メインメニューを開く

KAI (1982年生の歌手)

日本のシンガーソングライター

KAI(カイ、1982年3月1日 - )は、日本音楽家神奈川県鎌倉市生まれ、鎌倉育ち。血液型A型。身長180cm。ケイダッシュステージに所属していた。

KAI
生誕 (1982-03-01) 1982年3月1日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
職業 ギタリスト
活動期間 2009年 -
レーベル タクミノート(2009年 - )
公式サイト [1]

来歴編集

アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれる。父と兄の影響で14歳からギターを始める。2001年、ボストンのバークリー音楽院に入学。2004年、同学院Professional Music科卒業。

2002年Gibson Jazz Guitar Contest バンド部門 優勝。

帰国後は様々なアーティストのサポートを中心に活動。2006年からボーカリストとして活動。東京・神奈川を中心にLIVEをおこなっている。

2009年6月17日、1st Album『Harbor Lights』でメジャーデビュー。

ナカムラヒロシi-dep/Sotte Bosse)をサウンドプロデューサーとして迎え、2010年7月7日 2nd Album『Feelin' This Way』をリリース。

人物編集

中学校入学時、ブラスバンド部のデモ演奏を見て「ドラムがカッコイイ!」と思い入部。パーカッションを担当。

自身もパンクバンドを組んで、ドラムを担当。しかし、「ドラムの練習を家でするのはうるさい!!」と父から反対され断念。

父が趣味でギターを弾くこともあり、自宅にはギターが身近にあった。そんな時、父の友人がギターでエリック・クラプトンの「tears in heaven」を教えてくれたことがきっかけでギターを始める。当時ヘヴィメタルが好きだった兄の影響もある。

バークリー音楽院時代は、メトロノームを持ち歩いてずっと聞いているほどの、リズム/グルーヴな音楽漬けの毎日だったとのこと。

留学時、音楽以外でハマッたことは、ダンキンドーナツフレンチバニラコーヒーで、1日3杯までと決めていたほど。フレンチバニラコーヒーを持っていない時は、友人から「体調悪いの?」と言われるほどだったらしい。帰国後は、ダンキンドーナツのお店が見つからず、新しくハマッったのが『微糖の缶コーヒー』で、今はフレンチバニラコーヒーに代わり、常に微糖の缶コーヒーを持っているらしい。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

発売日 タイトル 規格番号
1st 2009年6月17日 Harbor Lights TECG-20022
2nd 2010年7月7日 Feelin' This Way TECG-20037
3rd 2011年6月1日 A Night Flight TECG-20046

出演編集

ラジオ編集

放送局 番組名 放送時間
FMyokohama KAIの6弦横丁 金曜日25:30 - 26:00

外部リンク編集