HYBE

韓国の芸能プロダクション
Big Hit Entertainmentから転送)
芸能プロダクション > 韓国の芸能事務所 > HYBE

HYBE(ハイブ、: 하이브)は、韓国芸能プロダクション。旧「BigHit Entertainment」。キャッチコピーは「WE BELIEVE IN MUSIC」。

株式会社 ハイブ
HYBE Co.,Ltd.
Hybe Corporation logo.png
種類 株式会社
市場情報 KRX: 352820
略称 ハイブ
本社所在地 大韓民国の旗 大韓民国
06104
ソウル市 龍山区 漢江大路 42
設立 2005年2月1日
業種 サービス業エンターテインメント
事業内容 音楽製作、音楽著作物出版、音楽著作権管理運営、新人開発、アーティストマネージメント、360゚事業、IP事業、プラットフォーム事業、不動産投資事業
代表者 パン・シヒョク、ユン・ソクジュン
資本金 1735億ウォン(2019年12月期)
売上高 5872億ウォン(2019年12月期)
営業利益 987億ウォン(2019年12月期)
純利益 724億ウォン(2019年12月期)
総資産 3630億ウォン(2019年12月期)
従業員数 約600人 (2020年1月時点)
主要株主
主要子会社
外部リンク https://hybecorp.com/
テンプレートを表示

沿革編集

2005年2月1日、作曲家のパン・シヒョクJYPエンターテインメントから独立し、Big Hit Entertainmentを設立[1]

2006年、男性歌手であるK.Willと契約。翌年に退所[要出典]

2007年、男女ボーカルトリオ「8eight」を輩出。同グループは、メンバーであるペク・チャンとジュヒの契約終了のため、2014年に解散した。

2010年、男性アイドルグループ2AM」を巡って、JYPエンターテインメントと共同経営契約を締結[2]。イ・チャンミン以外のメンバー3人は、共同契約が終了した2014年4月に、再びJYPエンターテインメントへ移籍した[2]

同年、8eightのイ・ヒョンと2AMのイ・チャンミンによるデュオ「HOMME」を輩出。イ・チャンミンが個人契約を満了した2018年2月に、自身の会社を立ち上げるため退所し[3]、それに伴ってHOMMEは解散した。

同年、「ヒップホップオーディション HIT IT」を全国的に開始し、BTSの最初のメンバーとなるRMと契約[4]。その後の2013年6月13日、7人組男性ヒップホップグループ「防弾少年団(現:BTS)」を輩出[5]。2018年10月、BTSの契約を更新し、さらに7年間延長したことを発表[6]

2012年、女性歌手であるイム・ジョンヒと契約[7]。2015年に3年間の契約を満了して退所[8]

同年、Source Musicとの合同で、4人組女性アイドルグループ「GLAM」を輩出。しかし、メンバーのキム・ダヒが脅迫事件に関与したことにより、2014年に同グループは解散した。キム・ダヒは、1年の禁固刑となった[9][10][11]

2014年、セウォル号沈没事故に3000万ウォン(約25,500ドル)を寄付[12]

2015年5月、Big Hit Entertainmentが発行した60億ウォンの転換社債を通じて、KOSDAQへの上場企業であるSignal Entertainment Groupに買収される[13]。翌年、Signal Entertainment Groupは完全に債券を決済させるも[14][15]、Signal Entertainment Groupとの関係は2017年に終了した。

2019年3月、5人組男性アイドルグループ「TOMORROW X TOGETHER」を輩出[16][17]

同年、元最高ブランド責任者(CBO)であるユン・ソクジュン: Lenzo Yoon)が、パン・シヒョクとの共同最高経営責任者(CEO)に任命された[18]。ユン・ソクジュンは主にビジネスコンポーネントを担当し、パン・シヒョクはクリエイティブ制作に重点を置いた[19]。7月にSource Musicを買収[20]

2020年10月15日、韓国取引所へ上場。同月18日、Pledisエンターテインメントの買収を完了。

2021年3月10日、「Big Hit Entertainment」から「HYBE」へと社名を変更することを発表[21]。新たに子会社「BIGHIT MUSIC」を設立し、旧Big Hit Entertainmentの業務を吸収分別。

