メインメニューを開く

LOVE YOURSELF 結 'Answer'』(ラブユアセルフ けつ 'アンサー')は、韓国で発売されたBTS (防弾少年団) の4枚目のリパッケージアルバムである。2018年8月24日にIRIVERから発売された。

LOVE YOURSELF 結 'Answer'
BTS (防弾少年団)コンピレーション・アルバム
リリース
録音 2018年
ジャンル ヒップホップ
R&B
EDM
K-POP
時間
レーベル Big Hit Entertainment
IRIVER
Columbia
Def Jam
プロデュース PDOGG
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星4.5 / 5 link
チャート最高順位
BTS (防弾少年団) アルバム 年表
LOVE YOURSELF 轉 'Tear'
(2018年)
LOVE YOURSELF 結 'Answer'
(2018年)
テンプレートを表示

概要編集

本アルバムは「LOVE YOURSELFシリーズ」の完結作品である。以前にリリースされた『LOVE YOURSELF 承“Her”』と『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』から抜粋した既存曲に、新規曲を追加した全25曲収録のリパッケージアルバムである。タイトル曲「IDOL」には、ニッキー・ミナージュがフィーチャリング参加したバージョンも存在し、これは配信専用でCDには収録されていない[1]。ミュージックビデオはオリジナル版とニッキーミナージュ版の2つが存在する [2]

予約枚数は発売告知から1週間で151万枚を突破し[3]、売上枚数は発売から8日で約193万枚(海外流通分を含む)を記録した[4]。9月には200万枚を突破し、自身そしてガオンチャートの最高記録を樹立した[5]

ビルボード200でも1位を獲得し、『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』に続き2作連続での1位獲得となった[6]。ビルボードによると初動売上げは185,000ユニットで、そのうち141,000枚がCDなどのフィジカルセールスで、残りが主にストリーミングセールスであった [7]

オリコンでは1週目は2位、2週目で約14万枚を売上げ1位を獲得し[8]、10月には日本レコード協会からゴールド認定を受けた[9]。これにより日米韓の主要音楽チャートでの1位獲得となった[10]

本アルバムを元に、2018年8月から欧米・アジア各地域で「BTS World Tour Love Yourself」を開催している[11][12]

解説編集

7月中旬に、8月にリパッケージアルバム『LOVE YOURSELF 結'Answer'』を発売することを発表した。前作から約3ヶ月と比較的短いスパンでのカムバックとなった。新曲は8月25日、26日にソウルオリンピック主競技場で開催されたコンサートで初披露された。 「IDOL」のミュージックビデオは、テイラー・スウィフトの「Look What You Made Me Do」が保持していたYouTubeにおける24時間のミュージックビデオの再生回数記録を抜き、4,500万回を記録し歴代1位となった(当時) [13][14]。8月31日時点で再生回数は1億回を超え、2018年にYouTubeで最も早く1億回再生を記録したミュージックビデオとなった[15]

今作は、同レーベルであり同日に新譜を発売したリアム・ペイン、またジェームズ・コーデンエド・シーランといった海外の著名人からも賞賛を受けた[16]。 カムバックトレーラーはジンのソロ曲「Epiphany」。これに、アールエム、シュガ、ジェイホープのソロ曲と、「Theme of LOVE YOURSELF 起 'Wonder'」で披露されたジョングクの「Euphoria」が加わり、本アルバムは『WINGS』振りにメンバー全員のソロトラックが収録された。 タイトル曲である「IDOL」はアフリカンビートに韓国伝統音楽をミックスし、「オルス」という韓国で使われる合いの手を入れたサウンスアフリカン・ダンススタイルの楽曲[17][18]。振付は「MIC Drop」「Airplane pt.2」「Anpanman」に続きRIEHATAが手がけた[19]ニッキー・ミナージュが出演したミュージックビデオの最後の部分には、ファンが「IDOL」に合わせてダンスする映像が挿入されている。これはドレイクのミュージックビデオ「In My Feelings」をオマージュしたものである。とある海外のファンがドレイクの「#InMyFeelingsChallenge」[注 1]を真似て、「#IDOLChallenge」と題してSNS上に動画をアップし、他のファンもそれに続き、そのムーブメントをみたBighit側が採用したものである[20][21]。なお、ドレイクのミュージックビデオには、ジェイホープによる「#InMyFeelingsChallenge」動画も使用されている[22]

