メインメニューを開く

座標: 北緯37度25分12秒 西経122度04分22秒 / 北緯37.4201度 西経122.0728度 / 37.4201; -122.0728

ミップス・テクノロジーズ
MIPS Technologies, Inc.
MIPS Technologies logo.svg
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: MIPS
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サニーベール
設立 1984年
事業内容 RISCマイクロプロセッサ/IPコア
従業員数 146 (2010年9月)
外部リンク http://www.mips.com/
テンプレートを表示

ミップス・テクノロジーズ英語MIPS Technologies, Inc.NASDAQ: MIPS)は、Wave Computing傘下のファブレス半導体企業であり、MIPSアーキテクチャと一連の RISC CPU 開発で知られている[1][2]。家庭用・ネットワーク用・モバイル用デジタル機器のための命令セットアーキテクチャとコアを提供している[3][4]

自社では設計のみ行い、LSIメーカーにライセンスするビジネスモデルを持つ。ライセンシーとしては、東芝日本電気SCEフィリップスLSIコーポレーションなど多数のメーカーがある。単独のCPUだけでなく、MIPSアーキテクチャCPUコアを組み込んだシステムLSIを製造しているメーカーも多い。

ミップスで働いていた有名人として、スティーブ・ブランク英語版(起業家)[5]ジョン・ヘネシー[6]デイヴィッド・ヒッツ英語版ネットアップ創業者)[7]、アール・キリアン(MIPS III ISA を設計)[8][9]ジョン・マシェイ英語版UNIX開発者の1人)[10]ストラットン・スクラヴォス英語版ベリサインの元CEO)[11]スキップ・ストリッター英語版MC68000のチーフアーキテクト)[12]などがいる。

2011年現在、カリフォルニア州サニーベールの本社[13]以外に、中国上海オレゴン州ビーバートンに開発拠点がある[14]。また、台湾新竹市、日本の東京ドイツレムシャイト、イスラエルのハイファに支社がある[15]

目次

歴史編集

1984年スタンフォード大学ジョン・ヘネシー教授を中心とした研究者グループがマイクロプロセッサチップベンダーとしてミップス・コンピュータシステムズ (MIPS Computer Systems, Inc.) を創業[16][17][18]。「MIPS」の名はもともとスタンフォード大学で研究していたRISCアーキテクチャ「パイプラインステージがインターロックしないマイクロプロセサ」の頭文字をとってつけられた。

1988年、MIPSアーキテクチャがシリコングラフィックス (SGI) の目に止まり、同社のコンピュータに採用[19]。1989年12月には株式公開を果たした。

R2000R3000マイクロプロセッサを開発すると、経営陣は半導体設計企業からコンピュータ企業への脱皮を図った。しかし、大企業と対等に渡り合えるほどの資金力がなく、チップとシステム (MIPS Magnum) 両方の開発費の捻出に頭を悩ませていた。今後のMIPSアーキテクチャマイクロプロセッサ(特に直近のR8000)が確実に開発されることを保障するために、シリコングラフィックス (SGI) は1992年[20]に同社を3億3300万ドル[21]で買収し、ミップス・テクノロジーズとして完全子会社化した[22]

SGIの下でミップスは、R8000 (1994)、R10000 (1996)[23]R12000 (1997) といったマイクロプロセッサをリリース[24]。そのころ BeastCapitan というコード名のマイクロプロセッサを開発中だったが、1998年にSGIがItaniumアーキテクチャへの移行を決定すると[25]、それらのプロジェクトは中止された[21][26]。その結果、ミップスはスピンアウトされ、MIPSアーキテクチャの知的資産ライセンスを販売しプロセッサコアを設計する企業となった。

1998年6月30日、1株当たり14ドルで株式公開を行い、約1630万ドルを集めた[19][27][28]。1999年、SGIは事業の見直しを行うと発表し、MIPSの新プロセッサは2002年までリリースを継続するが、インテルの新アーキテクチャもサーバに採用していくとした[29]。SGIは全保有株を2000年ごろに市場で売ってしまったので、SGIの子会社ではなくなった。

2008年初め、ミップスはプロセッサ事業部門の28人の従業員を解雇した。2008年8月13日、会計年度の第4四半期が1億850万ドルの赤字となり、さらに従業員の15%を解雇することになると発表。その時点で従業員数は512名だった[30]

