K-131 1/4tトラック(K-131 1/4톤 트럭)は大韓民国起亜自動車が開発・製造した小型軍用車両である。K131KM131KM420の名称が使用される場合もある。

K-131
K-131.jpg
種類 軍用車両
原開発国 大韓民国の旗 韓国
運用史
配備期間 1990年代~現在
開発史
製造業者 起亜自動車
製造期間 1997年2012年
製造数 32000台以上
派生型 バリエーション参照
諸元
重量 1,580 kg
全長 4,006 mm
全幅 1,745 mm
全高 1,890 mm
要員数 5名

主兵装 KM422:TOW対戦車ミサイル
KM424:106mm無反動砲
KM425:K4グレネードランチャー
エンジン 2L 水冷4サイクル 直列4気筒 DOHC ガソリンエンジンマツダ FE型
2L 水冷 直列4気筒 ターボチャージ ディーゼルエンジンマツダ RF型
搭載容量 540 kg
変速機 5速マニュアル
懸架・駆動 リーフスプリング式パートタイム式四輪駆動
行動距離 ガソリン仕様:480 km
ディーゼル仕様:530 km
速度 ガソリン仕様:130 km/h
ディーゼル仕様:115 km/h
テンプレートを表示

概要編集

 
民生用のキア・レトナ

大韓民国国軍では1970年代後半以降、亜細亜自動車M606(ウィリス製ジープ)を参考に開発したK-111を全軍で運用しており、K-131はこの後継として民間向けSUV起亜・スポーテージを基に開発された。1998年からはK-131の民間向け仕様であるレトナも製造されている。

K-131の開発母体はK-111と同じく亜細亜自動車であるが、1976年以降の同社は起亜自動車の子会社となっていたため、実際の製造は1997年から2008年までは起亜自動車光州工場が、2008年から2012年の製造終了までは起亜自動車河南工場が担当した。[1]

なお、2016年には後継となるK-151(所謂、韓国版ハンヴィー)が軍に採用されているが、K-131は2012年から導入されたコランドスポーツ及びレクストンと共に依然として主力車両の座に留まっている。

バリエーション編集

KM420(K-131)
基本形。1997年から配備開始。
K-132
防弾仕様。2004年から配備開始。[2]
KM421(K-133)
NBC用偵察車。1999年から配備開始。[2]
KM422
TOW対戦車ミサイル搭載車両
KM423
TOW対戦車ミサイルの弾薬運搬車両
KM424
106mm無反動砲搭載車
KM426
K4グレネードランチャー搭載車両

運用国編集


その他にもウクライナ軍UAZ-469の後継として採用を検討している。[8]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b K-131”. 2020年2月24日閲覧。
  2. ^ a b R&D 모터쇼에서 살펴본 기아 K-151(소형전술차)”. 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ KIA KM420 Utility Vehicle: Jip “Lapis Baja” Infanteri Marinir TNI AL”. 2020年2月24日閲覧。
  4. ^ 캄보디아 군대가 도입한 한국제군장비”. 2020年2月24日閲覧。
  5. ^ TOWを搭載した K111 ジープ”. 2020年4月26日閲覧。
  6. ^ ARMADA DE CHILE JEEP KIA Kv-420”. 2020年2月24日閲覧。
  7. ^ La Marina de Guerra de perú muestra su material repotenciado”. 2020年2月24日閲覧。
  8. ^ Ukraine wants to replace fleet of UAZ tactical vehicles on Kia KM420”. 2020年2月24日閲覧。

関連項目編集