慈善活動編集

2017年11月からアルバム『LOVE YOURSELF』シリーズと連動して、韓国ユニセフ協会とパートナーシップを結び、「LOVE MYSELF (私自身をまず愛そう)」及び「#ENDviolence(暴力をなくそう)」キャンペーンを開始した。出資金としてメンバーと事務所で約5億ウォンを寄付し、アルバム『LOVE YOURSELF』シリーズの以後2年間の販売純利益の3%と、キャンペーン公式グッズの販売収益を寄付している[23]。2018年4月には日本においても、日本ユニセフ協会とメンバーシップを締結した[24][25]。同年9月にはグローバル・サポーターとして、ニューヨーク国連本部でRMがスピーチを行った[26][27][28][29]。また世界各地のコンサート会場に特設ブースが設けられ募金活動等も行なっており、本キャンペーンの寄付金額は約16億ウォンを突破した[30]

活動の流れ編集

  • 7月17日 - 8月24日にアルバム『LOVE YOURSELF 結'Answer'』を発売することを発表。
  • 8月7日 - 「화양연화(花様年華)TheNotes」公開。
  • 8月10日 - カムバックトレイラー「Epiphany」公開。
  • 8月14日 - コンセプトフォト「S」,「E」バージョンを公開。
  • 8月17日 - コンセプトフォト「L」,「F」バージョンを公開。
  • 8月20日 - トラックリスト公開。
  • 8月23日 - タイトル曲「IDOL」のミュージックビデオティザーを公開。
  • 8月24日 - 18時、全世界同時発売。ミュージックビデオ公開。
  • 8月25日,26日 - ワールドツアーの開幕公演をソウルで開催。
  • 8月30日~9月2日 - 韓国国内でのカムバック活動

トラックリスト編集

チャート編集

チャート (2018) 最高順位
オーストラリア (ARIA)[31] 9
オーストリア (Ö3 Austria)[32] 14
ベルギー (Ultratop Flanders)[33] 5
ベルギー (Ultratop Wallonia)[34] 24
カナダ (Billboard)[35] 1
デンマーク (Hitlisten)[36] 8
オランダ (MegaCharts)[37] 5
フランス (SNEP)[38] 49
フィンランド (Suomen virallinen lista)[39] 6
ドイツ (Offizielle Top 100)[40] 23
ハンガリー (MAHASZ)[41] 27
アイルランド (IRMA)[42] 15
イタリア (FIMI)[43] 18
日本(オリコンチャート)[44] 2
ニュージーランド (RMNZ)[45] 11
ノルウェー (VG-lista)[46] 25
スコットランド (OCC)[47] 14
韓国 (ガオンチャート)[48] 1
スペイン (PROMUSICAE)[49] 29
スウェーデン (Sverigetopplistan)[50] 20
スイス (Schweizer Hitparade)[51] 19
イギリス (OCC)[52] 14
アメリカ Billboard 200[53] 1

ミュージックビデオ編集

リリース歴史編集

地域 日付 規格 販売
韓国 2018年8月24日
  • Big Hit Entertainment
  • IRIVER
全世界 デジタル配信

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ドレイクの「In My Feelings」に合わせて踊る「#InMyFeelingsChallenge」というSNS上のムーブメントのこと。

