砲を搭載した他、FCSなど全面的に改修されている。
G6-52L
薬室容量を23リットルから25リットルへ増大させ、弾種によっては最大射程70kmを超える。

戦歴編集

アンゴラ内戦中の1987年に発生したクイト・クアナヴァレの戦い英語版に投入されてアンゴラ解放人民運動(MPLA)を砲撃した[2][6]

2015年イエメン内戦ではアラブ首長国連邦陸軍によって投入された[7][8]

採用国編集

出典編集

  1. ^ a b G6 155mm Self-Propelled Howitzer, South Africaarmy-technology(2012年7月12日閲覧)
  2. ^ a b I B Greeff (1992年6月). “SOUTH AFRICA'S MODERN LONG TOM”. Military History Journal Vol 9 No 1 - June 1992. The South African Military History Society. 2012年7月12日閲覧。
  3. ^ 『兵器マフィア――武器秘密取引の内幕』(光文社, 1992年 ISBN 4334970680)(P68-83ページ)
  4. ^ 防衛装備庁 : 装輪155mmりゅう弾砲(試作品) - 防衛装備庁
  5. ^ G6-52デネル社(2012年7月12日閲覧)。
  6. ^ Weigert, Stephen (2011). Angola: A Modern Military History. Basingstoke: Palgrave-Macmillan. pp. 87–96. ISBN 978-0230117778.
  7. ^ Binnie, Jeremy (7 August 2015). "Analysis: Emirati armoured brigade spearheads Aden breakout". London: Jane's Information Group.
  8. ^ "SA arms used to bomb civilians in Yemen". The Sunday Times. Johannesburg. 11 November 2015.
  9. ^ a b c G6 155mm Self Propelled Howitzer, South Africa”. army-technology.com. 2010年1月1日閲覧。

関連項目編集

ジェラルド・ブル博士が設立したスペースリサーチコーポレーション(SRC)設計のGC-45 155mm榴弾砲を元にアームスコー社が開発した。

外部リンク編集