2010年、ジョン・ヘネシーの教え子だった Sandeep Vij がCEOに就任[17]。Vijはかつてザイリンクスアルテラで役員を務めていた[31]

EE Times によれば、2010年11月1日時点の従業員数は150人である[32]。一方、EDNの2008年8月14日付けの記事[30]では500人以上の従業員がいたことになっている。したがって、2008年から2010年の間に従業員を70%削減したことになる。

MIPSアーキテクチャ編集

設立当初は「Rシリーズ」がソニーNEWSなどのUNIXワークステーションやグラフィクスワークステーションで広く用いられ、Windows NT(Ver.4まで)のターゲットCPUのひとつでもあったが、最近では組み込み用CPUアーキテクチャとしての市場に注力している。Windows CE機用として省電力タイプの「Rシリーズ」が広く用いられたほか、ゲーム専用機NINTENDO64PlayStationPlayStation 2)での採用例も多い。

RISCの提唱者二人の片方であるヘネシーが始めたこともあり、MIPSアーキテクチャ(特にR2000)は、もうー人のパターソンによるバークレーRISC(en:Berkeley RISC)と並び、最も典型的なRISCとされる。

テクノロジー編集

ミップス・テクノロジーズのプロセッサ・アーキテクチャとコアは家庭向けエンターテインメント機器[33]、ネットワーク機器[34]、通信機器などで使われている。32ビットと64ビットのアーキテクチャと32ビットのコアのライセンスを提供している[35]

MIPS32アーキテクチャは高性能32ビット命令セットアーキテクチャ (ISA) であり、マイクロコントローラ、家庭用エンターテインメント機器、家庭用ネットワーク機器、携帯機器などに使われている[36]。ミップスの顧客企業はこのアーキテクチャを使って独自のプロセッサを開発したり、ミップスから出来合いのコアをライセンス提供してもらったりする[37]

MIPS32アーキテクチャのコアとしては、4K、M14K[36]、24K[38]、34K[39]、74K[40]、1004K[41](マルチコアでマルチスレッド)、1074K(スーパースケーラでマルチスレッド)というファミリがある。

MIPS64アーキテクチャは高性能64ビット命令セットアーキテクチャであり、Cavium Networks[42] や NetLogic Microsystems[43] などの顧客企業を通してネットワーク基盤装置に広く使われている。

SmartCE (Connected Entertainment) は、AndroidAdobe Flash platform for TV、Skype、Home Jinni ConnecTV のアプリケーションなどを統合したリファレンス・プラットフォームである[44][45]。SmartCEにより、顧客企業はより素早く製品を作ることができる。

オペレーティングシステム編集

ミップス製品はAndroidやLinuxオペレーティングシステムと組合わせて使われることが多い[46]

AndroidGoogleLinuxカーネルをベースとして開発したオペレーティングシステムで、プロセッサを問わない[47][48]。ミップスは当初、そもそもGoogleがターゲットとしていた携帯電話などの組み込み製品向けにAndroidを移植した[49]。2010年、ミップスとライセンシーの Sigma Designs はAndroidを初めてセットトップボックスに搭載することを発表した[50]。Androidを移植したことで、MIPSアーキテクチャのプロセッサがスマートフォンタブレットで使われるようになった[51]

MIPSアーキテクチャ上で動作するリアルタイムオペレーティングシステムとしては、CMX System、eCosCentric[52]、ENEA[43]、Express Logic[53]、FreeRTOS、Green Hills Software、LynuxWorks、Mentor Graphics、Micrium、QNX Software Systems、Quadros Systems Inc.、Segger、Wind River といったものがある。

ライセンスと製品編集

ミップス・テクノロジーズはチップメーカーにプロセッサ・アーキテクチャをライセンス提供している[54][55]。ライセンシーは125社以上あり、毎年5億個以上のMIPSアーキテクチャのプロセッサが出荷されている[47]

家電製品やポータブルメディアプレーヤーの製造企業にライセンシーが多く、Blu-ray Disc プレーヤーの75%でMIPSアーキテクチャのプロセッサが使われている[49]。デジタルテレビやセットトップボックスでもMIPSアーキテクチャのプロセッサがよく使われている[44]。また、ソニー・コンピュータエンタテインメントPlayStation PortableR4000ベースのプロセッサを2つ使っている。