出典編集

  1. ^ 防弾少年団、ニッキー・ミナージュとのコラボが実現!スペシャルバージョンの「IDOL」に高まる期待”. TENASIA JAPAN (2018年8月27日). 2018年11月7日閲覧。
  2. ^ BTS、ニッキー・ミナージュをフィーチャーした新曲「IDOL」のMVが解禁”. Rolling Stone Japan (2018年9月7日). 2018年11月7日閲覧。
  3. ^ 防弾少年団、リパッケージアルバムLOVE YOURSELF 結 'Answer'」、韓 取り寄せ151万枚突破” (韓国語). OSEN (2018年7月25日). 2018年11月7日閲覧。
  4. ^ [韓流]防弾少年団新譜 売上193万枚超=月間過去最多” (韓国語). 聯合ニュース (2018年9月6日). 2018年11月7日閲覧。
  5. ^ 2018年9月アルバムチャート” (韓国語). ガオンチャート (2018年9月). 2018年11月7日閲覧。
  6. ^ Billboard 200 The week of September 8,2018” (英語). ビルボード (2018年9月8日). 2018年11月7日閲覧。
  7. ^ 【米ビルボード・アルバム・チャート】BTS (防弾少年団)、2作目連続全米1位 自己最高の初動をマーク”. ビルボードジャパン (2018年9月3日). 2018年11月7日閲覧。
  8. ^ 9/17付週間アルバムランキング1位はBTS (防弾少年団)の『LOVE YOURSELF 結 'Answer'』”. オリコン (2018年9月12日). 2018年11月7日閲覧。
  9. ^ [韓流]BTSアルバム 日本で「ゴールド」認定”. 聯合ニュース (2018年10月10日). 2018年11月7日閲覧。
  10. ^ [韓流]防弾少年団の最新アルバム 韓米日でランキング首位”. 聯合ニュース (2018年9月11日). 2018年11月7日閲覧。
  11. ^ BTSの米スタジアム公演が完売 4万2000席が1時間で”. Forbes JAPAN (2018年8月20日). 2018年11月7日閲覧。
  12. ^ KポップのBTSが初の英国ライブ、2万人動員でソールドアウト”. ロイター (2018年10月10日). 2018年11月7日閲覧。
  13. ^ BTS (防弾少年団)、「IDOL」MVが公開から24時間で史上最も視聴された楽曲に”. Billboard Japan (2018年8月28日). 21018-11-7閲覧。
  14. ^ テイラー・スウィフト、YouTubeで24時間に最も観られたミュージック・ビデオの記録が破られる”. NME Japan (2018年8月29日). 21018-11-7閲覧。
  15. ^ BTS (防弾少年団)、「IDOL」MV視聴数が1億回突破 2018年で最速”. Billboard Japan (2018年8月31日). 21018-11-7閲覧。
  16. ^ BTS (防弾少年団)、最新作についてエド・シーラン/リアム・ペイン/J・コーデンら多くの著名人がツイート”. ビルボードジャパン (2018年8月30日). 2018年11月7日閲覧。
  17. ^ [韓流]防弾少年団新曲のティーザー映像公開 韓国的な色彩随所に”. 聯合ニュース (2018年8月23日). 2018年11月7日閲覧。
  18. ^ 防弾少年団、新曲「IDOL」MV公開…“韓国版EDM”の誕生”. Kstyle (2018年8月25日). 2018年11月7日閲覧。
  19. ^ 4曲目となるBTSの振付”. RIEHATA公式Instagram (2018年9月4日). 2018年11月7日閲覧。
  20. ^ 告知 #IDOLChallenge関連の映像利用同意案内”. BigHit Entertainment公式ツイッター (2018年8月30日). 2018年11月7日閲覧。
  21. ^ BTS(防弾少年団)、ニッキー・ミナージュが出演した”Idol”の新たなビデオが公開”. NME JAPAN (2018年8月30日). 2018年11月7日閲覧。
  22. ^ 防弾少年団 J-HOPE、世界的人気歌手ドレイクのMVにサプライズ登場!ダンス映像が話題(動画あり)”. TENASIA JAPAN (2018年8月6日). 2018年11月7日閲覧。
  23. ^ 防弾少年団、ユニセフの児童・青少年の暴力根絶キャンペーンに参加”. 中央日報日本語版 (2017年11月2日). 2018年11月5日閲覧。
  24. ^ 世界的ヒップホップボーイズグループBTS (防弾少年団) が応援する子ども、青少年に対する暴力の撲滅を目指すユニセフ#ENDviolenceキャンペーン”. 日本ユニセフ協会 (2018年4月16日). 2018年11月5日閲覧。
  25. ^ BTS(防弾少年団)、ユニセフ「#ENDviolence」キャンペーンの日本展開をサポート”. BARKS (2018年4月16日). 2018年11月5日閲覧。
  26. ^ 韓国人気バンドBTSが国連で演説、「自分自身を語ろう」”. AFP (2018年9月25日). 2018年11月5日閲覧。
  27. ^ BTS、スーツ姿で「自分を愛そう」 ユニセフで演説”. 朝日新聞デジタル (2018年9月25日). 2018年11月5日閲覧。
  28. ^ BTSのRMによる国連本部でのスピーチを全文掲載 「自分を愛して、語って」”. AERA dot. (2018年10月30日). 2018年11月5日閲覧。
  29. ^ 韓国の男性アイドルグループBTS、国連で演説 「自分自身を語って」”. CNN.co.jp (2018年9月25日). 2018年11月5日閲覧。
