メインメニューを開く

株式会社Jリーグメディアプロモーション(ジェイリーグメディアプロモーション)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の公式映像を製作・管理する会社である。公益社団法人日本プロサッカーリーグの子会社。

株式会社Jリーグメディアプロモーション
J.LEAGUE Media Promotion,Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
113-0033
東京都文京区本郷三丁目10番15号 JFAハウス8階
設立 1993年(平成5年)4月
業種 情報・通信業
法人番号 9010001085865
事業内容 Jリーグ公式戦の映像制作、収録、保存、管理、販売など[1]
代表者 代表取締役社長 鈴木秀和
資本金 3,000万円
主要株主 (公社)日本プロサッカーリーグ 34%[2]
ジェイリーグエンタープライズ 10%[2]
NHKグローバルメディアサービス
日本テレビ放送網
東京放送ホールディングス
フジテレビジョン
テレビ朝日ホールディングス
テレビ東京
大日本印刷
スカパーJSAT
外部リンク https://jmp.j-league.biz/
テンプレートを表示

概要編集

1993年に、Jリーグの映像管理を行う「ジェイリーグ映像株式会社」として設立され、2008年6月に現社名に変更した。Jリーグ及びその関連会社であるジェイリーグエンタープライズのほか、在京民間テレビ放送各社大日本印刷などが出資している。

Jリーグ公式戦の各種試合映像、記録映画の製作及びJリーグが権利を保有する映像の著作権管理業務の受託を中心に、J's GOALをはじめインターネットコンテンツの開発・運営、Jリーグ主催試合の公式記録を管理する「Jリーグデータセンター」の運営業務の受託等を主な業務としている。かつては日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)およびサッカー日本代表公式戦など日本サッカー協会 (JFA) が権利を保有する一部試合の映像管理も行っていたが、こちらについては2017年4月1日以降、映像管理会社のプラットイーズ​が設けた「JFA映像アーカイブセンター」に移管された。

また、Jリーグ公式サイト「J.LEAGUE.jp」及びファンサイト「J's GOAL」の運営も行っているほか、スカパー!のハイライト番組(Jリーグアフターゲームショー/マッチデーJリーグ/Jリーグマッチデーハイライト)の制作協力も行っていた。

2014年シーズンからイマジカ・ロボット ホールディングスとJリーグの記録映像のアーカイブ構築を目的とした映像アーカイブパートナー契約を締結[3]。Jリーグ発足時からの公式映像をデジタル化した上でデータベース化し、IMAGICA経由で配信する仕組みを構築した[4]

脚注編集

  1. ^ 会社概要”. Jリーグメディアプロモーション. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ a b “グループ組織再編(「新会社設立」及び「役員変更」)に関するお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月4日), http://www.jleague.jp/release/post-47668/ 2017年1月9日閲覧。 
  3. ^ “株式会社Jリーグメディアプロモーションと映像アーカイブパートナー契約を締結” (プレスリリース), イマジカ・ロボット ホールディングス, (2013年11月14日), https://www.imagicarobot.jp/news/2013/20131114.html 2017年1月9日閲覧。 
  4. ^ Jリーグ映像のアーカイブ構築”. イマジカ・ロボット ホールディングス (2014年9月11日). 2017年1月9日閲覧。

外部リンク編集