企業価値と投資編集

Big Hit Entertainmentは現在、民間企業として運営されている。パン・シヒョクは同社の筆頭株主となっている。2017年3月、韓国のモバイルゲーム会社・ネットマーブルは同社の2番目に大きな割合を獲得し、発行済み株式の25.71%を2,014億ウォン(1億9180万米ドル=217億円)で取得[22]。ネットマーブルのCEO・Bang Joon-hyukは、パン・シヒョクのいとこに当たる[23]

2007年、同社は破産寸前であったが、最初のグループである8Eightの成功により、再び立て直すことに成功した[24]

2018年3月、初めて収益を公表し、収益は924億ウォン(約8,200万米ドル=88億4,780万円)と報告した[25]株式公開した場合、会社自体に最大7,000億ウォン(約6億2,400万米ドル=673億2,960万円)の時価総額に達する可能性があると言う。 これにより、は韓国のエンターテインメントビジネスで最も裕福となり、約3,500億ウォン(約3億1,400万米ドル=338億8,060万円)の個人資産を持つに至った[26]

同年8月、同社ともう1つの韓国のエンターテイメント会社であるCJ E&Mは、合弁会社を設立する計画を発表した。 Beliftという名前で登録され、52%がCJ E&Mに、48%が同社に分割されると報告した[27]。この会社は2020年に設立される予定とされている[28]

2018年10月、民間投資会社のSTIC Investmentsは、約1,040億ウォン(約9,300万米ドル=105億1,179万円)を投資し、同社の12%の株式を取得した。[29]。投資家によると、同社の924億ウォン(約8,200万米ドル=92億6,846万円)と325億ウォン(約2,900万米ドル=32億7,787万円)の収益と営業利益は、2018年末までに2,300億ウォン(約2億5,000万米ドル=280億円)と830億ウォン(約7,400万米ドル=82億8,800万円)で2倍以上の収益を予想されている[30]。同社は、韓国VCアワードで2018年の年間最優秀投資会社に選ばれた[31]

2019年3月、同社は2018年の監査報告書を発表した。 2017年と比較して売上高は132%増加し、約2,142億ウォン(約1億9,938万米ドル=222億3,884万円)となった。 年間の営業利益は97%増加し641億ウォン(5,672万米ドル=63億2,654万円)、純利益は105%増加して、502億ウォン(4,441万米ドル=49億5,349万円)となった[32]

2020年3月の時点で、会社の時価総額はおよそ6兆ウォン(約50億米ドル=5,280億円)となっている[33]

2020年10月15日、韓国取引所で新規株式公開(IPO)をした。株式は初値で27万ウォン(約2万5000円)を付け、時価総額は83億8,000万ドル(約8,800億円)に上った。上場直後から株式の売りが続き、年末までに3,300億円近くが吹き飛んだ。外国人保有比率は約3.3%で、韓国同業と比べても非常に低いとしている。同国から期待されていた同社のアイドルグループの海外ファンクラブによる投資はほぼ無かったとされる[34]

2021年3月末時点の株価は24万3千ウォンで、年初から53.8%上昇して時価総額は8兆6,500億ウォン(8,493億円)に回復した。株式の50.88%を所有するパン・シヒョクの資産は4,321億円となる。

2021年4月5日、HYBE(ハイブ、旧ビッグ・ヒット・エンターテインメント)は、米音楽プロデューサーのスクーター・ブラウン氏が最高経営責任者(CEO)を務めるイサカ・ホールディングスを10億5000万ドルで買収すると発表した。

ビジネス編集

HYBEは、HYBE本社と米州地域の本社であるHYBE AMERICAで構成されています。事業面では、Label・Solution・Platformに分かれます[35]

HYBE本社編集

HYBE Labels編集

HYBE Solutions編集

  • HYBE 360
  • HYBE IP
  • HYBE EDU
  • Superb[36]
  • HYBE Solutions Japan
  • HYBE T&D Japan

HYBE Platforms編集

  • Weverse Company(旧 beNX)[37]

HYBE AMERICA編集

所属編集

HYBE LABELS アーティスト編集

BIGHIT MUSIC
HYBE LABELS JAPAN
  • (2021年 - )
    • K、NICHOLAS、EJ、KYUNGMIN、TAKI
BELIFT LAB
  • ENHYPEN (2020年 - )
    • HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、JUNGWON、NI-KI
Source Music
  • GFRIEND (2015年 - )
    • ソウォン、イェリン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジ
Pledisエンターテインメント
KOZエンターテインメント
  • ZICO (2011年 - )
  • Dvwn (2019年 - )