ネットワーク分野のライセンシーとしては、Cavium Networks や Netlogic Microsystems がある[34]。CaviumのOCTENファミリでは最大16個のMIPSコアを搭載した製品もある[42]。NetlogicはMIPS64ベースのLinux対応プロセッサを出荷している[43]。スマートフォンやタブレット向けにMIPSアーキテクチャを採用しているライセンシーとしては、Actions SemiconductorIngenic Semiconductor がある[56]。MIPSアーキテクチャのプロセッサを採用したタブレットとしては、Velocity Micro の Cruz などがある[57]TCL集団はスマートフォンにMIPSアーキテクチャのプロセッサを採用している[58]

他のライセンシーとしては、10年以上に渡ってMIPSベースのCPUを開発してきたブロードコム[59]PIC32マイクロコントローラへのてこ入れとしてMIPSを採用したマイクロチップ・テクノロジー[60]Mobileye[61]などがある。

沿革編集

  • 1981年: スタンフォード大学のジョン・ヘネシー率いるチームが MIPS RISC アーキテクチャプロジェクトを開始。
  • 1984年: ジョン・ヘネシー、Skip Stritter、John Moussouris らがミップス・コンピュータシステムズを創業[62]
  • 1986年: 最初の製品 R2000マイクロプロセッサ、UNIXワークステーション、最適化コンパイラをリリース。
  • 1988年: R3000
  • 1989年: ミップス・コンピュータシステムズとして最初のIPO。
  • 1991年: R4000
  • 1992年: SGIに買収される。いったんSGI本体に吸収された後、ミップス・テクノロジーズと改称(SGIの100%子会社)。
  • 1994年: R8000
  • 1996年: R10000
  • 1998年: ミップス・テクノロジーズとして再度、ナスダックにIPO。
  • 2002年: イギリスの Algorithmics Ltd を買収。
  • 2005年9月6日: First Silicon Solutions (FS2) を買収し、完全子会社化。IPコアに特化した企業で、IPコアと周辺回路を組合わせての設計・評価・デバッグ用ソフトウェアを有する。
  • 2007年: ポルトガルのアナログIPコア企業 Chipidea を買収[63]
  • 2009年2月: Linux Foundationに参加[64]
  • 2009年5月8日: Chipidea をシノプシスに売却。
  • 2009年6月: Android をMIPSアーキテクチャに移植[65]
  • 2009年9月30日: オープン・ハンドセット・アライアンスに参加[66]
  • 2011年1月: 初のMIPSベースのAndroid搭載セットトップボックスをCESで公開[67]
  • 2011年4月: Android 3.0 “Honeycomb” をMIPSアーキテクチャに移植[68][69]
  • 2012年11月5日: Imagination Technologiesに580件の特許のうち82件とともに6000万ドルで売却することを発表。2013年2月8日 1億ドルで買収を完了。残りの498件はARMを中心としたメンバーにより3億5000万ドルでAllied Security Trust(AST)に移管される。
  • 2017年9月22日: Tallwoodが買収することを発表し、2017年10月25日に完了[70]
  • 2018年6月15日: Wave Computingが買収[71]

