Flag of the Soviet Union (dark version).svg Mi-9 / Ми-9

ドイツ民主共和国で運用されたMi-9

ドイツ民主共和国で運用されたMi-9

Mi-9(ミル9;ロシア語:Ми-9ミー・ヂェーヴャチ)は、ソ連M・L・ミーリ記念モスクワ・ヘリコプター工場(MVZミーリ)が設計した「空中指揮通信機(コマンドポスト)」(Воздушный командный пункт)である。大型輸送ヘリコプターであるMi-8の派生型として開発された。北大西洋条約機構(NATO)の用いたNATOコードネームでは、「ヒップG」(Hip G)と呼ばれた。

概要編集

ソ連軍ソ連空挺軍では空挺部隊の指揮機としてMi-4の空中指揮通信機型を開発したが、より優れた能力を持つMi-8Tが空挺戦力の主力となったため、同程度の能力を持つ新しい空中指揮通信機を完成する必要が生じた。まず初めに、空中指揮通信機型Mi-4の運用経験を元にMi-8Tの派生型となるMi-8VKPМи-8ВКП)の初号機が1970年代初めに製作された。Mi-8VKPは、「空中指揮通信機(コマンドポスト)」(Воздушный командный пункт)を意味するMi-8VzPUМи-8ВзПУ)の名でも呼ばれた。この機体は、何機かが製造された。

この任務に使用される量産型機は当初Mi-8IVМи-8ИВ)と呼ばれ、のちMi-9に名称を改められた。初号機は、1977年にMVZミーリにて完成した。Mi-9には電波及び電波中継用の専用装置を含む通信装置が搭載され、戦車部隊および機械化部隊、そして航空師団の指揮機として運用されることとなっていた。

改良型のMi-8MTが完成すると、1987年にはMi-9の製造は終了し、かわってMi-8MTを基にしたMi-19Ми-19)が製造されるようになった。また、ミサイル師団用にはMi-19RМи-19Р)が製造された。なお、この機体の「R」は「ロケット」(ロシア語ではロケットとミサイルを区別しない)を意味している。

性能・主要諸元編集

運用国編集

2008年1月現在、ウクライナの2つの省庁での現役が確認されている。運用機は2機で、外見からはどちらも機体の状態は良好に保たれていると見られる。また、アルメニアのMi-9についても2007年現在で保有する2 機が現役とされる[1]

  ソ連
連邦軍
  ウクライナ
国家国境庁
非常事態省
  アルメニア
空軍
  ドイツ民主共和国
国家人民軍航空軍
  ドイツ連邦共和国
ドイツ連邦空軍

ギャラリー編集

関連項目編集

  • Mi-22 - ソ連製の同種のヘリコプター。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Anon. (15 January 2007). "World Military Aircraft Inventory", Aerospace Source Book 2007. Aviation Week & Space Technology. (英語)

外部リンク編集