プロデューサー編集

  • "Hitman" Bang
  • Slow Rabbit[38]
  • Adora[39]
  • Pdogg[40]
  • Supreme Boi[41]
  • Docskim
  • EL CAPITXN
  • Hissnoise

振付師編集

  • Son Sung-deuk[42]
  • Kim Su-bin
  • David DH. Park

過去の所属編集

  • K.Will(2006年 - 2007年)
  • 8eight(2007年 - 2014年)
    • ペク・チャン、イ・ヒョン、ジュヒ
  • 2AM (2010年 - 2014年、JYPエンターテインメントとの共同契約)
    • チョ・グォン、イ・チャンミン、イム・スロン、チョン・ジヌン
  • HOMME (2010年 - 2018年)
    • イ・ヒョン、イ・チャンミン
  • イム・ジョンヒ(2012年 - 2015年)
  • GLAM(2012年 - 2015年、Source Musicとの共同契約)
    • パク・チヨン、キム・ジニ、キム・ダヒ、イ・ミソ

脚注編集

  1. ^ BIGHIT ENTERTAINMENT”. web.archive.org (2017年11月1日). 2020年5月8日閲覧。
  2. ^ a b 2AM’s Jo Kwon, Im Seulong, and Jung Jin Woon Return to JYP Entertainment”. web.archive.org (2016年3月12日). 2020年5月8日閲覧。
  3. ^ [공식입장 이창민, 빅히트와 전속계약 만료 "1인 기획사 설립"]” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月8日閲覧。
  4. ^ Cuvism Magazine - 방탄소년단 - 가수”. web.archive.org (2015年6月6日). 2020年5月8日閲覧。
  5. ^ BTS Asks about Your Dreams in 'No More Dream' MV".”. Mwave. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ Herman, Tamar. “BTS Extend Contracts With Big Hit Entertainment Until 2026” (英語). Forbes. 2020年5月8日閲覧。
  7. ^ Big Hit Reveals Lim Jeong Hee′s Contract Ended in May”. web.archive.org (2015年12月30日). 2020年5月8日閲覧。
  8. ^ Big Hit Reveals Lim Jeong Hee′s Contract Ended in May”. web.archive.org (2015年12月30日). 2020年5月8日閲覧。
  9. ^ 글램, 결국 3년 만에 해체…'이병헌 협박女' 다희-이지연 실형 선고” (カヌリ語). 스포츠조선 (2015年1月15日). 2020年5月8日閲覧。
  10. ^ 글램 다희, 모델 친구와 음담패설 영상 유포 협박 "세계적 스타라 거액 요구" 이병헌 공식입장은?” (カヌリ語). 스포츠조선 (2014年9月2日). 2020年5月8日閲覧。
  11. ^ Lee Byung-hun repeats apology upon returning home”. kpopherald.koreaherald.com. 2020年5月8日閲覧。
  12. ^ [단독방탄소년단, 세월호 참사 416가족협의회에 1억원 기부]” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月8日閲覧。
  13. ^ 씨그널엔터테인먼트그룹 "빅히트엔터 CB 60억 인수"” (朝鮮語). 이데일리 (2015年5月14日). 2020年5月8日閲覧。
  14. ^ 빅히트엔터, 영업이익 100억 돌파…VC '흐뭇'” (朝鮮語). m.thebell.co.kr. 2020年5月8日閲覧。
  15. ^ Signal Entertainment Group Corp (099830.KQ) Key Developments | Reuters.com”. web.archive.org (2017年3月23日). 2020年5月8日閲覧。
  16. ^ BTS初の後輩グループ・TXT、鮮烈デビュー”. ORICON NEWS. 2020年5月8日閲覧。
  17. ^ Kelley, Caitlin. “BTS's Label Reveals TOMORROW X TOGETHER Will Debut March 4” (英語). Forbes. 2020年5月8日閲覧。
  18. ^ Herman, Tamar. “Big Hit Entertainment Appoints New Co-CEO Following Rise Of BTS, Launch Of TXT” (英語). Forbes. 2020年5月8日閲覧。
  19. ^ 빅히트 '방탄 성장 주역' 윤석준 공동 대표이사 선임” (朝鮮語). entertain.naver.com. 2020年5月8日閲覧。