脚注編集

  1. ^ Gantz, John (1991-10-14). “MIPS will have a tough time in a crowded market”. InfoWorld: 137. 
  2. ^ John Hennessy: 2007 Fellow Awards Recipient”. Computer History Museum (2007年). 2012年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月16日閲覧。
  3. ^ Agam Shah (2011年4月26日). “MIPS Porting Google’s Android 3.0 OS for Its Processors”. IDG. http://www.pcworld.com/article/226355/mips_porting_googles_android_30_os_for_its_processors.html 2011年9月16日閲覧。 
  4. ^ Sam Dean (2009年8月3日). “MIPS Advances its Android Plans – Outside of Phones”. Ostatic. オリジナルの2011年9月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110916050316/http://ostatic.com/blog/mips-advances-its-android-plans-outside-of-phones 2011年9月16日閲覧。 
  5. ^ Steve G. Blank”. UC Berkeley Haas School of Business. 2011年9月20日閲覧。
  6. ^ John L. Hennessy: 2001 Eckert-Mauchly Award Recipient”. IEEE Computer Society. 2011年9月20日閲覧。
  7. ^ Joe Kovar (2010年6月21日). “2010 Storage Superstars”. CRN. 2011年9月20日閲覧。
  8. ^ “Earl Killian”. Paravirtual. (2010年11月26日). オリジナルの2012年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120213131715/http://www.paravirtual.com/content/company/advisory_board.htm 2010年11月26日閲覧。 
  9. ^ “S-1 Supercomputer Alumni: Earl Killian”. Clemson University. (2005年6月28日). http://www.cs.clemson.edu/~mark/s1_alumni.html 2010年11月26日閲覧. "Earl Killian's ... MIPS's Director of Architecture ..." 
  10. ^ John Mashey”. Computer History Museum. 2011年9月20日閲覧。
  11. ^ Stratton D. Sclavos”. Forbes. 2011年9月20日閲覧。
  12. ^ Skip Stritter”. Computer History Museum. 2011年9月20日閲覧。
  13. ^ MIPS Technologies”. Hoovers. 2011年9月20日閲覧。
  14. ^ Colleen Taylor (2007年3月13日). “MIPS plans HQ in Silicon Forest”. EDN. http://www.edn.com/article/459759-MIPS_plans_HQ_in_Silicon_Forest.php 2011年9月20日閲覧。 
  15. ^ “Synopsys Acquires Analog Business Group of MIPS Technologies”. Bloomberg. (2009年5月8日). http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&sid=aPp_AuNdzi_w 2009年5月8日閲覧。 
  16. ^ MIPS Computer Systems”. CrunchBase. 2011年9月16日閲覧。
  17. ^ a b Junko Yoshida (2010年1月7日). “New CEO Sandeep Vij forms ‘Team MIPS’”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4087512/New-CEO-Sandeep-Vij-forms-Team-MIPS- 2011年9月16日閲覧。 
  18. ^ James DeTar (2010年10月6日). “Panel: Information Technology Still Early Stage”. Investors Business Daily. 2011年9月16日閲覧。
  19. ^ a b Om Malik (1998年12月2日). “Can MIPS beat ARM?”. Forbes. 2011年9月19日閲覧。
  20. ^ SGI”. PC Magazine. 2011年9月19日閲覧。
  21. ^ a b Silicon Graphics Professional IRIS 4D/50GT”. Computer History Museum. 2011年9月19日閲覧。
  22. ^ Corcoran, Cate (1992-03-16). “MIPS, Silicon merger could kill ACE/ARC”. InfoWorld: 107. 
  23. ^ Gwenapp, Linley (1994-10-24). “MIPS R10000 Uses Decoupled Architecture”. Microprocessor Report 8 (14). http://www.cs.cmu.edu/afs/cs.cmu.edu/academic/class/15740-f97/public/platform/r10000.pdf 2011年9月19日閲覧。. 
  24. ^ Gwenapp, Linley (1997-10-06). “MIPS R12000 to Hit 300 MHz”. Microprocessor Report 11 (13). http://studies.ac.upc.edu/ETSETB/SEGPAR/microprocessors/r12000%20(mpr).pdf 2011年9月19日閲覧。. 
  25. ^ Stephen Shankland (2005年12月7日). “Itanium: A cautionary tale”. ZDNet. 2008年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月19日閲覧。
  26. ^ Michael Kanellos and Dawn Kawamoto (1998年4月9日). “Silicon Graphics scraps MIPS plans”. CNET. http://news.cnet.com/Silicon-Graphics-scraps-MIPS-plans/2100-1001_3-210024.html 2011年9月19日閲覧。 
  27. ^ Debora Vrana (1998年7月6日). “June IPOs Were Not so Hot, but Summer Is Still Young”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1998/jul/06/business/fi-1209 2011年9月20日閲覧。 
