メインメニューを開く

NFL on CBS』(NFL・オン・CBS)は、CBSで放送されているCBSスポーツ制作のNFL中継番組。1956年から1993年までは旧NFL→NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)、1998年からはAFC(アメリカン・フットボール・カンファレンス)パッケージの中継を担当している。

The NFL on CBS
出演者 ジム・ナンツ
グレッグ・ガンベル
オープニング Posthumus Zone
国・地域 アメリカ合衆国
話数 5,000+[1]
各話の長さ 180分または試合終了まで
撮影地 NFLスタジアム
CBS放送センター (スタジオ)
製作 NFL
CBSスポーツ
放送
放送チャンネル CBS
映像形式 480i (SDTV),
1080i (HDTV)
放送期間 1956年9月30日 (1956-09-30)–1994年1月23日 (1994-1-23)
1998年9月6日 (1998-09-06) - present
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

経緯編集

旧NFL(現在のNFCの前身)時代の1956年、CBSによりレギュラーシーズンの試合が初めてテレビ中継された。前年はNBCが中継したチャンピオンシップゲームもCBSで中継された。

1960年に設立されたライバルリーグのAFL(アメリカン・フットボール・リーグ、現在のAFCの前身)がABCと5年間の放映権契約を結んだことに対抗して、1962年よりNFLと独占契約を結んでいる。

1966年、NFLとAFLの合併が決まり、1967年に行われた第1回AFL-NFLワールドチャンピオンシップゲーム(のちのスーパーボウル)をNBCと共に放送した。

1970年のAFL-NFL合併による新NFL発足により、NFCの試合を担当するようになった。

しかし、38年間続いたNFL中継も1993年末にFOXがNFCの放映権を獲得したことにより、翌1994年から4シーズンの間中断されることになる。1981年からCBSのNo.1実況・解説コンビだったジョン・マッデンパット・サマロールをはじめとする多くのスタッフもFOXに移籍した。

人気プログラムの喪失および、それによるいくつかの有力加盟局の離脱で経営的に打撃を受けたCBSは、1998年の放映権交渉で、従来NBCが保有していたAFCの放映権を獲得(放映権料は5億ドル/年)。1995年からNBCのNo.1解説者であったフィル・シムズニューヨーク・ジャイアンツで2度のスーパーボウル制覇に貢献したクォーターバック(QB))がCBSに移籍している。また、1994年のNFL放映権喪失によりNBCに移籍していたグレッグ・ガンベルがCBSに復帰、シムズとコンビを組むことになった(2003年まで)。

1998年のサンクスギビングデーのゲームで、現在では一般的になっているバーチャル・ファーストダウン・マーカーを初めて採用。翌1999年シーズンからは全面的に採用されている。

2014年から始まる現行の契約では、2022年までの9年間、年間11億ドルの放映権料をNFLに支払う。

また、2014シーズンから2017シーズンまではNFLネットワークで放送されている『サーズデーナイトフットボール』のうち、シーズン前半の7試合(Week2 - Week8)、およびWeek16に2試合行われる土曜日の試合のうち1試合をCBSでもサイマル放送した[2](当初発表ではWeek2からWeek9までのTNF8試合[3]だったが変更になった)これにより、CBSは年間1億2500万ドルを追加して支払うと報道されている[4]。2018年から2022年のサーズデーナイトフットボールはFOXに移動した。

概要編集

毎週日曜日、米国東部時間午後1時、および4時5分(ダブルヘッダー実施時は4時15分)キックオフのゲームを担当する。NFC所属チームとAFC所属チームが対戦する場合はAFC所属チームがビジターとなるゲームを担当する。

ただし、2014年からは「クロスフレックス」という制度が採用され、本来FOXが放送するNFC所属チーム同士の対戦やNFC所属チームがアウェーとなるゲームがCBSでも放送されることがある[5]

また、サンクスギビングデーに行われるゲームのうち1試合、AFCのプレイオフ(ただし、ワイルドカード・プレイオフのうち1試合はNBCまたはESPNが担当、2014年シーズンよりNBCがディヴィジョナル・プレイオフ1試合を担当する年もある)も担当する。

キックオフに先立ち、東部時間正午からはプレゲームショー「The NFL Today」が1975年より放送されている。

主な実況・解説編集

2014年シーズン。実況、解説、リポーターの順[6]

1. ジム・ナンツ、フィル・シムズ、トレーシー・ウルフソン
2. イアン・イーグルダン・ファウツ
3. グレッグ・ガンベル、トレント・グリーン
4. ケヴィン・ハーランリッチ・ギャノン
5. スペロ・デデスソロモン・ウィルコッツ
6. アンドリュー・カタロン、スティーブ・バーラインスティーブ・タスカー

原則として、上位から順に注目度の高いゲームを担当する。

シムズはCBSがNFL中継に復帰した1998年から現在までNo.1。ナンツとシムズのコンビは2004年より。このコンビは2014年からサーズデーナイトも担当する。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集