Mi-4

Soviet Mi-4 helicopter.JPEG

Mi-4 (DoDコード Type 36, NATOコード "Hound")は、ソビエト連邦製のヘリコプターで軍用と民間用で使用された。

設計・開発編集

Mi-4はアメリカシコルスキー S-55(H-19)の影響を受けて朝鮮戦争の最中に設計され外見はH-19に似ており、大型で重量物を持ち上げることが可能であった。最初のモデルは1952年に就航しMi-1の後継機種にあたる.

戦歴編集

Mi-4はロシア空軍では既に退役し使用されていないが幾つかの国家で軍用・民間用で使用されている。主な戦歴では1971年バングラデシュで発生した内戦である。同機はインド軍への支援物資を各地の基地に運んだ。

1980年NHKが放送した『NHK特集 シルクロード』では、人民解放軍のZ-5がY-5と共に、楼蘭ロプ・ノールの捜索に用いられている。

機種編集

V-12
試作機。
Mi-4 (NATO - Hound-A)
Mi-4A
Mi-4L Lyukes
6シートのVIP仕様。
Mi-4M (NATO - Hound-C)
武装ヘリコプターで回転式砲塔を装備。
Mi-4P
民間用で11名まで搭乗可能。
Mi-4PL (NATO - Hound-B)
対潜水艦仕様。
Mi-4S Salon
VIP用.
Mi-4Skh
農業用と軍用。
Mi-4T
軍用。
Z-5
中国人民解放軍の輸送ヘリコプターで中国で製造。
Xuanfeng
中国で製造の民間仕様

運用国編集

軍用編集

 
ソビエト空軍 
  アフガニスタン
1963年18機がアフガニスタン空軍に導入され1997年に全機退役。
  アルバニア
アルバニア空軍1957年から59機導入。37機がZ-5仕様で1967年に導入。
  アルジェリア
  アンゴラ
  ブルガリア
ブルガリア空軍
  カンボジア
  中国
中国人民解放軍空軍
中国人民解放軍海軍
  キューバ
キューバ空軍
チェコ
チェコ空軍
  東ドイツ
国家人民軍航空軍
人民海軍
  エジプト
エジプト空軍
  フィンランド
1962年から1979年に3部隊で導入。
  ギニアビサウ
  ハンガリー
ハンガリー空軍
  インド
インド空軍
  インドネシア
インドネシア空軍
  イラク
イラク空軍
  キルギス
  マリ
  モンゴル
  北朝鮮
朝鮮人民軍空軍
  ポーランド
ポーランド空軍
  ルーマニア
ルーマニア空軍
  ソマリア
空軍
航空隊
海軍
  タジキスタン
  シリア
シリア空軍
  スーダン
スーダン空軍
  ベトナム
ベトナム空軍
  イエメン
  ユーゴスラビア
25機が1960年中期に空軍へ導入された。1970年からMi-8を投入。

民間編集

  中国
 
アエロフロート・ロシア航空

性能諸元 (Mi-4A)編集

 
Mi-4の三面図
  • 乗員: 操縦士1名又は2名
  • 積載量: 兵士16名もしくは重量物1,600kg
  • 全長: 16.80 m (55 ft 1.4 in)
  • 回転翼径: 21.00 m (68 ft 11 in)
  • 全高: 4.40 m (14 ft 5 in)
  • 回転翼面積: 346.4 m² (3,727 ft²)
  • 自重: 5,100 kg (11,220 lb)
  • 全備重量: 7,150 kg (15,730 lb)
  • 最大離陸重量: 7,550 kg (16,610 lb)
  • エンジン: 1× シュベツォフ ASh-82V 星型エンジン, 1,250 kW (1,675 hp)
  • 最大速度: 185 km/h (116 mph)
  • 航続距離: 500 km (313 mi)
  • 飛行高度: 5,500 m (18,040 ft)
  • 上昇率: m/s (ft/min)
  • 回転翼面荷重: 41 kg/m² (8 lb/ft²)
  • 出力重量比: 0.21 kW/kg (0.13 hp/lb)

関連項目編集

  • Harbin Z-5

外部リンク編集