LEGO スター・ウォーズ:ドロイド・テイルズ

LEGO スター・ウォーズ:ドロイド・テイルズ』(原題:Lego Star Wars: Droid Tales)は、『ディズニーXD[1]が制作したアメリカレゴブロックから販売したスター・ウォーズ3Dテレビアニメで、アメリカでは2015年7月から11月にかけて放送された。

あらすじ編集

ジェダイの帰還の出来事を経て、反乱同盟軍が銀河帝国に勝利したことを祝って、C-3POR2-D2は昔のクローン大戦における冒険、『スター・ウォーズ 反乱者たち』でゴースト・チームと共に行動したこと、そして銀河帝国に対する反乱のことを述べていた。その最中、R2-D2は誘拐され、C-3POは誘拐犯と対決した。誘拐犯はランド・カルリジアンであると判明したが、C-3PO、R2-D2、そしてC-3POからR2-D2の捜索を求められたチューバッカヴィアーズ将軍ストームトルーパーの残党に捕まった。そして、アクバー提督の助けもあって3人は脱出に成功し、エンドアに戻って友達とお祝いを続けることができた。

キャラクター編集

キャラクターの声優は、左が日本語で右が英語の担当声優である。

メインキャラクター編集

C-3PO
- 飛田展男 / アンソニー・ダニエルズ[2]
本作のロボット主人公。記憶を消去したのだが、R2-D2に記録メモリー持ってきたおかげで話ができるロボット。
R2-D2
声 - なし / なし
C-3POの親友ロボット。ランド・カルリジアンに捕まりデイジーメイの船に連れ去った。
ナレーター
声 - 土師孝也 / トム・ケイン

準メインキャラクター編集

ルーク・スカイウォーカー
声 - 成瀬誠 / エリック・バウザ[2]
ハン・ソロ
声 - 東地宏樹 / マイケル・デンジャーフィールド[2]
チューバッカ
声 - なし / なし
タトゥイーンに着くとき、C-3POがバトル・ドロイド工場へ向かうところだった。
レイア姫
声 - 白川万紗子 / ヘザー・ドークセン[2]
アクバー提督
声 - 後藤光祐 / トレバー・デュバル
ランド・カルリジアン
声 - 高瀬右光 / ビリー・ディー・ウィリアムズ
R2-D2連れ去った裏切ったのだが、ビジネスで建て直していたが、ヴィアーズ将軍に騙し捕まってしまった。

敵キャラクター編集

ヴィアーズ将軍
声 - 北田理道 / コリン・マードック
ダース・ベイダー
声 - 土師孝也 / マット・スローン[2]
ダース・シディアス / パルパティーン最高議長
声 - 浦山迅 / トレバー・デュバル[2]

ゲストキャラクター編集

第1話「エンドアからの旅立ち」編集

オビ=ワン・ケノービ
声 - 小松史法 / マイケル・ドノヴァンサムエル・ビンセント
パドメ・アミダラ
声 - 渡辺広子 / モンタナ・ノルベルグ
アナキン・スカイウォーカー
声 - 後藤ヒロキ津村まこと / カービー・モロウデナル・ホームズ
ヨーダ
声 - 塾一久 / トム・ケイン[2]
メイス・ウィンドゥ
声 - 烏丸祐一 / エイドリアン・ホームズ
ワトー
声 - 落合弘治 / ブライアン・ドラモンド
ヌート・ガンレイ
声 - 落合弘治 / リー・トッカー
ドゥークー伯爵
声 - ふくまつ進紗 / マイケル・ドノヴァン
パナカ隊長
声 - 飛田展男 / マイケル・ドノヴァン
クワイ=ガン・ジン
声 - 土師孝也[注 1] / トム・ケイン
ジャンゴ・フェット
声 - 後藤光祐 / トレバー・デュバル
ジャー・ジャー・ビンクス
声 - 落合弘治 / トレバー・デュバル
ダース・モール
声 - 飛田展男 / リー・トッカー
シミ・スカイウォーカー
声 - 三瓶由布子 / ヘザー・ドークセン

第2話「コルサントの危機」編集

グリーヴァス将軍
声 - 中村浩太郎 / カービー・モロウ

第3話「モス・アイズリーへのミッション」編集

ベイル・オーガナ
声 - 加藤亮夫 / アンドリュー・フランシス
エズラ
声 - 高梨謙吾 / エイドリアン・ペトリ
ケイナン
声 - 山野井仁 / マイケル・ベンヤアー
ヘラ
声 - 斎藤恵理 / ニコール・オリバー
チョッパー / C1-10P
声 - なし / なし
ゼブ
声 - 後藤光祐 / ブライアン・ドラモンド
サビーヌ
声 - 三瓶由布子 / エリシア・ロタル
エージェント・カラス
声 - 加瀬康之 / アラン・マリオット
モッティ提督
声 - 後藤光祐 / ブライアン・ドラモンド

第4話「ファルコン号のフライト」編集

ボバ・フェット
声 - 後藤光祐 / トレバー・デュバル
ナイン・ナン
声 - なし / トレバー・デュバル

第5話「ジオノーシスの策略」編集

モン・モスマ
声 - 三瓶由布子 / ヘザー・ドークセン

各話リスト編集

話数 サブタイトル 監督 脚本 放送日
邦題[2] 英題 米国 日本
1 エンドアからの旅立ち Exit From Endor マイケル・ヘグナー マイケル・プライス 2015年
7月6日
2016年
4月29日
2 コルサントの危機 Crisis on Coruscant マーティン・スコフ 8月24日 4月30日
3 モス・アイズリーへのミッション Mission to Mos Eisley マイケル・ヘグナー マティ・スミス 9月7日 5月1日
4 ファルコン号のフライト Flight of the Falcon マーティン・スコフ ミック・ケリー 10月12日 5月2日
5 ジオノーシスの策略 Gambit on Geonosis マイケル・ヘグナー マイケル・プライス 11月2日 5月3日

放送編集

アメリカでは2015年7月6日に放送が開始し、オーストラリアとニュージーランドでは同年8月21日に放送が開始した[3]

リリース編集

DVD版がウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメントより2016年3月1日[4]に発売されたほか、同日にはGoogle Playでの発売もなされた。日本でも同年8月10日にDVD版が発売された[2]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 土師は『スター・ウォーズ ギャラクティック・バトルグラウンド』に担当していた。

出典編集

  1. ^ Link Voxx. “Star Wars Episode 7 News - New LEGO Star Wars Mini-Series Retelling the Whole Saga Coming to DisneyXD”. Star Wars Episode 7 News. 2017年1月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『スター・ウォーズ』が、かわいいLEGOに!シリーズ最新2作 8/10(水)DVD/デジタル配信で新登場!”. Disney (2016年4月20日). 2017年1月19日閲覧。
  3. ^ Purcell, Charles (2015年8月13日). “New This Week (Aug 17): Texas Rising, Show Me A Hero, America's Next Top Model, WAGS and live sport”. The Green Room. Foxtel. 2015年10月12日閲覧。
  4. ^ Lego Star Wars: Droid Tales” (2016年3月1日). 2016年12月22日閲覧。

外部リンク編集