  28. ^ Crag Bicknell (1998年7月1日). “MIPS Slips in IPO”. WIRED. http://www.wired.com/techbiz/media/news/1998/07/13376 2011年9月19日閲覧。 
  29. ^ Margaret Quan (1999年8月10日). “SGI to shed Cray, shift OS focus to Linux”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4038666/SGI-to-shed-Cray-shift-OS-focus-to-Linux 2011年9月20日閲覧。 
  30. ^ a b Suzanne Deffree (2008年8月14日). “MIPS plans 15% layoff on $108.5M loss”. EDN News. http://www.edn.com/article/472148-MIPS_plans_15_layoff_on_108_5M_loss.php 2012年3月4日閲覧。 
  31. ^ Peter Clarke (2010年1月25日). “MIPS Appoints Former Cavium Exec as CEO MIPS”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4087161/MIPS-appoints-former-Cavium-exec-as-CEO 2011年9月20日閲覧。 
  32. ^ Junko Yoshida (2010年11月1日). “MIPS CEO: Companies need to have a soul”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4210278/MIPS-CEO---Companies-need-to-have-a-soul- 2012年3月4日閲覧。 
  33. ^ Dean Takahashi (2010年1月5日). “MIPS bets big on Google Android systems for the digital home”. VentureBeat. http://venturebeat.com/2010/01/05/mips-bets-big-on-google-android-systems-for-the-digital-home/ 2011年9月30日閲覧。 
  34. ^ a b Junko Yoshida (2010年8月5日). “‘Blow-out quarter’ highlights MIPS comeback”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4205942/Blow-out-quarter-highlights-MIPS-comeback 2011年10月1日閲覧。 
  35. ^ John Spooner (2001年4月12日). “MIPS nips new licenses for chips”. CNET. http://news.cnet.com/MIPS-nips-new-licenses-for-chips/2100-1040_3-255785.html 2011年10月3日閲覧。 
  36. ^ a b M14K”. Embedded Insights. 2011年10月3日閲覧。
  37. ^ Zewde Yeraswork (2011年3月29日). “MIPS Prepares 64-Bit Prodigy CPU Core Architecture”. CRN. http://www.crn.com/news/components-peripherals/229400564/mips-prepares-64-bit-prodigy-cpu-core-architecture.htm;jsessionid=SA1gndox1OEtiWTx6V9Eig**.ecappj01 2011年10月2日閲覧。 
  38. ^ 24K”. Embedded Insights. 2011年10月6日閲覧。
  39. ^ 34K”. Embedded Insights. 2011年10月6日閲覧。
  40. ^ 74K”. Embedded Insights. 2011年10月2日閲覧。
  41. ^ 1004K”. Embedded Insights. 2011年10月2日閲覧。
  42. ^ a b Doug Mohney (2007年6月25日). “Cavium Hotrods MIPS architecture”. The Inquirer. http://www.theinquirer.net/inquirer/news/1048558/cavium-hotrods-mips-architecture 2011年10月5日閲覧。 
  43. ^ a b c Eric Brown (2010年9月20日). “Enea, NetLogic ship Linux development platform for MIPS”. LinuxForDevices. オリジナルの2013年1月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20130104014216/http://www.linuxfordevices.com/c/a/News/Enea-and-NetLogic-Microsystems-Linux-development-build-system/ 2011年9月30日閲覧。 
  44. ^ a b Dean Takahashi (2010年1月5日). “MIPS aims to drive into consumer electronics gear”. VentureBeat. http://venturebeat.com/2011/01/05/mips-aims-to-drive-android-into-consumer-electronics-gear/ 2011年10月5日閲覧。 
  45. ^ Janko Roettgers (2011年1月5日). “Next Up for Android: Your Cable Box?”. GigaOm. http://gigaom.com/video/next-up-for-android-your-cable-box/ 2011年9月30日閲覧。 
  46. ^ Dave Rosenberg (2009年8月21日). “The big guns of Linux kernel development”. CNET. 2011年9月25日閲覧。
  47. ^ a b Brian Caufield (2011年4月20日). “For MIPS, Less is More”. Forbes. 2012年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月26日閲覧。
  48. ^ Ryan Paul (2009年8月). “MIPS Android port arrives, aimed at the digital home”. Ars Technica. http://arstechnica.com/open-source/news/2009/08/mips-android-port-arrives-aimed-at-the-digital-home.ars 2011年9月28日閲覧。 
  49. ^ a b Owen Fletcher (2010年6月3日). “MIPS Ports Android, Shows Embedded Gadgets”. PC World. http://www.pcworld.com/businesscenter/article/166014/mips_ports_android_shows_embedded_gadgets.html 2011年10月5日閲覧。 
  50. ^ Raphael Savina (2010年1月6日). “CES 2010: First Android Set Top Boxes”. AndroidGuys. http://www.androidguys.com/2010/01/06/ces-2010-first-android-set-top-boxes/ 2011年9月21日閲覧。 