  20. ^ Kelley, Caitlin. “Big Hit Entertainment, BTS’s Label, Acquires Source Music” (英語). Forbes. 2020年5月8日閲覧。
  21. ^ “BTS(防弾少年団)ら所属”Big Hitエンターテインメント、社名を「HYBE」に変更へ…総合コンテンツ企業として展開”. Kstyle (2021年3月11日). 2021年3月11日閲覧。
  22. ^ Game maker becomes second largest shareholder of BTS' agency” (英語). www.ajudaily.com (2018年4月4日). 2020年5月8日閲覧。
  23. ^ Cousins unite as Netmarble buys stake in Big Hit” (英語). koreajoongangdaily.joins.com. 2020年5月8日閲覧。
  24. ^ Bloomberg - Are you a robot?”. www.bloomberg.com. 2020年5月8日閲覧。
  25. ^ Expectations high for BTS-backed Big Hit Entertainment’s IPO” (英語). www.theinvestor.co.kr. 2020年5月8日閲覧。
  26. ^ 양현석 넘은 박진영… BTS 대박에 방시혁 1위” (朝鮮語). hankyung.com (2018年3月27日). 2020年5月8日閲覧。
  27. ^ Yonhap News Agency” (英語). Yonhap News Agency. 2020年5月8日閲覧。
  28. ^ Entertainment Giants Team up to Manufacture 'Next Bangtan Boys'” (英語). english.chosun.com. 2020年5月8日閲覧。
  29. ^ 스틱인베스트, BTS에 1040억 베팅 | 뉴스 | 뉴스/시세 - 팍스넷 증권포털” (朝鮮語). www.paxnet.co.kr. 2020年5月8日閲覧。
  30. ^ STIC Investments invests W104b in Big Hit” (英語). www.theinvestor.co.kr. 2020年5月8日閲覧。
  31. ^ 한국벤처투자, ‘Korea VC Awards 2018’ 개최” (朝鮮語). news.naver.com. 2020年5月8日閲覧。
  32. ^ Big Hit Entertainment Saw Strong 2018 Results After BTS' 'Record-Breaking Path'”. Billboard (2019年3月20日). 2020年5月8日閲覧。
  33. ^ [과열로 치닫는 ‘빅히트’ 몸값 3조원에서 6조원으로 2배 ‘껑충’]” (朝鮮語). n.news.naver.com. 2020年5月8日閲覧。
  34. ^ 두 배 먹고 빠지는 외국인들, 공모주 시장에서 '단타위주 거래'” (朝鮮語). 연합인포맥스 (2020年10月19日). 2020年12月23日閲覧。
  35. ^ HYBE-company-business” (日本語). HYBE公式ウェブサイト (2021年3月31日). 2021年4月17日閲覧。
  36. ^ BTS' Agency Big Hit Acquires Superb Gaming Company”. Billboard (2019年8月19日). 2020年5月8日閲覧。
  37. ^ Herald, The Korea (2019年7月2日). “BTS' management company to move into new building” (英語). www.koreaherald.com. 2020年5月8日閲覧。
  38. ^ Herman, Tamar. “7 Factors That Helped Propel BTS To No. 1 On The Billboard 200” (英語). Forbes. 2020年5月8日閲覧。
  39. ^ VCCorp.vn (2019年3月5日). “'Siêu tân binh' TXT: Có làm nên khác biệt hay chỉ 'gây bão' nhờ hào quang của BTS?” (ベトナム語). kenh14.vn. 2020年5月8日閲覧。
  40. ^ Post, The Jakarta. “BTS’ team sweeps four awards at 2018 MAMA in Seoul” (英語). The Jakarta Post. 2020年5月8日閲覧。
  41. ^ VCCorp.vn (2019年3月5日). “'Siêu tân binh' TXT: Có làm nên khác biệt hay chỉ 'gây bão' nhờ hào quang của BTS?” (ベトナム語). kenh14.vn. 2020年5月8日閲覧。
  42. ^ Post, The Jakarta. “BTS’ team sweeps four awards at 2018 MAMA in Seoul” (英語). The Jakarta Post. 2020年5月8日閲覧。

外部リンク編集