  30. ^ BTS' UNICEF 'Love Myself' Campaign Raises Over $1.4 Million” (英語). ビルボード (2018年11月2日). 2018年11月5日閲覧。
  31. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2018年9月3日). 2018年9月1日閲覧。
  32. ^ "Austriancharts.at – BTS – Love Yourself %26%2332080%3B 'Answer'" (in German). Hung Medien. 2018年9月6日閲覧。
  33. ^ "Ultratop.be – BTS – Love Yourself %26%2332080%3B 'Answer'" (in Dutch). Hung Medien. 2018年9月7日閲覧。
  34. ^ "Ultratop.be – BTS – Love Yourself %26%2332080%3B 'Answer'" (in French). Hung Medien. 2018年8月31日閲覧。
  35. ^ "Billboard Canadian Albums". FYIMusicNews. Retrieved September 5, 2018.
  36. ^ "Hitlisten.NU – Album Top-40 Uge 35, 2018". Hitlisten. Retrieved September 5, 2018.
  37. ^ "Dutchcharts.nl – BTS – Love Yourself %26%2332080%3B 'Answer'" (in Dutch). Hung Medien. 2018年8月31日閲覧。
  38. ^ Le Top de la semaine : Top Albums – SNEP (Week 35, 2018)” (French). Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2018年9月4日閲覧。
  39. ^ "BTS: Love Yourself: Answer" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2018年9月3日閲覧。
  40. ^ "Offiziellecharts.de – BTS – Love Yourself 結 'Answer'" (in German). GfK Entertainment Charts. 2018年8月31日閲覧。
  41. ^ "Top 40 album DVD és válogatáslemez-lista – 2018. 35. hét" (in Hungarian). MAHASZ. 2018年9月6日閲覧。
  42. ^ Ariana's Sweetener claims second week at Irish Number 1”. Official Charts Company. 2018年9月1日閲覧。
  43. ^ Album – Classifica settimanale WK 35 (dal 2018-08-24 al 2018-08-30)” (Italian). Federazione Industria Musicale Italiana. 2018年9月1日閲覧。
  44. ^ オリコン 週間 アルバムランキング 2018年09月10日付”. オリコン. 2018年9月8日閲覧。
  45. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2018年9月3日). 2018年8月31日閲覧。
  46. ^ "VG-lista – Topp 40 Album uke 36, 2018". VG-lista. Retrieved September 8, 2018.
  47. ^ "Official Scottish Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2018年9月1日閲覧。
  48. ^ Gaon Album Chart – Week 34, 2018” (朝鮮語). ガオンチャート. 2018年8月30日閲覧。
  49. ^ Top 100 Albumes – Semana 35: del 24.8.2018 al 30.8.2018” (Spanish). Productores de Música de España. 2018年9月4日閲覧。
  50. ^ Sverigetopplistan – Sveriges Officiella Topplista”. Sverigetopplistan. 2018年8月31日閲覧。 Click on "Veckans albumlista".
  51. ^ "Swisscharts.com – BTS – Love Yourself %26%2332080%3B 'Answer'". Hung Medien. 2018年9月5日閲覧。
  52. ^ "Official Albums Chart Top 100". Official Charts Company. 2018年9月1日閲覧。
  53. ^ Caulfield, Keith (2018年9月2日). “BTS Scores Second No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'Love Yourself: Answer'”. Billboard. 2018年9月3日閲覧。

外部リンク編集