  51. ^ Dusan Belic (2011年4月29日). “MIPS porting Android 3.0 Honeycomb platform”. IntoMobile.com. http://www.intomobile.com/2011/04/29/mips-porting-android-30-honeycomb-platform/ 2011年9月25日閲覧。 
  52. ^ Colin Holland (2011年5月16日). “eCosPro developer's kit for microMIPS”. EE Times Europe. http://www.eetimes.com/electronics-products/processors/4216033/eCosPro-developer-s-kit-for-microMIPS 2011年10月5日閲覧。 
  53. ^ Edward Lamie (2009年2月). “Real-Time Embedded Multithreading: Using ThreadX and MIPS”. EE Times. http://www.eetimes.com/electrical-engineers/education-training/tech-papers/4129275/Real-Time-Embedded-Multithreading-Using-ThreadX-and-MIPS 2011年10月2日閲覧。 
  54. ^ Agam Shah (2011年4月26日). “MIPS Porting Google’s Android 3.0 OS for Its Processors”. IDG. http://www.pcworld.com/article/226355/mips_porting_googles_android_30_os_for_its_processors.html 2011年10月3日閲覧。 
  55. ^ Dean Takahashi (2011年1月4日). “MIPS breaks into Android mobile phones with latest chips”. VentureBeat. http://venturebeat.com/2011/01/04/mips-breaks-into-android-mobile-phones-with-latest-chips/ 2011年10月5日閲覧。 
  56. ^ Brian Caufield (2011年1月6日). “CES: MIPS Inside”. Forbes. http://blogs.forbes.com/briancaulfield/2011/01/06/ces-mips-inside/ 2011年10月3日閲覧。 
  57. ^ Junko Yoshida (2011年1月4日). “China Link Helps MIPS Go Mobile”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4211852/China-link-helps-MIPS-go-mobile- 2011年10月5日閲覧。 
  58. ^ Mads Olholm (2011年6月2日). “Tablets to Benefit from 3 New Chinese MIPS Cores”. SemmiAccurate. http://semiaccurate.com/2011/06/02/tablets-to-benefit-from-3-new-chinese-mips-cores/ 2011年9月20日閲覧。 
  59. ^ Linley Gwennap (2010年11月23日). “Broadcom reveals CPU development”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4210983/Broadcom-reveals-CPU-development 2011年10月2日閲覧。 
  60. ^ Jim Turley (2009年11月24日). “Kicking the CAN with Microchip MIPS”. Electronic Engineering Journal. http://www.eejournal.com/archives/articles/20091124-microchip/ 2011年10月1日閲覧。 
  61. ^ Peter Clarke (2011年8月19日). “Mobileye silicon: A clarification”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4218910/Mobileye-silicon-clarification 2011年9月21日閲覧。 
  62. ^ Interview with John Hennessy
  63. ^ 米MIPS,アナログIPコアのポルトガルChipideaを買収日経BP
  64. ^ “MIPS Technologies Joins Linux Foundation”. TheLinuxFoundation.org. http://www.linuxfoundation.org/news-media/announcements/2009/02/mips-technologies-joins-linux-foundation 2011年8月12日閲覧。 
  65. ^ Steve Bush. “Google's Android marches onto MIPS processors”. ElectronicsWeekly.com. http://www.electronicsweekly.com/Articles/2010/08/13/46204/googles-android-marches-onto-mips-processors.htm 2011年8月12日閲覧。 
  66. ^ MIPS Technologies Joins the Open Handset Alliance”. MIPS Technologies, Inc. (2009年9月30日). 2012年5月25日閲覧。
  67. ^ Dean Takahashi (2011年1月5日). “MIPS aims to drive Android into consumer electronics gear”. Venture Beat. http://venturebeat.com/2011/01/05/mips-aims-to-drive-android-into-consumer-electronics-gear/ 2011年11月4日閲覧。 
  68. ^ Mark LaPedus (2011年4月26日). “Update: MIPS gets sweet with Honeycomb”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4215490/MIPS-gets-sweet-with-Honeycomb 2011年11月4日閲覧。 
  69. ^ Peter Clarke (2011年4月1日). “MIPS: Android remains processor neutral”. EE Times. http://www.eetimes.com/electronics-news/4214677/Android-remains-processor-neutral--says-MIPS 2011年11月4日閲覧。 
  70. ^ Completion of sale of MIPS - Imagination Technologies
  71. ^ Wave Computing Extends AI Lead by Targeting Edge of Cloud Through Acquisition of MIPS – MIPS

外部リンク編集