ディズニーXD(ディズニー・エックスディー、Disney XD)は、ウォルト・ディズニー・カンパニー傘下のウォルト・ディズニー・テレビジョンディズニー・チャンネル・ワールドワイド)が運営していたエンターテイメント専門チャンネルである。

ディズニーXD
Disney XD
Disney XD - 2015.svg
基本情報
運営(番組供給)事業者 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
旧チャンネル名 トゥーン・ディズニー2005年12月1日 - 2009年7月31日
ドラマ!アニメ!映画!ディズニーXD(2009年8月1日 - 2011年3月31日
ディズニーXD ギャグアニメ&マーベル・ヒーロー(2016年1月1日 - 2018年9月30日
放送(配信)開始 2005年12月1日
HD放送(配信)開始 2012年9月29日
放送(配信)終了 2021年1月31日
ジャンル アニメ
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!e2
放送事業者 インターローカルメディア株式会社
チャンネル番号 Ch.334
物理チャンネル CS2-ND6
放送開始 2006年4月1日
放送終了 2012年9月30日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.671(HD)
放送開始 2012年9月29日
放送終了 2021年1月31日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
チャンネル番号 Ch.746
放送開始 2005年12月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 551(HD)
eo光テレビ 746(HD)
J:COM 604(HD)
特記事項:
2018年9月30日までのチャンネル名は「ディズニーXD ギャグアニメ&マーベル・ヒーロー」
テンプレートを表示
ビズメディアサンフランシスコ本社に掲げられたNARUTO -ナルト- 疾風伝の看板 - "NARUTO -ナルト- 疾風伝 ディズニーXDで放送中 naruto.viz.com"

概要編集

ディズニー・チャンネルに次ぐ2つ目のディズニー作品向けの専門チャンネルで、主に男子児童をターゲットとしている。

2009年アメリカでは2月13日、日本では8月1日)にトゥーン・ディズニーからリニューアルした。日本では宣伝時に「ドラマ!アニメ!映画!ディズニーXD」というフレーズを用いており、キャッチコピーは「自分をこえろ」。また、毎日6時を起点とする24時間放送を行っている。

ディズニー・チャンネルがディズニーの発表作品を中心に編成しているのに対して、当チャンネルでは日本で制作されたアニメ作品や、その他の幅広いジャンルの番組(映画・ドラマ・スポーツ関連など)も積極的に放送している。

ただし、日本製作のアニメ作品の次回予告・おまけコーナーなど本編以外は放送されない(『探偵学園Q』のエンディング後のおまけがこれに該当する。しかし、『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』だけは次回予告・おまけコーナーが放送されている)。

このため、チャンネルとしてのジャンル分けでは「エンターテイメント」に分類されることが多い(ただし2009年12月に配信を打ち切ったBBTVでは、アニメ番組の多かったトゥーン・ディズニーの後継であるためか「アニメ」のままになっていた)。

日本ではスカパー!プレミアムサービスケーブルテレビなどに加入することで視聴可能。

米国では, NARUTO–ナルト-疾風伝、98回のエピソードの後、2009年10月28日から2011年11月5日にディズニーXDで放映されました。ネットワークは、後のエピソードで示されるより頻繁な暴力を引用しました。

かつてはスカパー!e2でも放送していたが、2012年9月30日ディズニージュニアの開局に伴いスカパー!e2での放送を終了した(衛星基幹放送事業者インターローカルメディアだった) 。

2012年9月29日には、スカパー!プレミアムサービスにてハイビジョン放送を開始。

2013年4月1日0:00をもって、ひかりTV(Ch300 SD)での提供を終了。

2013年6月30日スカパー!プレミアムサービス光にて標準画質放送を終了し、翌日(7月1日)より、ハイビジョン放送を開始した。

2014年5月31日、スカパー!プレミアムサービスにて標準画質放送を終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。

2015年9月1日1:00をもって、J:COMにて標準画質放送を終了し、ハイビジョン放送に完全移行した。

2016年1月1日より、チャンネル名称を「ディズニーXD ギャグアニメ&マーベル・ヒーロー」に変更。

2016年3月1日、ディズニーXDのチャンネルロゴがリニューアルになったことに伴い、「これからの映画ラインナップ」は廃止された。

2016年12月1日、スカパー!プレミアムサービスの衛星一般放送事業者がスカパー・ブロードキャスティングからスカパー・エンターテイメントに変更。

2018年10月1日より、チャンネル名称が「ディズニーXD」に戻った。

2020年10月13日ウォルト・ディズニー・ジャパンは本チャンネルの放送を2021年1月31日で終了することを発表し、一部の番組はディズニー・チャンネルに移行すると11月16日に発表した[1]。日本での最終日にあたる2021年1月31日は6:00よりオリジナルアニメーション「ピクルスとピーナッツ」の一挙放送を実施した。そして終了間際には「エンディングのコーナー」と題し、2009年の開局から一貫して番宣ナレーションを務めた松本考平(コーナー内の肩書きは「謎のXD兄さん」)によるナレーションブースからの進行のもと、これまで放送された作品を振り替える特別クロージングを放送して前身チャンネルの「トゥーン・ディズニー」から数えて15年2ヶ月間の歴史に幕を閉じた。また、このコーナーではディズニーXDの様々なアニメーション作品で吹き替えを担当した多田野曜平からのコメントも放送されたものの、前身チャンネルの「トゥーン・ディズニー」「ジェティックス」について触れられることはなかった。

放送番組編集

五十音順に列挙。なお、「☆」を付したものは「トゥーン・ディズニー」より改称する前から引き続き放送されている。「◎」を付したものはディズニー・チャンネルへの、からの移動番組、もしくはディズニー・チャンネルやディズニージュニアとの共同放送番組。

アニメ作品編集

日本の作品

ドラマ作品編集

西洋の作品
日本の作品

情報・バラエティ番組編集

ディズニー・チャンネルでも放送されている『ディズニー365』以外は、当チャンネルの局名の改称に伴ってディズニー・チャンネルから移行してきたものである。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ディズニーXD」「FOXムービー」「ナショジオ ワイルド」が放送終了へ”. THE RIVER (2020年10月13日). 2020年10月13日閲覧。
  2. ^ フランスイタリアイギリスオランダのディズニーXDにも放送されている。

関連項目編集

外部リンク編集