メインメニューを開く
ソニーNEWSワークステーション:2x 68030 @ 25 MHz、1280x1024 256色カラーディスプレイ

NEWSニューズ[1]/頭字語: Network Engineering WorkStation)とは、1980年代後半から1990年代前半にかけてソニーが開発、発売したUNIXワークステーションシリーズ。

概要編集

 
正面扉を開けた状態のNEWS
 
NEWSの背面

デジタルオーディオで活躍していた土井利忠を中心に社内ベンチャーの形で開発され、1987年に最初のモデルが発売された[1]

当初のモデルは16-25MHzで動作する6802068030を2基(1基はCPU、1基はI/Oプロセッサ)を搭載していたが、後にMIPS R3000R4000にシフトしていった。最初のシリーズは日本で1987年1月に発売されたNWS-800シリーズで、個人のデスクトップで動作するVAXシリーズ(DEC32ビットミニコンピュータ)というコンセプトだった[1][2]。プロトタイプのフロントパネルに「Σ-station」のロゴが入っているが、NEWS自体はΣプロジェクトとは一切無関係である[2]

680x0モデルとMIPSモデルはほぼ同じケースを使用し、その大きな正面扉の中にはフロッピーディスクドライブ、SCSIテープドライブCD-ROMドライブなどを増設できる5.25インチ拡張ベイが格納されていた。両者の外観には若干の違いがあり、680x0モデルでは二つの窓が、MIPSモデルでは一つの大きな窓があった。正面扉内には、リセットボタンと起動パラメータを設定するためのディップスイッチもあった。

背面には三つの拡張スロットがあり、通常、その一つにビデオカードが挿さっていた。その下にSCSI・イーサネットシリアル(CH0とCH1, CH0は通常、コンソールに使う)・パラレルキーボードの各コネクタがあった。

オペレーティングシステム (Sony NEWS-OS) は、当初のバージョンはBSDベース、1993年リリースのバージョン6以降はSystem Vベースであった。

脚注編集

外部リンク編集